BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • FUNQ NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

STORE

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

【人数別】ロゴスのテントおすすめ24選!選び方も紹介!

メイプルリーフがトレードマークの国産ブランド「ロゴス」。品質が確かで使いやすいギアが多く、特にキャンプ初心者におすすめのブランドです。カラフルでポップなデザインものや、キャラクターとのコラボ商品も多く、特にファミリー層や女性キャンパーから多くの支持を集めています。

ロゴスは、使い心地をアップするブランド独自機能が付いた製品が多いのも特徴です。もちろん、テントも魅力的なブランド独自機能を持つ製品が多数ラインナップされています。

そこで、今回はおしゃれなデザインや使いやすさが魅力のロゴスのテントについて詳しく紹介します。

「ファミリーキャンプにピッタリのテントを探している」「使いやすいテントが欲しい」という方は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

ロゴスのテントが人気の理由

「海辺5mから標高800mまで」をキャッチフレーズに、初心者でも使いやすいアウトドア用品を展開するブランド「ロゴス」。ブランドのスタートは1985年。それ以来、日本を代表するブランドとして、アウトドア業界をリードしてきました。

もちろんテントの人気も高いロゴス。ロゴスのテントには、以下のような魅力があります。

  • 種類が豊富
  • 豊富な機能
  • 多彩なデザイン
  • 予算に合わせてシリーズが選べる

種類が豊富

ロゴスのテントの魅力の一つは、約75種類もある製品バリエーションの豊富さです。ドームテントやワンポールテント、2ルームテントなど、さまざまなタイプのテントが揃っています。また1人用から大人数用まで、サイズのバリエーションも豊富で、キャンプスタイルに適したテントが必ず見つかります。

豊富な機能

ロゴスのテントは、ブランド独自のこだわり機能が付いている点も魅力です。

例えばエアポンプで空気を入れて設営するテント「エアマジック」。UVカット率・遮光率は通常比の約1.5倍ながら、小さな虫の侵入も防ぐ高機能メッシュ「デビルブロックST」。テントと車を連結して使える「車体連結用ジョイント」。クイックジョイントを伸ばす・折りたたむだけで組立・撤収が行える「QUICK SYSTEM」。

などなど、その他にもまだまだキャンプを快適にする魅力的な機能が充実しています。

多彩なデザイン

ロゴスのテントは、デザインの多彩さも魅力です。ナチュラルカラーのベーシックデザインだけでなく、カラフルなナバホ柄のテントや、人気キャラクター「スヌーピー」とのコラボテントも展開。キャンプ女子や、小さいお子さんが喜ぶデザインのテントが多数揃っています。

予算に合わせてシリーズが選べる

ロゴスでは、さまざまな価格帯のテントシリーズを販売しています。標準的な価格帯のシリーズの他に、高性能・高品質な上級ライン「プレミアム」シリーズ、リーズナブルな「ROSYシリーズ」も展開。予算に合わせたシリーズのテントが選べます。

『ロゴス』テントの選び方

魅力満載のロゴスのテント。商品バリエーションが豊富なだけに、一つを選ぶのはなかなか難しいですよね。そこで、ここからはロゴスのテントの選び方を詳しく紹介していきます。以下のポイントを押さえて、自分にピッタリのテントを選びましょう。

  • タイプで選ぶ
  • シリーズで選ぶ
  • 用途で選ぶ
  • 人数・サイズで選ぶ

各ポイントを詳しく解説していきます。

タイプで選ぶ

ロゴスには「ドームテント」「2ルームテント」「3ルームテント」「ワンポールテント」など、さまざまなタイプのテントが揃っています。キャンプスタイルに合わせて、適したタイプのテントを選びましょう。

ドームテント

交差した2本のポールを支柱とする「ドームテント」。天井付近も空間がある居住性の高さと、設営の簡単さが魅力です。1ルームなので、くつろぎスペースを確保したい場合は別にタープを張る必要があります。

2ルームテント

リビングと就寝スペース、2つの空間が作れる「2ルームテント」。タープを張る必要が無いので、設営が一度で済みます。リビング部分が閉めきれるので、虫の多い夏の夜や寒い冬キャンプでも快適に過ごせます。構造が複雑な分、やや設営が難しい点がデメリットといえるでしょう。

3ルームテント

通常「3ルームテント」とは、フロアレスのシェルターテントに吊り下げ式のインナーテントを2つ装着するテントのこと。

対してロゴスでは、やや違う構造のテントを3ルームと呼んでいます。2ルームテントのフロントパネルをポールで跳ね上げてキャノピー(ひさし)を作り、キャノピーに壁となるシートを装着することで3つめのスペースを作ります。いわば2ルーム+1ルームといった形状。大人数でのキャンプなど、圧倒的な広さが欲しい方におすすめです。ただし広めのテントサイトでないと、設営できない点はデメリットとなります。

