BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

大型タープは大人数キャンプに最適!おすすめ商品を種類ごとに紹介

大人数でキャンプ・バーベキューを楽しむのに便利なのが大型タープ。ヘキサタープやスクリーンタープなど、種類が豊富にあるので購入する際に悩んでしまいますよね。

大型タープは種類によって使いやすさ・持ち運びやすさなどが異なるので、キャンプスタイルに合ったものを選ぶ必要があります。ただ、自分にあったタープがどんなものなのかわからない…という方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、大型タープの種類や選び方などを詳しく紹介していきます!おすすめ商品も紹介するので、大人数でキャンプを快適に過ごしたいという方は、ぜひ参考にしてみてください。

大型タープを種類ごとに徹底解説!

大型タープには、種類が複数あるのをご存じでしょうか。

大きく分けると種類は4つあり、使い勝手や持ち運びやすさなどが異なります。自分に合ったタープを使うために、種類ごとの特徴を把握しておきましょう。

レクタタープ

レクタタープは幕下のスペースが広いので、大人数でキャンプを楽しむときに特におすすめです。張り方をアレンジしやすいので、ポールを増やして設営すればお好みの張り方も可能。ポールを2本使用するだけで設営できるものもあるため、初心者でも簡単に扱えますよ!

ただし、風の影響を受けやすかったり、重量があって持ち運びにくかったりするので注意しましょう。

スクリーンタープ

プライベート空間をしっかりと確保できるのがスクリーンタープ。テントのように囲まれている構造のため、周りのの目を気にせずに楽しく過ごすことができます。

虫の侵入を防ぐメッシュ素材を扱っている商品もあるので、虫の多い夏でも手軽に使用できますよ!テントと同じ要領で設営できるため、テントを張った経験があれば使いこなせるでしょう。

ただし収納時のサイズが大きいため、軽自動車の場合は窮屈になる可能性があります。重量もあるので、持ち運びやすさを重視している方には不向きです。

ヘキサタープ

ヘキサタープは、六角形の1枚布で作られたものです。2本のポールを使用するだけなので、初心者でも簡単に設営できます。軽量のものが多く、持ち運ぶときも負担がかかりません。

コンパクト性に優れた商品も多いため、軽自動車に積んでも荷物の邪魔にならないのも魅力。さらに角度を調整しやすいので、アレンジしたい方は快適に使用できるでしょう。

ただしスペースが狭いため、家族やグループには不向きです。ソロ・またはカップルなどで使用するのであれば、快適にタープの下で過ごせるでしょう。

ウイングタープ

ひし形でコンパクトなタイプが多いウイングタープ。軽量のものが多く、ヘキサタープと同じように持ち運びに便利です。ロープの張り方を変えられるので、アレンジしたい方にはおすすめなタープと言えます。

スペースが狭いため、家族などの大人数には適していません。ヘキサタイプと同様、ソロやカップルなど少人数におすすめです。

タープを選ぶときのポイント

ここでは、タープを選ぶときのポイントを紹介します。快適にキャンプを楽しむために、自分に合ったタープを探してみてくださいね。

遮光性

タープを選ぶ際、遮光性に優れているかを確認しましょう。とくに暑い季節は、熱中症を防ぐためにも遮光性が良いものを購入すると良いでしょう。色が濃く、厚みのある生地の商品は、かなり遮光性に優れていますよ。

生地の厚みにはデニール・タフタの単位があり、数値が大きくなればなるほど遮光性が高くなります。さらにコットン・ポリコットンも遮光性に優れているので、選ぶ際は素材も確認しておくと良いでしょう。

耐水性

雨対策のために、耐水性のあるものを選んでおくと安心です。商品によって耐水性は異なりますが、1,500㎜以上の耐水圧があると悪天候でも快適に過ごせます。

さらに雨の侵入を防ぐテフロン撥水・ポリウレタンコーティングなどの加工されている製品もあるので、購入前には忘れずにチェックしましょう!

雨水がたまらない張り方をチェック!

大型タープは雨水がたまりやすいので、雨水を地面に流すように設営すると良いです。安全に使用するためにも、設営する際は雨水がたまらないようにしておくのが大切ですよ。

以下の記事では、タープ設営のコツを詳しく解説しています。タープの設営に自信のない方もぜひ参考にしてください。

タープ&テント設営テクニック|ひとりで美しく張る方法!

