【思い出を彩る山ごはん】冬の山歩きのお供に! 干し柿のバター&チーズキャンディ

皆さんは、山の行動食に何を持っていっていますか? 登山口に向かう途中のコンビニでも充分においしいものが揃いますが、行動食(=おやつ)が何よりの楽しみだから吟味して選んでいる、という方も多いのではないでしょうか。

1

山のきれいな空気をたっぷり取り込んで、全身を動かし消費したエネルギーは、体に優しいものでやっぱり補いたいですよね。そこで今回のご提案は、干し柿を使った行動食レシピ。食物繊維が豊富で、疲労回復効果も高い干し柿は、体を温めてくれる効果もあるんだそう(ちなみに生柿は体を冷やします)。

干し柿のバター&チーズキャンディ

【材料】
干し柿、バター(有塩)、クリームチーズを適宜用意する。

【作り方】
1.干し柿のヘタを取り除き、包丁で開いて種があれば取る。
2

2.ラップの上に1をのせ、その上からラップを重ね、めん棒で平たくのす。
3

3.2の上のラップを外し、細長く切ったバターまたはクリームチーズをのせて端から巻いていき、形を整える。
4
干し柿の大きさによって、バター、クリームチーズの量は調整を。

5
今回は、ワックスペーパーにくるんでキャンディ状にしましたが、何層かに重ねてミルフィーユにしても、見た目にもテンションの上がるビジュアルに。お友だちといっしょに山を歩くときや自宅で食べるときは、木箱に入れるといい雰囲気になりますよ。

3月までが旬の干し柿。キャンディ包みなら5分もあれば簡単にできるので、ぜひ作ってみてくださいね。

(出典:『Share the Mountain』、山ごはん監修:藤吉優子、撮影:後藤武久、文:ランドネ編集部)

SHARE

PROFILE

FUNQ

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

ランドネ TOPへ

No more pages to load