ワンポールテント

センターポールに幕体を引っかけて立て、センターポールをペグで固定して設営するワンポールテント。見た目より設営しやすいのはメリットといえるでしょう。

円錐型の「ティピ型」と、壁部分が立ち上がった「ベル型」の2種類に分類されます。ロゴスのワンポールテントはティピ型のみの展開となっています。

円錐型のため天井に近くなるほど狭くなり、居住性がやや低いのがデメリットです。

シリーズで選ぶ

ロゴス製品は、違ったコンセプトを持つ、以下のようなシリーズがあります。

  • プレミアム
  • グランベーシック
  • Tradcanvas
  • ナバホtepee
  • LOGOS Fes
  • neos
  • ROSY

各シリーズのコンセプトを紹介していきます

プレミアム

ハイクオリティな、ロゴスの最上級ライン「プレミアム」シリーズ。耐水圧・耐久性など品質面で高スペックなうえ、さまざまな機能が搭載されており、より上質に、快適にキャンプを楽しむためのシリーズです。プレミアムシリーズのテントカラーはダークブラウンで、大人世代にピッタリな落ち着いたテントサイトが作れます。

グランベーシック

同じくワンランク上のキャンプを提供する上級ライン「グランベーシック」。高スペックで多機能なアイテムが揃っており、上質で快適なキャンプを楽しめます。テントカラーは淡いベージュで、ナチュラルでオシャレなテントサイトが作れます。

Tradcanvas

難燃素材を採用した「Tradcanvas(トラッドキャンバス)」シリーズ。火の粉で穴が開きにくいので、近くで焚き火台や薪ストーブを使っても安心です。

ナバホtepee

「ナバホtepee(ティピ―)」シリーズは、アメリカの先住民ナバホ族の「ナバホ柄」をデザインのモチーフとしています。とんがり帽子のような形状とカラーリングの可愛らしさで、女性に圧倒的人気のシリーズです。

LOGOS Fes

「LOGOS Fes(ロゴスフェス)」は、キャンプデビューや野外フェス向けのシリーズ。初心者でも使いやすいよう「防水」「撥水」「難燃」「UV-CUT」といった、基本的機能が装備されています。

neos

ファミリーキャンプ向けのシリーズ「neos(ネオズ)」。大人数で使えるよう、大きめサイズのテントが多数ラインナップされています。グリーンを基調とした、アクティブな雰囲気のカラーリングが特徴です。

ROSY

初心者向けのエントリーライン「ROSY(ロージー)」。価格がリーズナブルに押さえられている点は、揃えるべきキャンプ道具が多い初心者に嬉しいポイントです。

用途で選ぶ

テントを選ぶ際は、どんな使い方をするか考慮しましょう。オートキャンプであれば、重量や収納サイズにそこまでこだわる必要はありません。しかしツーリングキャンプであれば、バイクや自転車に積める収納サイズのテントを選ぶ必要があります。さらに徒歩キャンプや登山でのテント泊に使うなら、できるだけ軽量でコンパクト収納できるテントの方が体に負担が掛かりません。

また、最近はキャンプしながらフェスを楽しむ人が増えています。音楽フェスは、天気が悪くても決行されることが多いので、耐水圧が高く雨をしっかり防げるテントを選びましょう。人の多いフェス会場では、あまり大型サイズだとスペースが無くて張れない場合も出てきます。程よくコンパクトなサイズのテントがおすすめです。

またキャンプする時期によっても、テントの選び方が変わってきます。暑い夏のキャンプが多いなら、しっかり紫外線をカットするテントを選びましょう。冬キャンプを楽しむ方には、フルクローズできる2ルームテントや大型ドームがおすすめです。

焚き火をしたり薪ストーブを使ったりする場合は、燃えにくいTC素材や難燃加工されているテントを選ぶと、火の粉で穴が開く心配がありません。

人数・サイズで選ぶ

通常テントは、使用できる定員が決まっています。公式サイトなどで定員を確認して、実際に使う人数に適した定員のテントを選びましょう。

しかしテントの定員はギリギリ寝られる人数なので、実際にその人数で寝ると、かなり窮屈に感じます。実際に使う人数に1~2人プラスした定員のテントを選べば、ゆったりと快適に過ごせます。

ただしロゴスの公式サイトでは、文字による定員の記載はありません。イラストによって大体の定員が分かるので、イラストを参考にするとよいでしょう。

また、床面積を基準にしてテントを選ぶ方法もあります。55×180cmを一人あたりの面積の目安にして、使用人数を掛けた床面積を算出してください。さらに荷物置き場や通り道など、多少のゆとりをプラスするとゆったり過ごせる快適なテントが選べます。

『ロゴス』テントの人数別おすすめ24選

確かな品質でデザインが多彩で、こだわり機能を装備しているロゴスのテント。ここからは、使用人数ごとにおすすめテントを紹介していきます。

ソロ(一人用)デュオ(二人用)のおすすめ6選

コンパクトサイズのソロ・デュオ用テント。ツーリングキャンプやフェスでのキャンプに活躍します。人気の定番ワンポールテントや、キャラクターとのコラボテントなどをピックアップしました。

LOGOS(ロゴス) LOGOS Fes Tepee 2ルーム DUO-BC

キャンプ初心者やフェスでのテント泊など、キャンプに慣れていない人でも使いやすい新シリーズ「LOGOS Fes(ロゴス フェス)。ティピ型のワンポールテント「Tepee 2ルーム DUO‐BC」は、インナーテントを吊るせば、2ルームとしても使えます。フロントパネルをポールで跳ね上げれば、リビングスペースを拡張可能。ライブの合間の休憩時間にのんびりくつろげます。

