BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

かんたん山ごはん#58 手作りの蜜蝋ラップで「フライパンで丸ごと焼きリンゴ」

「これ、本当に便利なんですよ!」と、カノウさんもイチオシの蜜蝋ラップ。蜜蝋とは、ミツバチが分泌する天然ワックス。植物性オイルといっしょに布に染み込ませれば、世界にひとつだけのラップが完成。器を汚さないため、山ごはんアイテムとして重宝します。

PICK UP!今月の山グッズ

サッとふくだけ。くり返し使える自然に優しいエコラップ

蜜蝋チップがあれば、簡単にエコラップが作れます。とっさの器代わりや、食べきれなかった食材を包むのに便利。何よりもくり返し使うことができるのが最高です(熱に弱いのでレンジ不可)。お気に入りの布で作れるから、使うのが楽しくなるんですよね。布はピンキングはさみで切ると、ほつれにくくなりますよ(カノウ)。

【蜜蝋ラップの作り方】

①蜜蝋チップはこちら!
②クッキングシートの上に好きな布を置き、蜜蝋チップ、ホホバオイルを全体に散らす。
③クッキングシートをかぶせ、アイロンでプレスして溶かす。下に新聞紙を敷くと安心。
④できあがり。


蜜蝋ラップは手の熱で温めると柔らかくなります。密着力は決して高くはないですが、軽く押さえることで形を変え、包んだものを保護してくれるので、リンゴやミカンなど果物を持ち歩くときにも重宝しますよ。

折り畳むと、かわいらしい箱にも変身。クッキーを入れて。

焼きたてを食べよう♪フライパンで丸ごと焼きリンゴ

材料(1個分)
リンゴ…1個
砂糖…大さじ1
バター…10g
好みのグラノーラ…50g
(あれば)シナモンスティック…1本

▲山で
1.リンゴを横4等分にスライスし、種をスプーンでくり抜いておく。

2.フライパンにバターと砂糖を入れて熱し、砂糖が溶けたらリンゴを並べる。

3.しんなりするまで焼く。

4.蜜蝋ラップを敷いた器に、リンゴとリンゴのあいだにグラノーラを挟みながら盛りつける。

5.最後にシナモンスティックをさして完成。

リンゴは短時間で火が入るようにスライス。リンゴの形に戻しながらトッピングすれば、バターの香りが食欲をそそるホットスイーツのでき上がり。リンゴの焼き加減はお好みでどうぞ!

※本コーナーで紹介しているレシピは、「ランドネ」2020年1月号(No.115)P80で掲載しています。ぜひ誌面もご覧ください!

写真◎猪俣慎吾(KIPPIS)
文◎長嶺李砂
料理◎カノウヒナタ(KIPPIS)

出典

SHARE

PROFILE

ランドネ 編集部

ランドネ 編集部

自然と旅をキーワードに、自分らしいアウトドアの楽しみ方をお届けするメディア。登山やキャンプなど外遊びのノウハウやアイテムを紹介し、それらがもたらす魅力を提案する。

ランドネ 編集部の記事一覧

自然と旅をキーワードに、自分らしいアウトドアの楽しみ方をお届けするメディア。登山やキャンプなど外遊びのノウハウやアイテムを紹介し、それらがもたらす魅力を提案する。

ランドネ 編集部の記事一覧

No more pages to load