BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • FUNQ NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

STORE

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

スープジャーおすすめ12選!スープも持ち歩けてアウトドアにも最適

スープジャーを活用すれば、外出先やアウトドアで、より食事が楽しめます。

しかしスープジャーを使ったことがない方は、どんなスープジャーを選べば良いか疑問に思うことでしょう。そんな方のために当記事では、スープジャーのおすすめ12選を紹介します。

記事の中ではスープジャーの選び方も解説しています。ぜひ最後まで読んで、あなたの理想のアイテムを見つけましょう!

アウトドアにもおすすめなスープジャー

電子レンジや冷蔵庫がないアウトドアでも、スープジャーがあれば、最適な温度で食事が楽しめます。真空断熱の効果によって、温かい料理は温かく、冷たい料理は冷たくキープできるからです。

スープジャーはスープの持ち運びだけでなく、弁当箱としても活用できます。入れて持ち運ぶのに、おすすめの料理は以下のとおりです。

  • カレー
  • 牛丼
  • 冷製パスタ

またスープジャーは、保温力を利用した調理もできます。スープ料理を作る際に時短が可能なので、忙しい日常生活やアウトドアにも、おすすめです。

スープジャーの選び方

ここでは、スープジャーの選び方をチェックしましょう。ポイントは、以下の4つです。

  • 食べる量に合わせた容量
  • アウトドアで使いやすい携帯性
  • 保冷・保温機能をチェック
  • お手入れのしやすさ

食べる量に合わせた容量

スープジャーを選ぶときは、容量を確認しましょう。容量によって、最適な使い方が変わります。

スープジャーの大きさによる容量のイメージは、以下のとおりです。

  • 小さめ(400ml以下):マグカップ1杯分
  • 中くらい(400mlクラス):ごはん茶碗2杯分
  • 大きめ(500ml以上):どんぶり1杯分以

300〜500mlほどの容量のスープジャーが最も一般的で、種類も豊富です。一方で500ml以上になると、大きくなるほど種類は少なくなります。あなたの食べる量に合わせて、スープジャーの容量を選ぶことを、おすすめします。

アウトドアで使いやすい携帯性

アウトドアにおすすめなのは容量が300〜500mlのスープジャーです。容量が小さいほうが、携帯性がいいからです。

登山やキャンプには、持ち運びしやすい軽量・コンパクトなアイテムがおすすめです。ザックの中でスペースをとってしまい、持ち歩くのに重く感じるなら、好ましくありません。

食べ物をたくさん入れる必要がないなら、容量が300〜500mlの軽量・コンパクトなスープジャーを選びましょう。普段使いする人は、スープジャー専用のケースを活用すると、携帯性もアップしますよ。

保冷・保温機能をチェック

スープジャーの保冷力や保温力は、非常に重要です。安全、かつ最適な温度で料理が楽しめるかを左右するからです。

具体的には「6時間後の温度」の記載を見ましょう。たいていの場合、商品スペックに記載されています。おすすめできる保冷力・保温力の最低ラインは、以下を参考にしてください。

  • 保温力:50度以上
  • 保冷力:15度以下

20〜40度の間は、最も細菌が繁殖しやすい環境なので、その温度帯から遠ざける必要があります。また保温力が弱いと、食材に熱が加わらず、保温調理が満足にできません。保温調理をしたい場合は、保温力が59度以上のものがおすすめです。

お手入れのしやすさ

お手入れのしやすさも、スープジャーを選ぶとき大事なポイントです。手入れがしにくければ、汚れやニオイが残るので、衛生的によくありません。

洗いづらいスープジャーを繰り返し使うと、汚れが内部に残ってしまいます。したがって、次のタイプのスープジャーがおすすめです。

  • フタが分解できるスープジャー
  • 手が底まで届くスープジャー

お手入れのポイントは、2つあります。重要なので、以下でもう少し詳しく解説します。

フタが分解できるスープジャー

お手入れのしやすさを重視するなら、フタが分解できるスープジャーがおすすめです。フタは気密性を高めるために、作りが細かくなっている場合もあります。

少々面倒ではありますが、フタの汚れは衛生的によくないので、分解して洗いましょう。まめに洗うのが面倒な方は、構造がシンプルなものを選んでください。

フタのゴム製パッキンは、経年劣化が避けられません。長く使いたい方は、交換用のパッキンがあるかを確認しましょう。

手が底まで届くスープジャー

スープジャーを選ぶときは、手が底まで届くか確認しましょう。底まで手洗いできるほうがお手入れがしやすく、おすすめです。

広口が7cm以上あるスープジャーを選べば、ほとんどの方は手首が入るので、洗いやすいでしょう。手が大きくて入らない人は、底まで届くスポンジを利用して洗ってください。

スープジャーおすすめ12選

ここでは日常にもアウトドアにも、おすすめなスープジャーを、以下の3つの容量に分けて紹介します。あなたの理想のアイテムを、ぜひ見つけてください!