タープ&テント設営テクニック|ひとりで美しく張る方法!

2021年06月19日

難焼性

タープを選ぶ際、近くで焚き火やバーベキューをしても燃え移りにくいものを選ぶと良いです。素材で例えると、コットン・ポリコットン・難燃性ポリタフタなどが燃えづらいので、購入する際は素材もしっかり確認しましょう。

難燃性に優れていれば、火の粉が飛んできても穴が開きにくく、タープの下でも安心して火を扱えますよ!

収納時のコンパクトさ

あまりに大きいサイズのタープだと、車に積むときに苦労します。女性の方や、軽自動車でアウトドアを楽しんでいる方にはコンパクトな商品がおすすめですよ。

最近は軽量かつ収納性に優れている製品が多く、力の弱い方でも手軽に持ち運べます。全体的なサイズが小さければ、自宅に収納しておく場合もかさばらないので便利ですよ。

また重さは約5~30kgまでと豊富にありますが、持ち運ぶことを考えると、できる限り軽量のものを選ぶのがマスト。見た目はコンパクトでありながらも、展開時は広く使える製品もあるので、ぜひ自分に合ったタープを探してみてくださいね!

【レクタタープ】おすすめ3選

アレンジのしやすさではトップクラスのレクタタープ。地面だけでなく、木の幹に巻きつけたりと展開のレパートリーが豊富なのが魅力ですよ。

ここでは、レクタタープのおすすめ商品を3つ紹介します!

■ スノーピーク(snow peak) HDタープ “シールド”・レクタ(M)

耐水性・遮光性に優れたスノーピークのモデルです。
スペースが広いので、家族や4~6人までのグループであれば快適に使用できますよ。設営にはウィングポールが別途必要になるので、あわせて検討してみてくださいね。

  • メーカー参考価格:36,300円
  • サイズ:775×990cm
  • 重量:3.7kg
  • 耐水圧:3,000mm

公式サイトでみる

Amazonでみる

楽天市場でみる

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) レクタタープセット

最大3人まで使用できるレクタタープ。防水加工されているため、天候に左右されずに使用できます。

収納バッグ付きで、重量もわずか2kgと軽量なので楽に持ち運び可能。UVカット機能付きなので、日除けをしっかり行いたい方も快適に過ごせますよ。

  • メーカー参考価格:16,500円
  • サイズ:320×290cm(使用時)、43×13×cm(収納時)
  • 重量:2kg

公式サイトでみる

Amazonでみる

楽天市場でみる

クイックキャンプ レクタタープ

コットン・ポリエステルの素材を採用しているレクタタープ。遮光性・通気性に優れており、真夏に使用しても快適にキャンプを楽しめます。

最大6人まで使えるので、家族やグループでキャンプを楽しみたい方に最適です。撥水加工を施されているため、雨水が侵入する心配がありません。さらにポールの本数によって形をアレンジできるので、さまざまなシーンで使用できます。

  • サイズ:幅440cm×奥行400cm(使用時)、幅65×12×12cm(収納時)
  • 重量:4.6kg

Amazonでみる

楽天市場でみる

【スクリーンタープ】おすすめ3選

次は、スクリーンタープのおすすめ商品を紹介します。プライベート空間をしっかり確保したい方は、ぜひ参考にしてくださいね。

コールマン(Coleman) タフスクリーンタープ

全体的におしゃれなデザインで、見た目を重視している方にもおすすめです。1人でも設営できるアシスト機能を採用しており、初心者でもスムーズに設営できます。

耐久性に優れたアルミ合金を使っているので、風の強い日に使用しても飛ばされる心配はありません。さらに耐水圧は2000㎜まで対応しているため、天候が急に悪くなっても問題なく過ごせます。

