BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

音楽と人と街をつなぐアウトドアな旅企画「ototabito」 #1 豊岡編/Keishi Tanaka【オーベルジュ豊岡1925/とゞ兵】

音楽をきっかけに、アウトドア旅をする「ototabito」がスタート!

自分の知らない街や、憧れの場所へ旅に行きたくなる“きっかけ”はさまざま。その土地でしか味わえない絶景、歴史、文化、食に触れる体験などがおもに挙げられますが、「音楽」もそのひとつです。自分の好きなアーティストが生まれ育った街、お気に入りの曲の舞台、心を動かす音楽を生み出す人が心動かされる人や場所。それらをたどり旅することで、何度も聴いている曲には新たなストーリーが重なり、今まで以上に大切なものになります。同時に、曲を聴くたびに旅の記憶が思い出され、また訪れたくなったり、だれかにこの旅をおすすめしたいと感じたりすることもできます。

ototabito(オトタビト)では、そんな音楽をきっかけとした、自然と街、そこで暮らす人たちと出会う旅を提案していきます。毎回1組のアーティストが、自身の音楽とつながりのある街と思い出の場所を紹介。写真と文章のほか、思い出の話や、おすすめしたい理由などをアーティストの「声」で聴くこともできます。そして、旅するきっかけを後押ししてくれるような、音楽イベントやライブをお伝えします。

第一回目のアーティストは、Keishi Tanakaさん。旅先として紹介してくれるのは、兵庫県豊岡市です。2020年から「ミュージシャン・イン・レジデンス豊岡」の取り組みに参加し、何度も豊岡を訪れ滞在をしています。そのなかで出会った人や場所、そこで生まれた音楽。それらをつないで楽しむ旅と、旅をしながら聴いてほしい曲、Keishi Tanaka『Sunny』をお届けします。

こちらの記事も、併せてご覧ください!
豊岡編/Keishi Tanaka【ひととまる/TAS】
豊岡編/Keishi Tanaka【豊岡旅で立ち寄りたい、おすすめスポット】

暮らしのなかで非日常を味わえる「オーベルジュ豊岡1925」

Keishi Tanakaが音声でお届けする「オーベルジュ豊岡1925」の思い出

レトロな雰囲気をまとう建物は、昭和9年に建てられた国登録有形文化財「兵庫縣農工銀行豊岡支店」をリノベーションした近代化遺産。客室は6室。1名でも宿泊でき、旅の目的をスタッフさんに伝えると、豊岡でのすごし方を提案してもらえるのもうれしい。創建当初と変わらない部屋の鍵でトビラを開け、日々の忙しさと喧騒を忘れる時間を。

チェックイン後は、2階ラウンジスペースへ。飲み放題ドリンクのサービスもあり。吹き抜けになった1階フロア(「AVENUE」のジャケットにもなった床)を上から眺めるなら、この場所から。

朝食には、自然の恵みをたっぷりと受けた但馬産食材を中心とした色とりどりの料理が並ぶ。豊岡市日高にあるパン工房「レガーメ」の焼きたてパンもおいしい。連泊客にはメイン料理とジャム、スープが変更に。銀行の応接室だった個室(ダイニングルーム)のアンティークなテーブルとチェアで、朝食をいただくことも(要予約)。

オーベルジュ豊岡1925
兵庫県豊岡市中央街11-22
TEL.0120-210-289(11:00~20:00)
宿泊料金:1泊朝食付き/大人1名11,979円~
https://www.1925.jp/

旅人と街の人が集まり、交流できる場所「とゞ兵」

Keishi Tanakaが音声でお届けする「とど兵」の魅力

かつて高級料亭として栄え、地元の人にとって憧れの場所でもあった「とゞ兵」。現在、築90年以上の歴史的建造物が建つ広い敷地を活かし、アートや音楽イベント、ワークショップなどが行われる地域交流の場に。Keishiさんが豊岡で初めてライブを行ったのもこの場所。