  • メーカー参考価格:43,800円
  • 定員:2人※イラスト参考
  • 使用サイズ:325×370×高さ170cm
  • 収納サイズ:約22×52×22cm
  • 重量:約5.8kg
  • 耐水圧:フライシート/1,600mm、フロアシート/1,600mm
  • 素材:ポール/スチール、フライシート/難燃性ポリタフタ、インナーテント/デビルブロックST、フロアシート/バルキーポリ、メッシュ/ポリエステル
  • セット内容:フライシート、インナーテント 、センターポール、ロープ、収納バッグ、ポール用収納袋、ペグ、ハンマー、小物袋

公式サイトでみる

LOGOS(ロゴス) LOGOS Fes PANELラムダΛ DUO-BC

クラシカルなA型フレームを採用した、2人用テントです。人とは違ったデザインのテントを探している方におすすめです。テント前面にロゴス独自の「PANEL SYSTEM」機能を採用。クロスされたポールによってテント全体の強度が増し、ポールで跳ね上げた時に水が溜まりにくくなっています。フルメッシュ仕様のインナーテントの両脇に荷物置き場を確保。スペースを有効に使えます。

  • メーカー参考価格:45,800円
  • 定員:2人※イラスト参考
  • 使用サイズ:約375×260×高さ160cm
  • 収納サイズ:約23×60×23cm
  • 重量:約9.6kg
  • 耐水圧:フライシート/1,600mm、フロアシート/1,600mm
  • 素材:フレーム/スチール・グラスファイバー(パネルフレーム)、フライシート/難燃性ポリタフタ、インナーテント/デビルブロックST、フロアシート/バルキーポリ
  • セット内容:フライシート、インナーテント 、屋根フレーム、脚フレーム、パネルフレーム、キャノピーポール、ロープ、収納バッグ、フレーム用収納袋、ペグ、ハンマー、小物袋

公式サイトでみる

LOGOS(ロゴス) Tradcanvas Tepee 2ルーム 300

ティピ型テントですが、インナーテントをハーフサイズにすることで2ルームとなり、リビングスペースが確保できます。ソロキャンプなら、タープ無しで身軽にキャンプが楽しめます。

  • メーカー参考価格:39,800円
  • 定員:大人1人+子供1人※イラスト参考
  • 使用サイズ:330×290×高さ180cm
  • 収納サイズ:約19×53×19cm
  • 重量:約4.8kg
  • 耐水圧:フライシート/2,000mm、フロアシート/3,000mm
  • 素材:ポール/スチール、フライシート/難燃性バルキーポリ、インナーシート/ポリタフタ、フロアシート/ポリオックス、メッシュ/ポリエステル
  • セット内容:フライシート、インナーテント、センターポール、ロープ、収納バッグ、フレーム用収納袋、ペグ、ハンマー、小物袋

公式サイトでみる

LOGOS(ロゴス) Tradcanvas ツーリングドゥーブル・SOLO-BA

名前の通り、ツーリングキャンプにおすすめの1人用テントです。前室部分が大きく張り出しており、フロントパネルをポール(別売)で跳ね上げれば、広めのキャノピー(ひさし)ができ、バイクや自転車の駐車スペースになります。

  • メーカー参考価格:36,000円
  • 定員:1人※イラスト参考
  • 使用サイズ:約210×290×高さ123m
  • 収納サイズ:約17×60×17cm
  • 重量:約4.7kg
  • 耐水圧:フライシート/2,000mm、フロアシート/3,000mm
  • 素材:フレーム/7001アルミ合金、フライシート/難燃性バルキーポリ、インナーシート/ポリタフタ、フロアシート/バルキーポリ、メッシュ/ポリエステル
  • セット内容:フライシート、インナーテント、インナーフレーム、リッジフレーム、ペグ、ロープ、収納バッグ、フレーム用収納袋、ハンマー、小物袋

公式サイトでみる

LOGOS(ロゴス) Tradcanvas T/C オーニングリビング・DUO-BC

難燃素材を使った「Tradcanvas」シリーズの2人用2ルームテント。「オーニング」とは日よけや雨よけを表す言葉です。前室は両サイドに入口があり、高くせり出したフロントパネルが日よけや目かくしの役割を果たします。インナーテントの素材に通気性のよいTC素材を採用しており、結露しにくく快適に過ごせます。

  • メーカー参考価格:49,000円
  • 定員:2人※イラスト参考
  • 使用サイズ:220×420×高さ180cm
  • 収納サイズ:約20×60×20cm
  • 重量:約5.2kg
  • 耐水圧:フライシート/2,000mm、フロアシート/3,000mm
  • 素材:フレーム/7001アルミ合金、フライシート/難燃性バルキーポリ、インナーテント/T/C、フロアシート/バルキーポリ、メッシュ/デビルブロックST(インナードア)
  • セット内容:フライシート、インナーテント、インナーフレーム、リッジフレーム、ペグ、ロープ、収納バッグ、フレーム用収納袋、ハンマー、小物袋

公式サイトでみる

LOGOS(ロゴス) ROSY ツーリングドーム

リーズナブルな価格が魅力の「ROSY」シリーズ。バックパックに収まるコンパクトな収納サイズで、ツーリングキャンプだけでなく、徒歩キャンプにもおすすめなソロ用テントです。フライシートは全面を覆わないハーフタイプ。風通しが良く熱が籠らないので、夏のキャンプでも快適です。

