【かんたん山ごはん】インスタントラーメンをあんかけ焼きそば風に!

インスタントラーメンは、汁なしで仕上げることができるってご存知でしたか? 方法はいたってシンプル。初めから少なめの水を入れ、水分をとばしながらゆでるだけ。最後はごま油を加えて揚げ焼き状態にしちゃいます。カリッと香ばしい食感の麺がインスタントラーメンだなんて不思議。それに使う水が少ないことも、山ごはんレシピとしてとても優秀なんです。さっそく、詳しい作り方を見ていきましょう。

具だくさんのあんかけがうれしい! 「ホタテのあんかけラーメン」

【材料】(1人分)
インスタントラーメン(塩味)…1袋
ごま油…適量
ヤングコーン…3本
ホタテ缶…1個(65g)
中華丼の素(フリーズドライタイプ)…1個
煎りごま(白)…適量
※付属の粉末スープは使用しません。

【作り方】
●山での手順
1.フライパンに麺、水120ml(分量外)を入れ、ときどき上下を返しながら2分ゆでる。
1

2.麺がほぐれたらごま油を回しかけ、表面がカリッとするまで焼いて器に盛る。
2

3.鍋にヤングコーン、ホタテ缶を汁ごと入れて温め、表示どおりに湯適量(分量外)で戻した中華丼の素を加えて混ぜる。
3

4.2の上に3をかけ、ごまをふる。
4

「ホタテのあんかけラーメン」のでき上がり!

5
▲具材や調味料をプラスすることで、栄養満点のメニューになるインスタントラーメン。とくに塩味は、どんな食材とも相性抜群なのでオススメです。

6
▲ホタテは缶詰だけでなく、レトルトパウチタイプもあります。かさばらないので便利!

7
付属の粉末スープは、わかめや長ねぎなどを加えてスープにしてもOKですよ。同じく塩味のインスタントラーメンで作る「酸辣湯麺」(写真左)もぜひチェックしてくださいね。いっしょに作れば、あっという間に“山中華” の完成。インスタントラーメン1袋あれば、山ごはんの時間も楽しくなりますね。

※本コーナーで紹介しているレシピは、『ランドネ 2017年12月号 No.94 [付録あり]』のp96で掲載しています。ぜひ誌面もご覧ください!

01_4839
●カノウヒナタ(KIPPIS)
アウトドアパーティを主催するKIPPISでフードスタイリストを担当。管理栄養士の資格をもつ。時間を見つけては山に登り、おいしいごはんを作って食べることが喜び。
www.kippis.me

(出典:『Share the Mountain』、写真:猪俣慎吾(KIPPIS)、文:長嶺李砂、料理:カノウヒナタ(KIPPIS))

SHARE

PROFILE

FUNQ

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

ランドネ TOPへ

No more pages to load