印象的な外壁は、「ボロボロだった壁を直すなら、いままで豊岡になかったパブリックアートを作れないか」という、オーナー小山俊和さんのアイデア。描かれているのは、豊岡旅で出会えるかもしれない、国の特別天然記念物のコウノトリ。

小さなステージが残る2階の大宴会場(広い畳の部屋)は、イベントスペースとして活用されることも。「この建物や敷地の利用方法は、使う人のアイデア次第」と小山さん。

特別に瓦屋根に上らせてもらい、ギターを奏でるKeishiさん。これも、兵庫県の景観形成重要建築物に指定される「とゞ兵」ならではの風景。

スペイン語で「todo=すべて」「bien=よい」の意味をもつ「トドビエンコーヒー」を、敷地内に併設。中深煎りのオリジナルブレンド(450円)は、豊岡の老舗コーヒーショップ「ヒグラシ珈琲」と共同開発したもの。街歩きの途中に気軽に立ち寄り、通り(カバンストリート)に面した窓口でテイクアウトできるのもうれしい。店内には、さまざまなクリエイターの作品(アートや服飾雑貨など)が並ぶほか、お土産にしたいドリップバッグの販売も。

とゞ兵
兵庫県豊岡市中央町18-1
TEL.080-3455-7112
営業時間:昼の部11:00~16:30、夜の部17:00~22:00
定休日:不定休
https://todohyo.com/

こちらの記事も、併せてご覧ください!
豊岡編/Keishi Tanaka【ひととまる/TAS】
豊岡編/Keishi Tanaka【豊岡旅で立ち寄りたい、おすすめスポット】

Keishi Tanakaのライブも観られる、豊岡旅へ!

Keishi さんがバンドセットで出演する音楽イベント「MIR TOYOOKA presents MUSIC FESTIVAL」が、2022年3月5日(土)に近畿最古の芝居小屋「出石永楽館」で開催されます。今回、Keishiさんが紹介してくれた、さまざまな豊岡のおすすめスポットを巡り、素敵な出会いを繰り返しながら、Keishiさんの待つライブ会場へと足を運んでみませんか?会場では、新曲『Sunny』のCDと、ototabito×Sunnyオリジナル手ぬぐいの販売もあります!

MIR TOYOOKA Presents MUSIC FESTIVAL
開催日:2022年3月5日 (土)
開催場所:兵庫県豊岡市 出石永楽館
Open 15:00 / Start 15:45
出演 : Keishi Tanaka / bonobos / EMOTIONs /ふわのん/ Applepie
一般チケット 3,000円 / 高校生チケット 500円 (共に配信アーカイブ付き) / 生配信視聴チケット 2,000円
チケットの購入:チケットぴあ
問い合わせ: GREENS
TEL.06-6882-1224(月~金/12:00~18:00)

Keishi Tanaka
1982年11月3日 北海道生まれ。ミュージシャン。弾き語りから大所帯のバンドセットまで、観る人や場所を限定せずに活躍中。最近はV6への楽曲提供が話題となる。「I’m With You」や「Sunny」などの新しい曲を持って、3月5日の豊岡でのライブに向かう。https://keishitanaka.com/

★ototabitoのアンカーアカウントを開設しました!
https://anchor.fm/randonnee-mag

SHARE

PROFILE

ランドネ 編集部

ランドネ 編集部

自然と旅をキーワードに、自分らしいアウトドアの楽しみ方をお届けするメディア。登山やキャンプなど外遊びのノウハウやアイテムを紹介し、それらがもたらす魅力を提案する。

ランドネ 編集部の記事一覧

自然と旅をキーワードに、自分らしいアウトドアの楽しみ方をお届けするメディア。登山やキャンプなど外遊びのノウハウやアイテムを紹介し、それらがもたらす魅力を提案する。

ランドネ 編集部の記事一覧

No more pages to load