  • メーカー参考価格:9,800円
  • 定員:1人※イラスト参考
  • 使用サイズ:約210×100×高さ110cm
  • 収納サイズ:約12×52×12cm
  • 重量:約2.4kg
  • 耐水圧:フライシート/1,000mm
  • 素材:フレーム/グラスファイバー、フライシート/ポリタフタ、インナーシート/ポリタフタ、フロアシート/PEラミネートクロス、メッシュ/ポリエステル
  • セット内容:フライシート、インナーテント、メインフレーム、リッジフレーム、ペグ、収納バッグ、フレーム用収納袋、ハンマー、小物袋

公式サイトでみる

3人用・4人用のおすすめ8選

ファミリーや少人数のグループに適した3・4人用テント。広めの空間でゆったりくつろぎたい、ソロキャンプやデュオキャンプにもおすすめサイズです。

LOGOS(ロゴス) LOGOS ナバホ Tepee 300 セット-BB

ロゴスの人気テントシリーズ「ナバホ Tepee」。明るいカラーリングのオシャレなデザインが、キャンプ女子に人気です。こちらはテントとインナーマット、グランドシートのセット。何も買い足さずに快適なキャンプを楽しめるので、これからキャンプを始めるキャンプ初心者におすすめです。

  • メーカー参考価格:37,000円
  • 定員:大人2人+子供2人※イラスト参考
  • 使用サイズ:約300×250×高さ180cm
  • 収納サイズ:約18×52×18cm
  • 重量:約4.1kg
  • 耐水圧:フライシート/1,600mm、フロアシート/3,000mm
  • 素材:テント(ポール/7075超々ジュラルミン・フライシート/難燃性ポリタフタ・インナーテント/ポリタフタ・フロアシート/ポリタフタ・メッシュ/デビルブロックST)、インナーマット/ポリエステル・発泡ポリウレタン・PVCシート、グランドシート/PEラミネートクロス
  • セット内容:テント(フライシート、インナーテント、センターポール、ロープ、収納バッグ、ポール用収納袋、ペグ、ハンマー、小物袋)、インナーマット、グランドシート、マット用収納バッグ

公式サイトでみる

LOGOS(ロゴス) SNOOPY Tepee テント-BB

ロゴス(LOGOS)
¥31,227 (2024/03/04 04:15:09時点 Amazon調べ-詳細)

スヌーピーマニアにはたまらない、ティピ型コラボテントです。小さいお子さんも、きっと喜んでくれるはず。天井部分に取り付ける、シーリングクロスは可愛いウッドストック柄。ウッドストックと一緒に眠れる気分を味わえます。

  • メーカー参考価格:38,000円
  • 定員:大人2人+子供2人※イラスト参考
  • 使用サイズ:約250×300×高さ180cm
  • 収納サイズ:約18×52×18cm
  • 重量:約4kg
  • 耐水圧:フライシート/1,600mm、フロアシート/3,000mm
  • 素材:ポール/スチール、フライシート/難燃性ポリタフタ、インナーテント/ポリタフタ、フロアシート/ポリタフタ、メッシュ/デビルブロックST(インナードア)
  • セット内容:フライシート、インナーテント、センターポール、ロープ、収納バッグ、ポール用収納袋、ペグ、ハンマー、小物袋

公式サイトでみる

LOGOS(ロゴス) LOGOS Fes Breeze 2ルーム L-BC

ロゴス(LOGOS)
¥45,000 (2024/03/04 04:15:10時点 Amazon調べ-詳細)

設営が複雑なものが多い2ルームテントですが、こちらはドームテントのように簡単に設営できます。LOGOS独自の「SUPPORT BELT SYSTEM」を採用し、力を入れずに設営可能です。前室は左右を大きく開放できるので、風通しが良く快適です。

  • メーカー参考価格:49,800円
  • 定員:4人※イラスト参考
  • 使用サイズ:約300×530×高さ175cm
  • 収納サイズ:約27×60×27cm
  • 重量:約9kg
  • 耐水圧:フライシート/1,600mm、フロアシート/1,600mm
  • 素材:フレーム/グラスファイバー、フライシート/難燃性ポリタフタ、インナーテント/ポリタフタ、フロアシート/バルキーポリ、メッシュ/デビルブロックST(インナードア)
  • セット内容:フライシート、インナーテント、インナーフレーム、リッジフレーム、ロープ、収納バッグ、フレーム用収納袋、ペグ、ハンマー、小物袋

公式サイトでみる

LOGOS(ロゴス) LOGOS Fes ツアードーム M-BC

こちらも「LOGOS Fes」の2ルームテント。2ルームテントとしては小ぶりで、テントが密集するフェス会場でも設営しやすいサイズです。「SUPPORT BERLT SYSTEM」採用により、力を入れずにフレームの差し込め可能です。力に自信のない方や女性でも、設営や撤収がラクに行えます。

