BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

焚き火シートおすすめ10選&選び方を解説!【キャンプで大活躍】

キャンプの大きな楽しみといえば、焚き火ではないでしょうか。焚き火の前での語らいや、一人静かに過ごす時間は、日常生活では味わえない特別な時間といえます。

自然保護の観点から、焚き火をする際は、焚き火台使用を義務づけているキャンプ場が大半です。焚き火台だけでなく焚き火シートをプラスして使うと、さらなる自然保護に繋がります。また焚き火シートは自然保護以外にもメリットがあり、ぜひおすすめしたいアウトドアギアの一つです。

そこで今回は、焚き火シートを使うメリットや素材による違い、選び方、さらにおすすめの焚き火シートを紹介します。「もっと自然に優しく焚き火を楽しみたい!」という方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

焚き火の直火NGである場所が多い

以前に比べて、キャンプで焚き火を楽しむ方が増えています。日常生活ではなかなか焚き火する機会はなく、キャンプ場は焚き火を楽しめる貴重な場所といえるでしょう。

多くのキャンプ場では自然保護の観点から、焚き火をする際は焚き火台使用がルールとなっており、地面で焚き火する「直火」は禁止です。

直火では、そこで生きている植物や虫などに与えるダメージが大きくなります。しかし焚き火台を使えば、地面へのダメージ、植物や虫への影響を軽減できます。

焚き火シートを使うメリット

焚き火台を使用することで、自然保護に繋がります。同様なメリットが、焚き火シートにもあります。焚き火シートの使用をおすすめする主なメリットは以下の2点です。

  • 地面や草木を炎から守る
  • 片付けが楽チンに

それぞれ詳しく解説していきます。

地面や草木を炎から守る

焚き火をしていると、焚き火台の端や隙間から灰や火の粉、火の付いた薪が地面に落ちるのは、よくあることです。灰や火の粉、火のついた薪が地面に落ちると、そこに生えている芝生などの植物、小さな生き物はダメージを受けます。また灰や薪が落ちなくても、焚き火台からの輻射熱で地面はかなり熱くなります。焚き火シートを敷くことで、灰や火の粉、火の付いた薪、輻射熱による地面のダメージの軽減可能です。

片付けが楽チンに

前述のように、焚き火をしていると焚き火台から灰や火の粉、火の付いた薪が地面に落ちてしまいます。焚き火シートを敷けば、焚き火後はシートごと灰置き場に持って行って捨てるだけ。片付けがずっと簡単に楽チンになるので、ぜひ使用をおすすめします。

焚き火シートの素材

焚き火シートに使われる主な素材は「耐炎繊維」「ガラス繊維」「シリカ繊維」の3種類です。それぞれメリットやデメリットがあり、使う人によっておすすめの素材は違います。素材の特性をしっかり押さえて、自分にピッタリの素材を選びましょう。

柔らかくて持ち運びやすい耐炎繊維

「耐炎繊維」は特殊なアクリル素材を、高温加熱して作られます。柔らかい繊維でコンパクトに畳みやすく、ガラス繊維やシリカ繊維のようなチクチク感がなく、触り心地が良いのが特長です。肌の弱い人には、特におすすめの素材です。また断熱性が高く、地面に熱が伝わりにくいため、地面のダメージを最小限にできるのもメリットといえるでしょう。

種類が豊富でメジャーなガラス繊維

名前通り、ガラスを原料とするのが「ガラス繊維」です。耐熱性が高く、1,000℃の環境でも燃え上がりません。比較的安価なので、最も焚き火シートに採用されている繊維です。

しかし細かなガラスの破片が手に付き、チクチク感を感じるのがデメリットです。敏感肌の人は、痛みやかゆみを感じる場合もあります。軍手や皮手袋を使ったり、表面にシリコンコーティングされているものを選んだりするのがおすすめです。

耐熱性に優れているシリカ繊維

二酸化ケイ素成分が多い、ガラス原料が使われているのが「シリカ繊維」です。ガラス繊維よりもさらに耐熱性が高く、1.100℃の環境でも使用できます。

ガラス繊維同様、細かなガラス片が手に付き、触った時にチクチク感があります。チクチク感が苦手な方は、グローブの使用やシリコンコーティングされている製品を選ぶことをおすすめします。

購入する時のチェックポイント

ここからは、焚き火シートを選ぶ際のポイントを紹介していきます。キャンプスタイルによって、適した焚き火シートは違ってきます。自分のキャンプスタイルを振り返りながら、ポイントをしっかり押さえてください。

大きさの目安

焚き火シートは焚き火台よりも大きいサイズでなければ、落ちてくる灰や燃えカスを受け止めきれません。サイズの目安は、焚き火台が4台置ける面積です。もちろん大きい分には問題ないので、大小さまざまな焚き火台を持っている方は、大きい焚き火台に合わせてサイズを選びましょう。

