BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

冬の日帰り低山ハイクを快適にするウエア選び|基本のコーディネート

ふもとはぽかぽか陽気でも、山頂には冷たい風が吹きつけていたり、立ち止まるとすぐに汗冷えしてしまったり。寒暖差には注意が必要な冬の山。ちょうどいい塩梅がわからず我慢をしたり、寒い時期は外遊びをお休みしている人も多いのでは?
現在発売中のランドネ1月号のステップアップ連載では、「秋冬の山コーディネート」をテーマに、低山ハイク時の重ね着の考え方や、快適かつ安全に楽しめる秋冬ウエアカタログ、食事や生活で寒さを改善するための情報をお届けしています。

今回は、そのなかから、冬の低山ハイク時の基本のコーディネートをご紹介。体質に合わせたコーディネートで、山登りをさらに快適に楽しみませんか?

ランドネ1月号をAmazonで購入

温度調節がしやすいウエアリングが重要

秋冬の山登りで重要なのは、体温調整がスムーズに行なえることです。着脱しやすい適度な厚さのウエアを重ね着するのが基本。少し寒いかなと感じるくらいで歩き始めるのがちょうどよく、汗をかきすぎないよう、こまめに脱ぎ着することを心がけましょう。歩き始めの寒さが気になる場合は、すぐに外すことができる小物類で調節するのがおすすめ◎

コーディネートのポイント

ベースレイヤーはウール素材をチョイス

保温力の高さが魅力のウール素材。速乾性はないが、汗をゆっくりと蒸発させるため冷えにくく、気温の低い季節にはぴったり。抗菌・防臭効果もあるので、長く着用していても不快感が少ない。

休憩時の寒さ対策にダウンを

休憩で止まったときに体が冷えてしまうのを防ぐため、防寒ウエアは必須。なるべく荷物を増やさないために、コンパクトになるダウンがおすすめ。

薄手のトレッキングパンツにはタイツをプラス

薄手のトレッキングパンツしか持っていない場合は、タイツをプラスすればOK。ベースレイヤーとおなじく、ウール素材のものをチョイスすると◎。

教えてくれた人

スタイリスト/近澤一雅さん
アウトドア関連のスタイリングを中心に活動する。公私ともにアウトドアを楽しみ、ブランドの企画発案や製品開発にも携わる。好きな言葉は「代打八木」

SHARE

PROFILE

ランドネ 編集部

ランドネ 編集部

自然と旅をキーワードに、自分らしいアウトドアの楽しみ方をお届けするメディア。登山やキャンプなど外遊びのノウハウやアイテムを紹介し、それらがもたらす魅力を提案する。

ランドネ 編集部の記事一覧

自然と旅をキーワードに、自分らしいアウトドアの楽しみ方をお届けするメディア。登山やキャンプなど外遊びのノウハウやアイテムを紹介し、それらがもたらす魅力を提案する。

ランドネ 編集部の記事一覧

No more pages to load

x