  • メーカー参考価格:35,800円
  • 定員:大人2人+子供2人※イラスト参考
  • 使用サイズ:約235×415×高さ130cm
  • 収納サイズ:約18×50×18cm
  • 重量:約5.7kg
  • 耐水圧:フライシート/1,600mm、フロアシート/1,600mm
  • 素材:フレーム/グラスファイバー、フライシート/難燃性ポリタフタ、インナーテント/ポリタフタ、フロアシート/バルキーポリ、メッシュ/デビルブロックST
  • セット内容:フライシート、インナーテント、インナーフレーム、リッジフレーム、ロープ、収納バッグ、フレーム用収納袋、ペグ、ハンマー、小物袋

公式サイトでみる

LOGOS(ロゴス) Tradcanvas エアマジック ドーム M-BJ

ブランド独自の「エアマジック」機能を採用し、付属の専用ポンプで空気を入れれば90秒で設営完了。ポンプは空気の排出も可能です。別売の電動ポンプを使えば、一人での設営も可能です。小さいお子さんから目を離せないファミリーキャンプにおすすめです。

  • メーカー参考価格:64,900円
  • 定員:大人2人+子供2人※イラスト参考
  • 使用サイズ:約250×337×高さ147cm
  • 収納サイズ:約30×70×30cm
  • 重量:約7kg
  • 耐水圧:フライシート/2,000mm、フロアシート/3,000mm
  • 素材:フレーム/TPUチューブ、フライシート/難燃性ポリタフタ、インナーシート/ポリタフタ、フロアシート/ポリタフタ、メッシュ/ポリエステル
  • セット内容:フライシート、インナーテント、エアポンプ、ロープ、収納バッグ、ペグ、ハンマー、小物袋

公式サイトでみる

LOGOS(ロゴス) neos PANEL Breeze 2ルーム L-BC

ファミリーキャンプ向けのシリーズ「neos」。落ち着いたダークグリーンの色合いがかっこいい、2ルームテントです。ブランド独自機能「パネルシステム」搭載。フロントパネルに交差したポールを配置し、テント全体の強度を上げています。またフロントパネルは別売のポールで跳ね上げて、スペースを拡張できます。クロスしたポールが強度を高めているため、天井部分にランタンの吊り下げが可能です。

  • メーカー参考価格:72,000円
  • 定員:4人※イラスト参考
  • 使用サイズ:約305×520×高さ180cm
  • 収納サイズ:約23×60×23cm
  • 重量:約10.6kg
  • 耐水圧:フライシート/2,000mm、フロアシート/3,000mm
  • 素材:フレーム/6061アルミ(リッジフレーム)・グラスファイバー、フライシート/難燃性ポリタフタ、インナーテント/ポリタフタ、フロアシート/バルキーポリ、キャノピー/スチール、メッシュ/デビルブロックST
  • セット内容:フライシート、インナーテント、インナーフレーム、リッジフレーム、パネルフレーム、キャノピーポール、ロープ、収納バッグ、フレーム用収納袋、ペグ、ハンマー、小物袋

公式サイトでみる

LOGOS(ロゴス) ROSY オーニングドーム Mプラス-BB

リーズナブルなROSYシリーズの2ルームテント。フロントパネルは別売のポールで跳ね上げ可能で、タープ要らず。テーブルやチェアなど、いろいろ揃えなければならないファミリーキャンプデビューにおすすめです。

  • メーカー参考価格:22,000円
  • 定員:大人2人+子供2人※イラスト参考
  • 使用サイズ:約210×405×高さ144cm
  • 収納サイズ:約15×横53×高さ15cm
  • 重量:約4.6kg
  • 耐水圧:フライシート/1,000mm
  • 素材:フレーム/グラスファイバー、フライシート/ポリタフタ、インナーテント/ポリタフタ、フロアシート/PEラミネートクロス、メッシュ/ポリエステル
  • セット内容:フライシート、インナーテント、インナーフレーム、リッジフレーム、ロープ、収納バッグ、フレーム用収納袋、ペグ、ハンマー、小物袋

公式サイトでみる

LOGOS(ロゴス) LOGOS LAND Tepee 350

テーマパーク「ロゴスランド」をモチーフとした「ロゴスランド柄」がオシャレなティピ型テント。フライシートには空気を循環させるベンチレーションと、寒さや虫をブロックするマッドスカート付きで、一年中快適にキャンプを楽しめます。

  • メーカー参考価格:49,800円
  • 定員:大人4人+子供2人※イラスト参考
  • 使用サイズ:約350×300×高さ180cm
  • 収納サイズ:約24×72×24cm
  • 重量:約6.1kg
  • 耐水圧:フライシート/2,000mm、フロアシート/3,000mm
  • 素材:ポール/スチール、フライシート/難燃性バルキーポリ、インナーテント/ポリタフタ、フロアシート/ポリオックス、メッシュ/デビルブロックST
  • セット内容:フライシート、インナーテント、センターポール、ロープ、収納バッグ、ポール用収納袋、ペグ、ハンマー、小物袋