耐熱温度を確認する

耐熱温度も、焚き火シートを選ぶ際の重要なポイントです。焚き火は500~700℃くらいの温度になるので、500℃程度の熱に耐えられると安心です。焚き火シートの耐熱温度は「連続使用温度」と「瞬間耐火温度」の2種類で表示される場合があります。「連続使用温度」は一定時間継続して使用しても耐えられる温度、「瞬間耐熱温度」は瞬間的なら耐えられる温度を表しています。焚き火シートは一定時間継続して使用するものなので「連続使用温度」を重視すると良いでしょう。

ペグ穴付きかどうか

焚き火シートには、ペグ穴付の製品も多く出ています。穴に地面を通して打ち、地面に固定するペグ穴付のシートは、焚き火中にシートが風に煽られることなく、安定した状態で使えるため、気候の安定しない日でも快適に焚き火を楽しめます。

おすすめ焚き火シート

ここからはおすすめの焚き火シートをご紹介します。機能性だけでなく、デザイン性の高いものもピックアップしたので、テントサイトをさらにオシャレにしたい方は、ぜひチェックしてみてください。

LOGOS(ロゴス) たき火台シート

ナチュラルカラーがどんなテントサイトにも合う、ロゴスの「たき火シート」。耐熱温度は500℃で、安心して焚き火を楽しめます。おすすめの使い方は、テーブルで卓上グリル使用時に、二つ折りにして断熱シートとして使う方法。しっかり熱を遮断して、テーブルに影響を与えません。

  • メーカー参考価格:OPEN価格
  • 使用サイズ:80×60cm
  • 収納サイズ:15×20×1.5cm
  • 重量:270g
  • 耐熱温度:500℃
  • 素材:グラスファイバー(ガラス繊維)

公式サイトでみる

Amazonでみる
楽天でみる

DOD(ディーオーディー) TAKIBI BOBBIDI BOO(タキビバビディブー)M

六角形のデザインが焚き火台をオシャレに彩る、DODの「タキビバビディブー」。焚き火シートを、テントサイトのアクセントに使いたい方におすすめです。大きめサイズで、どんな焚き火台でも使えます。チクチク感が気になるガラス繊維製ですが、両面シリコン加工されているので滑らかな肌触りです。

  • メーカー参考価格:3,940円(税込)
  • 使用サイズ:100×100cm
  • 収納サイズ:22×4.5×32cm
  • 重量:650g
  • 連続使用温度:250℃
  • 素材:ガラス繊維(両面シリコン加工)
  • 付属品:収納袋
  • カラー:カーキ、タン

公式サイトでみる

Amazonでみる
楽天でみる

ZENCamps(ゼンキャンプス) 焚き火専用シート(ブラック シリコン加工モデル)

ソロキャンパー向けのアウトドアギアを送り出している、ゼンキャンプス。ブラックカラーを中心とした、カッコ良いギアの数々が人気です。「焚き火専用シート」も、ブラック生地にホワイトのステッチがオシャレな焚き火シート。武骨系キャンパーにおすすめです。ガラス繊維製ですが、両面にシリコン加工されているので、肌の弱い人も安心して使えます。

  • メーカー参考価格:3,580円(税込)
  • 使用サイズ:95×60cm
  • 重量:430g
  • 耐熱温度:550℃
  • 素材:ガラス繊維(シリコン加工)

公式サイトでみる

Amazonでみる
楽天でみる

CARBABY(カーベイビー) 焚き火シート98×61cm

瞬間耐火温度1.500℃、作業温度700℃と安心の耐熱性を持つ、カーベイビーの「焚き火シート」。加熱した薪やダッチオーブンを、焚き火シートに置きたいという方におすすめです。こちらもガラス繊維製ですが、片面がシリコン加工されており、肌の弱い人でも扱いやすくなっています。水洗いOKで、後片付けも簡単です。

  • 使用サイズ:98×61cm
  • 重量:740g
  • 作業温度:700℃
  • 瞬間耐火温度:1.500℃
  • 素材:ガラス繊維(片面シリコンコーティング)
  • 付属品:収納袋

Amazonでみる
楽天でみる

吉野株式会社 焚き火台用保護シート

溶接現場で使われるスパッタシートの国内有数メーカー「吉野株式会社」。プロ仕様の高品質さはそのままに、アウトドア用に開発された「焚き火台用保護シート」。断熱性を向上させるため、中綿を入れた三重構造になっており、地面へのダメージを最大限に防いでくれます。カラーは白、さくら、カーキの3色展開。特に優しい「さくら」は、可愛いテントサイトを目指す女子キャンプにおすすめです。

  • メーカー参考価格:7,260円(税込)
  • 使用サイズ:92×92cm
  • 素材:表材/ガラス繊維(両面シリコンコーティング)、中材/ガラス繊維厚手織物
  • カラー:白、さくら、カーキ