  • 400ml以下
  • 400mlクラス
  • 500ml以上

軽量・コンパクト!【400ml以下】

ここでは、軽量・コンパクトな400ml以下のおすすめスープジャーを紹介します。

ZOJIRUSHI(象印) ステンレスフードジャー SW-GD26

軽量・コンパクトなので、とても持ち運びやすいスープジャー。保温力・保冷力も抜群で、「分解せん」や 「つるつるクリアステンレス」で、お手入れしやすいアイテムです。

  • メーカー参考価格:5,720円
  • 容量:260ml
  • 保温力(6時間):50度以上
  • 保冷力(6時間):11度以下
  • 広口:8cm
  • サイズ:9.5×11cm
  • 重さ:0.25kg

公式サイトをみる

DOSHISHA(ドウシシャ) mosh! フードポット

ジャム瓶がモチーフの「mosh!(モッシュ)フードポット」には、内側に100ml刻みの目盛がついており、保温調理に最適。デザインもシンプルで、お手入れも楽チンです。

  • メーカー参考価格:2,750円
  • 容量:300ml
  • 保温力(6時間):59度以上
  • 保冷力(6時間):11度以下
  • 広口:6.2cm
  • サイズ:9×9.6cm
  • 重さ:0.24kg

公式サイトをみる

Skater(スケーター) 抗菌 保温保冷デリカポット

超軽量でコンパクトな設計に加えて、取っ手があるので持ち運びに便利。SIAA(抗菌製品技術協議会)の認証を受けており、衛生面にも考慮されたスープジャーです。

  • メーカー参考価格:2,662円
  • 容量:300ml
  • 保温力(6時間):56度以上
  • 保冷力(6時間):10度以下
  • サイズ:8.5×13.4cm
  • 重さ:0.23kg

公式サイトをみる

TIGER(タイガー) 真空断熱フードジャー MCL-B038

タイガー魔法瓶(TIGER)
¥2,700 (2024/04/23 23:50:49時点 Amazon調べ-詳細)

底の形状が丸く、スプーンを使って食べやすいスープジャーです。内部の「スーパークリーン加工」で、汚れやニオイがつきにくく、いつでも清潔に利用できます。

  • メーカー参考価格:6,380円
  • 容量:380ml
  • 保温力(6時間):59度以上
  • 保冷力(6時間):10度以下
  • 広口:7cm
  • サイズ:9×13.9cm
  • 重さ:0.3kg

公式サイトをみる

お弁当にも最適!【400mlクラス】

400mlクラスのスープジャーは、少し容量が大きいので、普段のお弁当にもおすすめです。

CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ) モンテ HDフードポット400

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
¥1,943 (2024/04/23 23:50:50時点 Amazon調べ-詳細)

シンプルな構造でお手入れもしやすく、保温・保冷の性能も十分なスープジャーです。フタに持ち運びに便利なハンドルがついており、アウトドアや日常で活躍するでしょう。

  • メーカー参考価格:4,400円
  • 容量:400ml
  • 保温力(6時間):65度以上
  • 保冷力(6時間):12度以下
  • 広口:6.7cm
  • サイズ:9×13.5cm
  • 重さ:0.28kg

公式サイトをみる

ZOJIRUSHI(象印)ステンレススープジャー SW-KA40

2つだけのパーツからなる「シームレスせん」は、非常にお手入れが楽なフタ。さらにフタ内部の3D断熱カプセルは、象印史上最高の保温力と保冷力を実現しています。

  • メーカー参考価格:6,600円
  • 容量:400ml
  • 保温力(6時間):64度以上
  • 保冷力(6時間):9度以下
  • 広口:7cm
  • サイズ:9.5×12.5cm
  • 重さ:0.32kg