公式サイトでみる

5人用・6人用のおすすめ8選

ファミリーキャンプやグループキャンプにおすすめの5・6人用テント。空気を入れて簡単設営できるテントや、3ルームとして使える製品をピックアップしました。

LOGOS(ロゴス) プレミアム PANELグレートドゥーブル XL-BJ

ハイスペックな上級ライン「プレミアム」シリーズの2ルームテントです。フレームには、軽量で耐久性の高いジェラルミン製を採用。使用回数を重ねても、破損しにくくなっています。フロントのパネルは、ポールで跳ね上げてキャノピーとしてスペースを拡張。キャノピーにした状態で、別売りの「プレミアム デビルブロックルーム EX-BC(グレートドゥーブルXL-BJ用)」を装着すると、3ルームテントとしても使えます。

  • メーカー参考価格:140,000円
  • 定員:大人4人+子供2人※イラスト参考
  • 使用サイズ:約290×653×高さ210cm
  • 収納サイズ:約34×72×34cm
  • 重量:約19.6kg
  • 耐水圧:トップシート/3,000mm、フライシート/3,000mm、フロアシート/10,000mm
  • 素材:フレーム/7075超々ジュラルミン・6061アルミ、キャノピー/スチール、トップシート/ヘビーポリオックス、フライシート/難燃性バルキーポリ、インナーテント/ポリタフタ、フロアシート/へビーポリオックス、メッシュ/デビルブロックEX(フライシート)
  • セット内容:フライシート、インナーテント、トップカバー、カーセット用ジョイント、メインフレーム(インナーテント側)、サブフレーム(リビング側)、リッジフレーム、パネルフレーム、キャノピーポール、ペグ、ロープ、収納バッグ、フレーム用収納袋、ハンマー、小物袋

公式サイトでみる

LOGOS(ロゴス) グランベーシック エアマジック PANELトンネルドーム XL-BJ

上級ライン「グランベーシック」シリーズの2ルームテント。エアマジック機能が搭載されており、ポンプで空気を注入すると、約7分で設営可能です。目の離せない小さいお子さんとのファミリーキャンプにおすすめです。インナーテントの入口部には、小物を入れられる4つのポケット付き。小物の置き場に困りがちなキャンプで活躍します。

  • メーカー参考価格:168,000円
  • 定員:大人4人+子供2人※イラスト参考
  • 使用サイズ:約300×625×高さ200cm
  • 収納サイズ:約48×94×45cm
  • 重量:約28kg
  • 耐水圧:フライシート/3,000mm、フロアシート/5,000mm
  • 素材:フレーム/TPUチューブ(適正psi値 5~6psi)・6061アルミ、フライシート/難燃性ポリオックス、インナーテント/ポリタフタ、フロアシート/ポリオックス、メッシュ/デビルブロックST(フライシート)
  • セット内容:フライシート(エアチューブ内蔵)、インナーテント、パネルフレーム、リッジフレーム、キャノピーポール、ペグ、エアポンプ、ロープ、収納バッグ、フレーム用収納袋、ハンマー、小物袋

公式サイトでみる

LOGOS(ロゴス) Tradcanvas エアマジック ドーム XLセット-BJ 

エアマジック機能が搭載された「ドーム型テント」と「テントマット」と「グランドシート」のセットです。何も買い足さずに快適な就寝スペースが作れます。大人数で寝られるゆったりサイズですが、空気の注入は約90秒と非常にスピーディー。設営に時間のかかるキャンプ初心者におすすめです。

  • メーカー参考価格:オープン価格
  • 定員:大人4人+子供2人※イラスト参考
  • 使用サイズ:テント/約310×405×高さ190cm、テントマット/約260×260cm、グランドシート/250×250cm
  • 収納サイズ:テント/約32×横75×高さ32cm、シート&マット/約24×54×21cm
  • 重量:テント/約9kg、シート&マット/約3.1kg
  • 耐水圧:テント(フライシート/2,000mm・フロアシート/3,000mm)
  • 素材:テント(フレーム/TPUチューブ【適正psi値 5~6psi】・フライシート/難燃性ポリタフタ・インナーテント/ポリタフタ・フロアシート/バルキーポリ・メッシュ/ポリエステル)、テントマット(ポリエステル・発泡ポリウレタン・PVCシート)、シート/PEラミネートクロス
  • セット内容:テント(フライシート、インナーテント、エアポンプ、ペグ×13、ロープ×4、収納バッグ、フレーム用収納袋、ハンマー、小物袋)、テントマット、グランドシート、マット用収納バッグ

公式サイトでみる

LOGOS(ロゴス) neos PANEL スクリーンドゥーブル WXL-BC

家族6人が横並びで寝られる、WXLサイズの2ルームテントです。より広々とした、ゆったり空間を楽しめます。フロントパネルはポールで跳ね上げてキャノピーに。さらに広い空間を作れます。フロントパネルは車との連結も可能。さらに使い方のバリエーションが広がります。

  • メーカー参考価格:110,000円
  • 定員:大人4人+子供2人※イラスト参考
  • 使用サイズ:約380×680×高さ200cm
  • 収納サイズ:約55×65×23cm
  • 重量:約17.4kg
  • 耐水圧:フライシート/2,000mm・フロアシート/3,000mm
  • 素材:フレーム/7001アルミ・グラスファイバー、フライシート/難燃性ポリタフタ、インナーテント/ポリタフタ、フロアシート/バルキーポリ、キャノピー/スチール、メッシュ/
  • デビルブロックST(フライシート)
  • セット内容:フライシート、インナーテント、カーセット用ジョイント、メインフレーム(インナーテント側)、サブフレーム(リビング側)、パネルフレーム、キャノピーポール、ロープ、収納バッグ、フレーム用収納袋、ペグ、ハンマー、小物袋

