BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • FUNQ NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • HATSUDO
  • Kyoto in Tokyo

STORE

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

今週末参加できる登山ツアーです!【HIKE/Randonnee】初夏の金峰山へ!1泊2日テント泊ツアー

廻り目平キャンプ場をメインに、クライムオンを今年も開催!

日本のヨセミテとも称される小川山のふもとにある「廻り目平キャンプ場」。ここを拠点に、専門の講師やプロクライマーたちにクライミングを教えてもらえるイベントが、5月27日・28日の2日間で開催されます。クライミング未経験の方でも楽しめる初心者向け講習や、アイテムのレンタルまで充実!アウトドア料理教室やお買い物ブースもあるので、アウトドアを思う存分、満喫することができますよ。

今回は、登山ガイドである石川高明さんをお招きして、初夏の金峰山を楽しむテント泊ツアーを行います!ぜひこの機会に、山登りを一緒に楽しみませんか?

※申し込みには、Yahoo! JAPAN IDでログインが必要です。

イベントのお申し込みはこちら

クライムオン‼
公式サイトはこちらから!

1日目:テント泊講座とナイトパーティ

一日目は金峰山のふもと、廻り目平キャンプ場にて、ナイトパーティー&テント泊。夕食はワンバーナーを使って、みんなでカチャトーラを作って食べます。ナイトパーティーでは焚き火を囲みながら、映画を見たり、ゲストトークを。

2日目:自然あふれる金峰山でランチを

二日目は早朝から、金峰山を目指し、ランチは金峰山小屋で。大きなマシュマロが乗ったココア、うどん、パンケーキなど、絶景を眺めながらいただきます!

ガイドさんは、八ヶ岳を中心に活動し、国内外で数々のツアーを行っている石川高明さん。

装備や確認しておいたほうがいいことなどをお話した動画を送付します。また質問や困りごとなどもていねいに答えてくれますので、テント泊に不安がある方でも安心して参加できます。公共交通機関を使ってでの参加も可能です。いっしょにツアーを楽しみましょう!

■信州登山案内人 石川高明さん

大手メーカーを退職後、世界一周登山の旅に出る。ネパール、スイス、アルプスなど海外でのガイド経験を経て、八ヶ岳に移住。八ヶ岳を中心に登山ガイドを務める。豊富な知識を軽快なトークで、伝えてくれます。

【スケジュール】

◎1日目 5月27日(土)

12:00 集合@廻り目平キャンプ場 ※ご昼食は済ませてきてください
12:15 テント泊講座 テント設営と撤収について/装備のパッキングについてなど。
15:00 自由時間 ※クライムオンのイベントを自由に楽しめます◎
16:00 夕飯講座(カチャトーラ)は、ナイトパーティーのコンテンツしだいで時間を調整します。 


◎2日目 5月28日(日)

05:30 朝食 ※各自準備
06:00 金峰山目指して出発
10:30 金峰山山頂 ※時間しだいで小屋へ先に行くか、山頂に先に行くか。
11:30 金峰山小屋でランチ 
     ランチ後に下山開始
16:00 廻り目平に到着、テント撤収 ※状況により時間がずれることもあります。
17:00 解散


【参加費】

1名様あたり:11,000円(税込)
含まれるもの:テントサイト・駐車場代、夕食、テント泊講習、金峰山のガイド、イベント運営費、保険料含む

【募集人員】

10人

【交通】

◎お車でご来場の場合

  • 諏訪方面から
    中央自動車道(長坂IC出口左折)−県道須玉・八ヶ岳高原線−国道141−南牧村野辺山−川上村
  • 東京、甲府方面から
    中央自動車道(須玉IC出口右折)−国道141−南牧村野辺山−川上村
  • 佐久市方面から
    上信越自動車道(八千穂高原IC)−国道299−佐久穂町−国道141−南牧村(市場信号)−川上村

駐車料金500円

◎公共交通機関を利用してご来場の場合

  • 中央線利用
    小淵沢駅−小海線−信濃川上駅
  • 長野新幹線、しなの鉄道利用
    佐久平駅−小海線−信濃川上駅

★信濃川上駅からは直通バス(「クライムオン!!  専用村営バス」を事前にお申し込みください。 

お申込みはこちら


【持ち物】

※持ち物は事前のオンライン講習にて、確認&質問ができます。

◎服装

・レインウエア(上下セパレートの登山用)
・防寒着(フリースやダウンジャケットなど。夜は冷え込みます)
・Tシャツ/カットソー
・ボトムス(伸縮性があり、汗冷えしにくい素材)
・下着(ウールや化繊の汗冷えしにくい素材)
・靴下
・帽子
・登山靴
・バックパックとレインカバー

◎持ち物

・テント
・調理道具(バーナー、ガスストーブ、ライター、クッカー、カトラリー)
・寝袋
・マット
・行動食
・2日目の朝食
・着替え
・防寒具(グローブやネックウォーマーなど)
・ヘッドライト
・水筒
・ビニール袋(ゴミ袋として数枚)
・タオル・手ぬぐい(汗拭き用)
・ティッシュ
・洗面用具・メイクグッズ
・健康保険証
・ファーストエイド(常備薬と絆創膏)
・防水スタッフサック(着替えなど濡らしたくないものをひとまとめに)
・日焼け止め
・手指消毒薬
・マスク・ネックゲイター

◎あるといいもの

・サブザック
・トレッキングポール
・サングラス
・カメラ

【そのほか】

悪天でない限り、雨天決行

※申し込みには、Yahoo! JAPAN IDでログインが必要です。

イベントのお申し込みはこちら

クライムオン‼
公式サイトはこちらから!

SHARE

PROFILE

ランドネ 編集部

ランドネ 編集部

自然と旅をキーワードに、自分らしいアウトドアの楽しみ方をお届けするメディア。登山やキャンプなど外遊びのノウハウやアイテムを紹介し、それらがもたらす魅力を提案する。

ランドネ 編集部の記事一覧

自然と旅をキーワードに、自分らしいアウトドアの楽しみ方をお届けするメディア。登山やキャンプなど外遊びのノウハウやアイテムを紹介し、それらがもたらす魅力を提案する。

ランドネ 編集部の記事一覧

No more pages to load