BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

かっこいいテントでキャンプを楽しもう!おすすめソロテント12選

一言で「アウトドア」と言っても、キャンプや海水浴、ツーリングや登山に至るまで、利用シーンはさまざまです。

各シーンに合わせて耐久性や耐水性、持ち運びやすさなどの機能性を検討する必要がありますが、見た目にもこだわりたいですよね。

今回の記事では、ソロキャンパー向けに、デザイン性が高く、かっこいいテントを12商品ピックアップしました。

お気に入りのテントを見つけて、SNS映えするようなおしゃれキャンプを楽しみましょう。

かっこいいソロテントの選び方

初めてのキャンプとなると、デザイン性以外に、どのような項目でテントを選べば良いか分からないですよね。

デザイン性の優れたかっこいいテントを選ぶ際は、以下の3項目を軸に比較検討するのがおすすめです。

  • サイズ
  • 素材感
  • 耐久性

持ち運びやすさ、雨風などの気象条件といった、それぞれの利用シーンを具体的に想定すると、各メーカーから展開されているテントの中から、お気に入りのテントが見つけやすくなるはずです。

サイズ

サイズに関しては、使用人数プラス1人を目安にするのがおすすめです。

ソロキャンプの場合は、2人用のサイズを選んでおくと窮屈に感じることもなく、テント内に荷物を保管することもできます。

天井高が180cm程あれば、立ったまま着替えたりテント内を歩いたりすることもでき、快適さはかなり高まります。低身長な方の場合は設営が大変になるため、「ご自身の身長プラス数センチ」を一つの基準にすると良いでしょう。

素材

素材によって、重量や強度、速乾性、耐水性などは大きく異なります。

各テントで採用される、最も一般的な素材はナイロンです。ナイロンは柔軟性や強度、速乾性がある上、軽さが最大の特徴です。ポリエステル製の場合はリーズナブルで耐水性がありますが、これらは火に弱いというデメリットがあります。

コットンであれば火に強く、通気性がありますが、重量があるのは大きなネックになります。

優先させたい機能を順番に満たすよう、慎重に素材選びを進めましょう。

耐久性

素材(生地)によって、耐久性は当然異なります。使用方法を誤ると、引っ掛けて破れるような事態にもなりかねません。

補強がしっかり入っているものや、高い耐水性能を備えた生地、生地自体の厚みも重要なポイントです。

テントの耐久性は重量と比例するため、テントに必要な耐久性を検討する際、利用シーンで想定されるテントへの負荷と持ち運びやすさを考慮すると、自分にとって最適なテントを選ぶことが出来ます。

かっこいいソロテントのおすすめ①ドーム型テント

ドーム型テントは最も一般的な形状で、「テントと言えばどんな形?」と考えた時に、最初に思い浮かぶテントではないでしょうか。

定番だからこそ、各メーカーも思考を凝らして、配色などでデザイン性を演出しています。

設営も比較的簡単なため、キャンプ初心者の方が初めてテントを購入する際にぜひ検討したいテントです。

しかし定番であるが故に、人気商品の場合は周りと被ることも。個性を出したい方は別のタイプを選ぶか、タープと組み合わせて自分らしさを演出して楽しむと良いでしょう。

ドーム型テントの紹介

ドーム型テントの場合、形状を活かして風をうまく受け流せます。また、ドーム型テントの組み立ては、柱となるポールをアーチ型に反らせてテントを広げ、シートを掛ければ作業はほぼ完了。骨組みもしっかりしていて、ポールは軽量なアルミを採用することが多く、持ち運びも便利です。機能性に関する総合力の高さが、ドーム型テントの特徴といえます。

Coleman(コールマン) ツーリングドーム ST

コールマンのツーリングドームSTは、男性でもゆったりと過ごせるサイズ感を確保しつつ、前室を備えたモデルで荷物の置きやすさが特徴的です。

別売りのキャノピーポールを追加すると、前室に大きな日よけや雨よけスペースを設置可能。

アウトドア定番ブランドのコールマンをお手頃価格で入手できる点もおすすめです。

  • サイズ:使用時:幅265cm×奥行き210cm×高さ100cm|収納時:幅49cm×奥行き19cm
  • 重量:約4kg
  • 素材:ポリエステル
  • 耐水圧:アウターテント:1500mm|フロア:1500mm

公式サイトで見る

BUNDOK(バンドック) ソロドーム BDK-08【1人用】

バンドックのソロドームは、多機能かつ高性能さが最大の魅力です。高い耐水圧で、急な雨にも安心して使用できます。

フレームはアルミ合金を採用し、柔軟性と強度を兼ね備えている点もポイント。インナーテントにはオールメッシュを採用し、通気性を確保しているため、夏のアウトドアも快適に使用できます。

  • サイズ:使用時:幅200cm×奥行き150cm×高さ110cm|収納時:幅38cm×奥行き15cm×高さ15cm
  • 重量:約1.8kg
  • 素材:ポリエステル
  • 耐水圧:アウターテント:3000mm