公式サイトをみる

THERMOS(サーモス)真空断熱スープジャー JBR-401

フタは開けやすい「クリックオープン構造」で、分解して洗浄しやすい構造。広い口になっており、口当たりがよいスープジャーです。もちろん保温・保冷の性能もバッチリです。

  • メーカー参考価格:1,958円
  • 容量:400ml
  • 保温力(6時間):60度以上
  • 保冷力(6時間):11度以下
  • 広口:7cm
  • サイズ:9.5×12.5cm
  • 重さ:0.3kg

公式サイトをみる

STANLEY(スタンレー) クラシック真空フードジャー 0.41L

断熱材入りのフタにより、非常に高い保温・保冷性能を誇るスープジャーです。付属しているスプーンは、本体横のホルダーに収納が可能。「生涯保証」付きも、うれしいポイント。

  • メーカー参考価格:5,940円
  • 容量:410ml
  • 保温力(6時間):67度以上
  • 保冷力(6時間):8度以下
  • 広口:7.4cm
  • サイズ:8.8×9.9×13.9cm
  • 重さ:0.34kg

たっぷり食べられる!【500ml以上】

500ml以上のクラスは、ボリューム満点のスープジャー。ごろっとした具の大きな煮物も入ります。ガッツリ食べたい人やおかずを数人で食べたい人に、おすすめです。

PEARL METAL(パール金属) オクタス フードマグ500

大きな飲み口なので、スープや具材が注ぎやすく、食事もしやすいスープジャーです。気密性が高くシンプルなフタは、お手入れも簡単にできます。

  • メーカー参考価格:3,080円
  • 容量:500ml
  • 保温力(6時間):54度以上
  • 保冷力(6時間):13度以下
  • 広口:9.5cm
  • サイズ:10×12.5cm
  • 重さ:0.275kg

公式サイトをみる

STANLEY(スタンレー) 真空フードジャー 0.53L

100年以上続く品質を誇るスタンレーが作り出した、とても高い保温力と保冷力が魅力のスープジャーです。スプーンが付属しており、フタの中栓には薬味を入れることも可能。

  • 容量:530ml
  • 保温力(6時間):75度以上
  • 保冷力(6時間):5度以下
  • 広口:7.5cm
  • サイズ:9.3×17.5cm
  • 重さ:0.52kg

ZOJIRUSHI(象印) ステンレス クック&フードジャー/SW-JA75

圧倒的な容量と、保温性能を実現させたスープジャーです。保温調理にもバッチリ対応していて、家族で出かけるときに活躍すること、間違いなしでしょう。

  • メーカー参考価格:7,150円
  • 容量:750ml
  • 保温力(6時間):73度以上
  • 保冷力(6時間):8度以下
  • 広口:7cm
  • サイズ:10×18.5cm
  • 重さ:0.43kg

公式サイトをみる

ASVEL(アスベル) ランタス カフェ丼ランチ HLB-CD800

携帯性に優れたカフェ丼ランチは、ごはんの容器が400ml・おかずの容器が400mlと容量の大きさが魅力。保温性もあるので、外でもガッツリ食べたい人に、おすすめです。

  • 容量:800ml
  • 保温力(6時間):47度以上
  • 保冷力(6時間):メーカー記載なし
  • 広口:cm
  • サイズ:15.3×14.4×12cm
  • 重さ:0.484kg

おすすめのスープジャーでアウトドアでも温まろう!

スープジャーを利用すれば、電子レンジや冷蔵庫がなくても、最適な温度で料理が楽しめます。保温調理をする方は、いつもの弁当作りが時短できますね。

理想的なスープジャーを見つけるためのポイントは、以下の4つです。

  • 食べる量に合わせた容量
  • アウトドアで使いやすい携帯性
  • 保冷・保温機能をチェック
  • お手入れのしやすさ

当記事では、おすすめのスープジャー12選を紹介しました。あなたの目的に合うアイテムを見つけて、日常生活やアウトドアの食事をもっと楽しみましょう!

SHARE

PROFILE

FUNQスタッフ

FUNQスタッフ

「好き、を生きよう」を地で行く、FUNQスタッフ。 初心者から上級者まで、知りたい情報をわかりやすくお届けしています。

FUNQスタッフの記事一覧

「好き、を生きよう」を地で行く、FUNQスタッフ。 初心者から上級者まで、知りたい情報をわかりやすくお届けしています。

FUNQスタッフの記事一覧

No more pages to load