公式サイトでみる

BANDOK(バンドック) 焚火シート

リーズナブルな価格で、シンプルでカッコ良いアウトドアを展開するバンドック。バンドックの「焚火シート」は、優しい手触りのカーボンフェルト製。チクチク感がないので、肌の弱い人にもおすすめです。やや小さめサイズになっており、ソロキャンプにピッタリです。

  • メーカー参考価格:2,200円(税込)
  • 使用サイズ:600×600×3.5mm
  • 重量:140g
  • 耐熱温度:700℃
  • 素材:カーボンフェルト

公式サイトでみる

Amazonでみる
楽天でみる

Coleman(コールマン) ファイアープレイスシート

アメリカの老舗ブランドコールマン。高品質なアウトドアギアを適正価格で展開する、キャンパーの頼れる存在です。「ファイヤープレイスシート」はコールマンらしい、落ち着いたカラーが良い感じの焚き火シート。耐熱温度600℃で、安心して焚き火を楽しめます。サイズは中程度ですが、重さが330gと軽量。持ち運びしやすい焚き火シートを、探している方におすすめです。

  • メーカー参考価格:2,990円(税込)
  • 使用サイズ:80×80cm
  • 収納サイズ:22×22×4cm
  • 重量:330g
  • 耐熱温度:600℃
  • 素材:ガラス繊維

公式サイトでみる

Amazonでみる
楽天でみる

SINANO WORK(シナノワークス) 焚火シートSOLO(ソロ)

スキーや登山用ポールの老舗ブランドSINANO(シナノ)が、2020年にスタートさせた新鋭ブランド「シナノワークス」。シナノワークスの「焚火シートSOLO」はコンパクトに収納可能で、名前通りソロキャンプにおすすめです。柔らかで、手触りの良い炭化繊維が使われており、肌の弱い人でも安心して使えます。片面がシリコン加工されており、汚れが落ちやすい点も魅力です。

  • メーカー参考価格:2,750円(税込)
  • 使用サイズ:45×35cm
  • 収納サイズ:12×15×厚さ1.5cm
  • 連続使用温度:250℃
  • 瞬間耐火温度:1,000℃
  • 素材:特殊アクリル焼成炭化繊維(片面シリコンコーティング)

公式サイトでみる

Amazonでみる
楽天でみる

FUTURE FOX(フューチャーフォックス) ナバホ柄焚き火シート

同じく信州発2020年誕生の新鋭ブランド、フューチャーフォックス。「世の中に出回っていない本当に良いキャンプ用品」をコンセプトに、デザイン性に優れたアウトドアギアを展開しています。「ナバホ柄焚き火シート」は「人と違った焚き火シートが欲しい!」という方におすすめの、デザイン性の高い焚き火シート。ネイティブアメリカン「ナバホ族」が用いた、ナバホ柄がプリントされています。ガラス繊維にシリコン加工されており、手触りが良く、汚れが落ちやすくなっています。

  • メーカー参考価格:3,580円(税込)
  • 使用サイズ:80×80cm
  • 連続使用温度:250℃
  • 瞬間耐火温度:550℃
  • 素材:ガラス繊維(片面シリコンコーティング)

公式サイトでみる

Amazonでみる
楽天でみる

belmont(ベルモント) 焚き火プロテクトシート

アウトドアブランドの聖地、新潟県三条市のブランド「ベルモント」。金属製品を中心に、高品質なアウトドアギアを展開しています。「焚き火プロテクトシート」は、地面へのダメージを最大限に軽減することを追求した焚き火シートです。ガラス繊維の上に厚口アルミニウムを貼り付けることで、空中に熱を放射させて、劇的に地面に熱が伝わりにくくなっています。「自然にやさしい焚き火シートが欲しい!」という方におすすめです。

  • メーカー参考価格:2,530円(税込)
  • 使用サイズ:60×56cm
  • 重量:350g
  • 素材:厚口アルミニウム、グラスファイバー(ガラス繊維)

公式サイトでみる

Amazonでみる
楽天でみる

焚き火シートで快適なアウトドア時間を!

焚き火台にプラスして使うことで、さらなる自然保護に繋がる焚き火シート。今回は焚き火シートについて、以下のような内容を詳しく紹介しました。

  • 焚き火シートを使えば、地面の保護や延焼の予防、片付けの簡略化ができる
  • 焚き火シートの素材は「対炎繊維」「ガラス繊維」「シリカ繊維」がある
  • 焚き火シートを選ぶ際は「大きさ」「耐熱温度」「ペグ穴付か」をチェック

焚き火シートを使えば、自然を保護できるだけでなく、焚き火後の片付けも楽になります。オシャレなデザインの製品を選べば、テントサイトの彩りにもなります。お気に入りの焚き火シートを見つけて、オシャレに快適に自然保護に繋げてくださいね。

SHARE

PROFILE

FUNQ

趣味の時代に読むメディア

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

FUNQの記事一覧

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

FUNQの記事一覧

No more pages to load

x