かっこいいソロテントのおすすめ②ワンポールテント

Quickly erected fabric tent in a forest glade

「ワンポール」という名称からも分かるように、1つのポールを頂点にした三角形(三角錐)にテントを展開するのがワンポールテントです。

とんがり屋根のごとく、見た目のおしゃれさ・デザイン性の高さから、非常に人気を集めています。

メインポール1本を軸にした設営は非常に簡単で、ドーム型テントよりも設営しやすい点は、キャンプ初心者におすすめしたいポイントです。テント中央は高さがあるため、快適さも確保できます。

ワンポールテントの紹介

見た目のデザインがおしゃれで設営しやすいという点は、ワンポールテント最大の特徴です。その一方で、中心にポールを設置する構造上の理由から、動線を妨げられてレイアウトしにくい、真ん中以外の天井が低いため圧迫感が出るなどのデメリットも。

デザイン性の高さを優先したい方は、ワンポールテントが特におすすめです。

BUNDOK(バンドック) ソロティピー BDK-75【1人用】

バンドックのソロティピーは前室スペースを確保できるため、開放的な空間を作りたい方には特におすすめです。

ジュラルミン製のポールは軽量かつ丈夫で、高い耐水圧性能も高評価。

タープと併用すると雨対策にもなりますが、別途用意する必要があり、通気口がないため風が通らない点にも注意が必要です。

  • サイズ:使用時:幅240cm×奥行き240cm×高さ150cm|収納時:幅42cm×奥行き19cm×高さ19cm
  • 重量:約2.2kg
  • 素材:ポリエステル
  • 耐水圧:アウターテント:3000mm|フロア:5000mm

ogawa(オガワ) タッソUL

超軽量モデルのワンポールテントをお探しなら、ogawaのタッソULがおすすめ。総重量は約1.2kgで、バックパッカーの荷物として持ち運ぶ際も非常に便利です。

ポール長の切り替えとファスナー開閉で、テントの形を変形させられる使い勝手の良さも高評価。

  • サイズ:使用時(五角形):一辺155cm×奥行き240cm×高さ180cm|収納時:幅26cm×奥行き14cm×高さ14cm
  • 重量:約1.2kg
  • 素材:ナイロン
  • 耐水圧:アウターテント:1800mm

公式サイトで見る

tent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン) パンダライト

テンマクデザイン
¥14,800 (2023/01/28 05:42:23時点 Amazon調べ-詳細)

テンマクデザインのパンダライトは、女性のソロキャンパーから高い支持を得ている人気のあるテントです。赤いとんがりテントのデザイン性が最大の特徴で、メッシュインナーによる風通しの良さなども好評。高デザインかつコンパクトに収納できる、コスパの良いテントです。

  • サイズ:使用時:幅240fm×奥行き240cm×高さ150cm|収納時:幅43cm×奥行き24cm×高さ13cm
  • 重量:約2.3kg
  • 素材:ポリエステル
  • 耐水圧:アウターテント:1500mm

公式サイトで見る

かっこいいソロテントのおすすめ③ワンタッチテント

ワンタッチテントは、今まで紹介したテントの中で最も設営が簡単なテントです。名前のとおり、ワンタッチで簡単に設営できるため、手軽にソロキャンプをしたいというニーズにぴったり。

キャンプに限らず、海水浴や川遊びなどのカジュアルなアウトドアレジャーシーンでの利用を想定する方にはおすすめですが、耐久性に難があるテントもあるため、テント泊を想定している方は異なるテントタイプを選びましょう。

ワンタッチテントの紹介

「ソロキャンプを始めてみたいけど、テントを立てるのはハードルが高そうで…」という方にぴったりなのが、ワンタッチテントです。収納時はコンパクトに収まるものも多いため、運搬が手軽なのも魅力的。

ワンタッチで設営できる構造を採用しているため、通常の組み立て式テントと比較すると耐久性に劣る点はデメリットとして覚えておきましょう。

DOD(ディーオーディー) ワンタッチテント T2-629

手軽さと軽量さを重視したDODのワンタッチテントは、初めてのソロキャンプにぴったりです。大人2人プラス荷物でも窮屈さを感じさせないほどの広さで、ソロキャンプなら十分すぎる広さを確保できます。DODにおけるエントリーモデルとしても高い人気を誇ります。

  • サイズ:使用時:幅230cm×奥行き150cm×高さ117cm|収納時:幅70cm×奥行き19cm×高さ19cm
  • 重量:約3kg
  • 素材:ポリエステル
  • 耐水圧:アウターテント:1500mm