  • メーカー参考価格:56,800円
  • サイズ:約400×360×210㎝(使用時)、約26×74㎝(収納時)
  • 重量:約12.5㎝

公式サイトでみる

Amazonでみる

楽天市場でみる

クイックキャップ スクリーンタープ

ワンタッチで設営できるスクリーンタープ。面倒な作業は行わないので、初心者でも手軽に設営できます。スペースは広く、家族やグループでも快適に過ごせますよ。

また、用途に合わせて空間アレンジが可能です。フルクローズ・フルオープンなど、天候に合わせて設営できるので使いやすさに優れています。

  • メーカー参考価格:18,700円
  • サイズ:約300×300×210㎝(使用時)、約20×20×135㎝(収納時)
  • 重量:約10.6kg

公式サイトでみる

Amazonでみる

楽天市場でみる

FIELDOOR(フィールドア) ワンタッチスクリーンテント

ワンタッチで設営できる、初心者におすすめなスクリーンタープ。フロント部分をポールで立てかけ、車を寄せれば荷物を楽に積み下ろしできます。

収納バッグ付きで、収納時もコンパクトになるので持ち運ぶときも負担がかかりません。日差しを防ぐだけでなく、虫も防げるので真夏に使用しても快適に過ごせますよ。

  • サイズ:幅285cm×奥行285cm×高さ208cm(使用時)、幅122cm×奥行16cm×高さ16cm(収納時)
  • 重量:約6kg

Amazonでみる

楽天市場でみる

【ヘキサ・ウイングタープ】おすすめ3選

次は、初心者でも設営しやすいヘキサ・ウイングタープのおすすめ商品を紹介します。撥水・UVカットなど、機能性に優れた製品もあるので、機能性を重視している方はチェック必須ですよ!

ロゴス(LOGOS) ヘキサタープセット

耐水圧は1600㎜まで対応しているヘキサタープ。難燃性の高いポリタフタを採用しており、焚き火やバーベキューなどを近くで行っても火が燃え移りません。

さらにUVカット機能があるので、日除け予防にも役立ちます。通気性に優れており、オールシーズン使用しても問題ないので頻繁にキャンプへ行く方にもおすすめです。

  • メーカー参考価格:21,800円
  • サイズ:幅430×奥行440×高さ200㎝(使用時)、幅62×奥行14×高さ14cm(収納時)
  • 重量:4.3kg

公式サイトでみる

Amazonでみる

楽天市場でみる

DOD(ディーオーディー) ヘキサタープ

UVカットが施されており、初心者でも設営しやすいタープです。耐水圧は2000㎜まで対応しているので、悪天候になっても快適にタープの下で過ごせます。

本製品は組み立てのコツを縫い付けしており、慣れていない方でもスムーズに設営できますよ。また収納時はコンパクトにできるため、持ち運ぶ際も負担がかかりません。

  • メーカー参考価格:15,720円
  • サイズ:420×420㎝(使用時)、55×14×14㎝(収納時)
  • 重量:約3.0kg

公式サイトでみる

Amazonでみる

楽天市場でみる

FIELDOOR(フィールドア) ウイングタープ

難燃性に優れた素材を採用しており、近くで焚き火やバーベキューをしても火が燃え移る心配がありません。耐久性の良いポリエステル・コットンを採用しており、撥水や防カビ加工も施されているので安心して使えます。

ソロなどの少人数のキャンプ・デイキャンプ・タープ泊など、さまざまなシーンで使用できますよ。

  • サイズ:約380×380㎝(使用時)、55×12×12cm(収納時)
  • 重量:約1.4kg

公式サイトでみる

Amazonでみる

楽天市場でみる

大型タープで人数の多いキャンプも快適に過ごそう!

大型タープには種類が豊富にありますが、人数や用途によって使い勝手が異なります。商品によっては簡単に設営できる製品もあるため、とくに初心者は設営のしやすさを重視して選ぶのが良いですよ!

家族・グループなど、人数の多いキャンプでも快適に過ごせるように適切な大型タープを探してみてくださいね。

SHARE

PROFILE

FUNQスタッフ

FUNQスタッフ

「好き、を生きよう」を地で行く、FUNQスタッフ。 初心者から上級者まで、知りたい情報をわかりやすくお届けしています。

FUNQスタッフの記事一覧

「好き、を生きよう」を地で行く、FUNQスタッフ。 初心者から上級者まで、知りたい情報をわかりやすくお届けしています。

FUNQスタッフの記事一覧

No more pages to load