BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

山のトラブル、お悩み解決!「ランドネキャンプ」でファーストエイドキット講座を開催

ファーストエイドキットは持っていますか?山での思わぬトラブルのとき、パパッと対処できるためにはとっても大切!でも何が必要で、どんなふうに使えば良いのか最初はわからないものです。元看護士で山好きの並木さんとテーピングテープメーカーのニューハレさんに教わりながら、基本のファーストエイドキットについて学びました。

ランドネキャンプで開催したファーストエイド講習のようす

 

中島(アウトドアライター):みなさん、ファーストエイドキットを山に行くときに持っている人~!

(参加者の数名が挙手)

中島:おふたりはいかがですか?

並木(感染管理認定看護師):日帰りのときにはコンパクトなサイズ、登山ツアーや大会に医療スタッフとして帯同するときには大きなサイズといった感じでシーンに合せて使い分けています。

二宮(ランドネ編集部):わたしは小さいA6サイズくらいですね。

アウトドアライターの中島英摩さん

 

中島:では、ファーストエイドキットがなぜ大切なのか、実際のトラブルを例に考えてみたいと思います。二宮さんはファーストエイドキットを実際に使ったことはありますか?

二宮:じつは、知人が転んで骨折してしまったとき、そもそも持っていくのを忘れていて何の役にも立てなかったんです。それ以来、必ず持つようにしています!あとは、ブヨに刺さやすいので、ポイズンリムーバーは必須アイテムです。刺されてすぐ使えば腫れがずいぶんマシなんです。

中島:そうそう、ケガだけじゃなくて、虫刺されも最初の対処が大事ですよね!わたしは、登山中に転んだ男性に出会ったのですが、小さな傷だったけど血が止まらなくて……。絆創膏しか持っていないと言うので、大きなガーゼとテーピングを渡しました。山では絆創膏で収まるケガって少ないですよね。

並木:わたしは毎年、高校生数十人と富士登山に行く企画を手伝っているのですが、そのときに多いトラブルは捻挫、ヒザの痛み、マメ、擦れ、日焼けによる皮膚の炎症ですね。

中島:マメって小さいのに痛くて仕方ないですよね!

並木:マメは皮膚とシューズが何度も擦れることで、皮膚のなかに体液が溜まって水ぶくれが起こります。穴を空けて水を抜いても良いですが、皮膚は剥がさないようにしましょう。予防法としては、ワセリンを薄く塗る、テーピングテープを貼るなどして皮膚と靴の摩擦を減らすのがおすすめです!

中島:気付いたらすぐ対処する、あるいは未然に防ぐことも必要ですね。

感染管理認定看護師の資格をもつ並木弥生さん

 

並木:街であればどこかに駆け込めますが、山では捻挫してもヒザが痛くても原則、自力で下山しなければなりません。だからこそ、ファーストエイドキットは万が一トラブルが起きたときに、自分あるいはいっしょにいる人が下山するまでの助けとして大事なものなんですよね。

中島:ギアが壊れた!なんてときも役立ちますよね。例えばバックパックの紐が一部切れてしまったり、ファスナーが壊れたりすることも。

二宮:ひさしぶりに履いた登山靴が古くなっていてソールが取れちゃうこともありますよね!

ニューハレがファーストエイド用に販売しているプレカットのテーピングテープ『エマージェンシーテープ』なら、靴の補修も簡単。ぐるりと巻くのではなく、テープ同士を接着させるのが剥がれにくいコツ

 

中島:では、実際にどんなものを持っていけば良いですか?

並木:滅菌ガーゼ、テーピングテープ、洗浄綿、サバイバルブランケット、ポイズンリムーバー、常備薬、ビニール手袋などですね。だれかを助けるとき、自分や相手が感染症をもっていたときに血や体液に触れないようにするには必ず必要なので、ビニール手袋は絶対に持っていてほしいですね。包帯や三角巾はてぬぐいやウエアでも代用できますよ!

二宮:なるほど、手ぬぐいならたくさんあります!

中島:ちなみに、ロール状のテーピングは使い方がわからないと意味がないので、そんなときにニューハレのテーピングは簡単なのでおすすめです。パッケージの裏側にトラブル別の貼り方が書いてあるので誰でも簡単に使えますよ。

並木:山に行くうちに、何が必要なのかだんだんとわかっていくので、足したり見直したりしながら自分ならではのファーストエイドキットを作っていけるといいですね。

 

オリジナルファーストエイドをプレゼント!

トークのなかでもアドバイスされたテーピングテープや手袋、洗浄綿などが入った基本のセットを参加者全員にプレゼント。そこへニューハレIテープというカラフルなテーピングテープを1袋、好きなカラーを選んで追加。テーピングといえば白か肌色のイメージ。「こんなにカラフルなんですね!」とテーピングのイメージが変わったようす。この基本セットをきっかけに、色んなものをプラスして自分なりにアレンジして使ってもらえますように!

 

ニューハレって?

貼り付く包帯“粘着性伸縮包帯”、いわゆるテーピングテープを国内で企画・製造。医療用のテープとして作られてきたもので、安心の日本製。皮膚にやさしく、はがれにくいプレカット製品を多数ラインナップしている。公式ホームページでは、ひざの痛みや捻挫予防など様々なお悩み別の貼り方を紹介。

ニューハレ公式HP
www.new-hale.com

ニューハレオンラインストア
https://new-hale.shop-pro.jp

 

 

並木弥生(中)
感染管理認定看護師、スポーツ医学検定2級。そのほかアロマテラピーアドバイザやヨガ指導者の資格も持ち、山岳競技や登山企画の医療スタッフも務める。自身も山が好きで、100kmを越えるウルトラレースなども完走している。

中島英摩(左)
アウトドアライター。登山やキャンプ、トレイルランニングなどアウトドアスポーツをメインに執筆。ロングトレイルが好きで、国内外の山を歩いている。

二宮菜花(右)
ランドネ編集部。学生時代はワンダーフォーゲル部に所属し、登山やキャンプ、トレイルランニングなども楽しむ。

SHARE

PROFILE

ランドネ 編集部

ランドネ 編集部

自然と旅をキーワードに、自分らしいアウトドアの楽しみ方をお届けするメディア。登山やキャンプなど外遊びのノウハウやアイテムを紹介し、それらがもたらす魅力を提案する。

ランドネ 編集部の記事一覧

自然と旅をキーワードに、自分らしいアウトドアの楽しみ方をお届けするメディア。登山やキャンプなど外遊びのノウハウやアイテムを紹介し、それらがもたらす魅力を提案する。

ランドネ 編集部の記事一覧

No more pages to load