公式サイトで見る

GOGlamping(ゴーグランピング)ワンタッチテント 1-2人用

やや縦長な作りのワンタッチテントは、ダブルベットほどのサイズ感でソロキャンプにはちょうど良い大きさです。約3秒で設置可能な簡単さが最大の魅力。

テントの前後と天井に通気口を備え、蚊帳との二重ドアで虫対策も万全です。比較的軽量モデルなため、女性にもおすすめ。

  • サイズ:使用時:幅225cm×奥行き145cm×高さ120cm|収納時:幅80cm×奥行き16cm×高さ16cm
  • 重量:約3.6kg
  • 素材:ポリエステル
  • 耐水圧:アウターテント:3000mm

DOD(ディーオーディー)ライダーズワンタッチテント【ツーリング仕様】T2-275

荷台に積載した際を考慮し、収納時の幅をコンパクトにまとめた、ツーリング仕様のワンタッチテント。

ソロキャンプで使用するには十分なサイズを確保し、耐水圧も必要十分です。

ベンチレーション付きで空気の入れ替えもスムーズなのも特徴的。

  • サイズ:使用時:幅243cm×奥行き235cm×高さ133cm|収納時:幅62cm×奥行き20cm×高さ20cm
  • 重量:約4.3kg
  • 素材:ポリエステル
  • 耐水圧:アウターテント:3000mm|フロア:5000mm

公式サイトで見る

かっこいいソロテントのおすすめ④パップテント

元々軍装品として扱われていたのが「パップテント」です。インスタグラムやブログなどで、最近人気を集めています。

一般向けには販売されておらず、ネットオークションやミリタリーショップで入手可能です。

佇まいや使い方、カーキ色のミリタリー感満載でワイルドな印象のデザイン性が、男性の心を鷲掴みにしています。

ソロキャンプはもちろん、フェスやツーリングシーンでも愛用でき、流通数も少ないことから個性を出すのにピッタリというメリットもあります。

パップテントの紹介

パップテントはコンパクトに収納でき、設営が非常に簡単なのが最大の特徴。片方の幕を跳ね上げることで、シェルターにもなります。

また、軍人向けに設計されたテントであるため、耐久性は抜群。タフで無骨なデザイン性にかっこよさを求める方には特におすすめしたいテントです。

INPLUGGED CP(アンプラグド キャンプ) パップシェルター HYDE

アンプラグドキャンプのパップシェルターは、ブラックの無骨なデザインがインパクト抜群。

前作からアップデートされ、耐水圧は3000mmから4000mmに、生地はさらに強度が増し、通気口は正面入口1か所から合計4か所に変更されました。

ポールの長さは6段階の高さ調整が可能で、自由度の高いテントになっています。

  • サイズ:使用時:幅210cm×奥行き125cm×高さ115cm|収納時:幅50cm×奥行き25cm×高さ25cm
  • 重量:約2.4kg
  • 素材:ポリエステル
  • 耐水圧:アウターテント:4000mm

ATEPA シェルターテント

ATEPAのパップテントなら生地同士をジップで接合でき、利用シーンに応じてカスタマイズできるためおすすめです。

コンパクトに収納でき、重量もかなり抑えられているため、持ち運びのしやすさも高評価。

耐水性も必要十分に備えられた高性能なパップテントです。

  • サイズ:使用時:幅360cm×奥行き190cm×高さ110cm|収納時:幅49cm×奥行き15cm×高さ15cm
  • 重量:約2kg
  • 素材:ポリエステル
  • 耐水圧:アウターテント:3000mm

BUNDOK(バンドック) ソロベース BDK-79TC【1人用】

バンドックのソロベースは、ポリコットン製の本格仕様パップテント。水を含むと膨張する特徴があり、雨の侵入を防ぐ効果と火の粉に強い性質を備えています。

ビンテージな風合いのカーキ色が、無骨なデザイン性を演出。また、前面ロールアップやフルクローズ、ポールを使用した日よけスペースの作成など、レイアウト変更も自由自在です。

  • サイズ:使用時:幅360cm×奥行き190cm×高さ110cm|収納時:幅40cm×奥行き20cm×高さ20cm
  • 重量:約4.4kg
  • 素材:ポリエステル
  • 耐水圧:-

かっこいいソロテントでキャンプをもっと楽しく!

様々な種類のテントが存在し、機能性もモデルによって千差万別で、お気に入りのテントを探すのも一苦労。そんな時こそ、おしゃれでかっこいいテントを選びましょう。

今回紹介したテントは全て、機能性が優れているものを選んでいるので、ぱっと見で気に入ったテントを選んでいただければ問題ありません。

かっこいいテントで、もっと楽しいキャンプライフを送りましょう。

SHARE

PROFILE

FUNQスタッフ

FUNQスタッフ

「好き、を生きよう」を地で行く、FUNQスタッフ。 初心者から上級者まで、知りたい情報をわかりやすくお届けしています。

FUNQスタッフの記事一覧

「好き、を生きよう」を地で行く、FUNQスタッフ。 初心者から上級者まで、知りたい情報をわかりやすくお届けしています。

FUNQスタッフの記事一覧

No more pages to load

x