公式サイトでみる

LOGOS(ロゴス) LOGOS ナバホ Tepee 400-BB

ブランドを代表するティピ型テント「ナバホTepee」シリーズ。大人数で寝られる400cmサイズです。明るいカラーが使われたオシャレな模様入り、さらに2mを超える高さで、目印にしやすいテントです。トイレの帰りに、お子さんも迷子になりにくくなります。

  • メーカー参考価格:39,000円
  • 定員:大人4人+子供3人※イラスト参考
  • 使用サイズ:約400×345×高さ235cm
  • 収納サイズ:約21×56×21cm
  • 重量:約5.8kg
  • 耐水圧:フライシート/1,600mm、フロアシート/3,000mm
  • 素材:ポール/7075超々ジュラルミン、フライシート/難燃性ポリタフタ、インナーシート/ポリタフタ、フロアシート/ポリタフタ、メッシュ/デビルブロックST(インナードア)
  • セット内容:フライシート、インナーテント、センターポール、ロープ、収納バッグ、ポール用収納袋、ペグ、ハンマー、小物袋

公式サイトでみる

LOGOS(ロゴス) Tradcanvas Vポール Tepee400-BA

ロゴス(LOGOS)
¥25,000 (2024/03/04 04:15:17時点 Amazon調べ-詳細)

こちらも400cmサイズのティピ型テントです。ワンポールではなく、珍しいV字ポール採用。中にセンターポールが無いことで、制約なくスペースを利用できます。

  • メーカー参考価格:59,800円
  • 定員:大人4人+子供3人※イラスト参考
  • 使用サイズ:約400×445×高さ230cm
  • 収納サイズ:約25×70×25cm
  • 重量:約10.3kg
  • 耐水圧:フライシート/2,000mm・フロアシート/3,000mm
  • 素材:フレーム/スチール、フライシート/難燃性バルキーポリ、インナーシート/ポリタフタ、フロアシート/ポリオックス、メッシュ/ポリエステル
  • セット内容:フライシート、インナーテント、フレーム、ジョイント付きフレーム、ペグ、ロープ、収納バッグ、フレーム用収納袋、ハンマー、小物袋

公式サイトでみる

LOGOS(ロゴス) Tradcanvas DX・PANEL オーニングプラトーテントXL

「Tradcanvas」シリーズの2ルームテント。高くせり出したフロントパネルが、日よけや目かくしの役割を果たします。パネルシステム搭載のフロントパネルは、跳ね上げてキャノピーとしても使えます。パネルシステムはテントの強度を上げ、雨水が溜まるのも防ぎます。

  • メーカー参考価格:89,000円
  • 定員:大人4人+子供2人※イラスト参考
  • 使用サイズ:約270×615×高さ185cm
  • 収納サイズ:約31×70×31cm
  • 重量:約14.6kg
  • 耐水圧:フライシート/2,000mm・フロアシート/3,000mm
  • 素材:フレーム/6061アルミ、キャノピー/スチール、フライシート/難燃性バルキーポリ、インナーテント/ポリタフタ
    、フロアシート/ポリオックス、メッシュ/デビルブロックST(インナードア)
  • セット内容:フライシート、インナーテント、インナーフレーム、リッジフレーム、パネルフレーム、キャノピーポール、ロープ、収納バッグ、フレーム用収納袋、ペグ、ハンマー、小物袋

公式サイトでみる

LOGOS(ロゴス) ROSY オーニングドーム XLプラス-BB

ロゴス(LOGOS)
¥13,305 (2024/03/04 04:15:19時点 Amazon調べ-詳細)

リーズナブルなセカンドライン「ROSY」シリーズの2ルームテント。入口が両サイドに付いており、正面からテントの奥が見えにくく、プライベートを守れます。同シリーズの「ROSY ヘキサタープセット M-BB」と連結可能。雨の日でも、テントとタープ間を濡れずに移動できます。

  • メーカー参考価格:27,500円
  • 定員:※イラスト参考
  • 使用サイズ:約270×535×高さ172cm
  • 収納サイズ:約18×62×18cm
  • 重量:約6.5kg
  • 耐水圧:フライシート/1,000mm
  • 素材:フレーム/グラスファイバー、フライシート/ポリタフタ、インナーテント/ポリタフタ、フロアシート/PEラミネートクロス、メッシュ/ポリエステル
  • セット内容:フライシート、インナーテント、インナーフレーム、リッジフレーム、ロープ、収納バッグ、フレーム用収納袋、ペグ、ハンマー、小物袋

公式サイトでみる

大人数用のおすすめ2選

大人数でのキャンプや、リビングと就寝スペースを一つの空間で作りたい場合は、大型ドームがピッタリです。設営や撤収が簡単な、2つの大型ドームを紹介します。

LOGOS(ロゴス) どんぐり PANELドーム 290-BC

名前の通り、12枚のパネルで構成されているテントです。パネル中心の紐を引っ張っていけば、あっという間に大型ドームが完成します。天井部には望遠鏡を出せる「スコープウインドウ」付き。星のきれいな冬の天体観測も、寒さに凍えずにすみます。

  • メーカー参考価格:158,000円
  • 定員:大人5人+子供2人※イラスト参考
  • 使用サイズ:290×290×高さ220cm
  • 収納サイズ:約24×横91×高さ24cm
  • 重量:約15.4kg
  • 耐水圧:トップカバー/2,000mm、フライシート/2,000mm
  • 素材:フレーム/ソリッドグラスファイバー、ジョイント/アルミ、トップカバー/難燃性ヘビーポリオックス、フライシート/難燃性ヘビーポリオックス、メッシュ/ポリエステル
  • セット内容:本体、トップシート、ロープ、ペグ、収納バッグ、ハンマー、小物袋

公式サイトでみる

LOGOS(ロゴス) グランベーシック スペースベース・デカゴン-BJ

上級ライン「グランベーシック」の大型ドームテント「スペースベース・デカゴン」。直径6m、高さ3mの広々空間で、大人数でのキャンプも可能です。車やデカゴン同士での連結もでき、さまざまな使い方が楽しめます。

  • メーカー参考価格:320,000円
  • 定員:記載なし
  • 使用サイズ:約610×675×高さ295cm
  • 収納サイズ:約37×147×37cm
  • 重量:約34kg
  • 耐水圧:3,000mm
  • 素材:フレーム/グラスファイバー、キャノピー/スチール、フライシート/難燃性ポリオックス、メッシュ/デビルブロックEX
  • セット内容:本体、連結用タープ、カーセット用ジョイント、パネルフレーム、キャノピーポール、ロープ、連結用ロープ、ペグ、収納バッグ、フレーム用収納袋、ハンマー、小物袋

公式サイトでみる

『ロゴス』テントの立て方・たたみ方

ロゴスのテントの魅力は、ブランド独自の機能が付いている点です。中でも設営や撤収を簡単にする機能付きのテントは、初心者キャンパーやお子さんから目を離せないファミリーキャンパーの強い味方となります。

QUICK SYSTEM

ブランド独自の設営機能「QUICK SYSTEM」。シートとフレームが一体化しており、折り畳まれたフレームを伸ばしていくことで設営します。撤収時はフレームのロックを外して、再び折り畳んでいきます。大型ドーム「デカゴン」や「オクタゴン」シリーズに搭載されており、大型テントでも5分ほどで設営完了です。

同様の機能は大型ドーム「どんぐり」シリーズにも搭載。12個のパネルで構成されている「どんぐり」は、パネル中心部の紐を引いていくだけで設営ができます。

エアマジック

フレームの代わりにエアチューブを内蔵した「エアマジック」機能。付属のポンプ(手動)で空気を注入するだけで設営が完了します。大型の2ルームテントでも、約7分で設営完了します。別売りの電動ポンプを使えば、半自動で設営が可能です。

『ロゴス』テントを快適に使用するためのアイテム

ロゴスのテントを使う際は、いくつかのアイテムをプラスすることで、さらに快適な空間を作れます。特におすすめなのが「テントマット」や「グランドシート」、そして「タープ」です。それぞれのアイテムのメリットやおすすめ製品を紹介していきます。

テントマット・グランドシート

インナーシートやインナーテントが付属しているテントであれば、寝袋でそのまま寝ることも可能です。しかし地面がデコボコしていたり、固かったりすると、かなり寝心地や居心地が悪くなります。厚手の「テントマット」を敷くことで、地面のデコボコや固さが気にならなくなり、睡眠や居心地が快適になります。またテントマットは地面からの冷えを防ぐので、冬キャンプの寒さ対策としても有効です。

「グランドシート」にも複数の役割があります。まずは雨天時の水の侵入を防ぐこと。次にテントの汚れや破損を防ぐこと。テントの汚れを防ぐことで、帰宅後の手入れがぐっと楽になるメリットもあります。さらにテントマット同様、地面の冷えを防ぎ寒さ対策にも有効です。

無くてもなんとかなるのが「テントマット」や「グランドシート」ですが、使うことでテントの使い心地が格段にアップします。

LOGOS(ロゴス) テントマット&シート・XL

ロゴスのドームテント・2ルームテントのXLサイズに適したテントマットとグランドシートです。テントマットは発泡ウレタンを内蔵した三層構造で、程よいクッション性があります。グランドシートは、テントの床面積よりも小さいサイズで、雨が横から侵入しにくくなっています。

  • メーカー参考価格:22,500円
  • 使用サイズ:マット/約260×260cm、シート/約250×250cm
  • 収納サイズ:約24×54×21cm
  • 重量:約3.1kg
  • 素材:マット/(表面)ポリエステル・(内部)発泡ポリウレタン・(裏面)PVCシート、シート/PEラミネートクロス
  • セット内容:インナーマット、グランドシート、マット用収納バッグ

公式サイトでみる

LOGOS(ロゴス) Tepee マット&シート350

ロゴス(LOGOS)
¥14,000 (2024/03/04 04:15:22時点 Amazon調べ-詳細)

ロゴスの350cmサイズのティピ型テントに適した「インナーマット」と「グランドシート」のセット。インナーマットは切込み付きなので、センターポールを立てた後からでもセッティング可能です。

  • メーカー参考価格:21,000円
  • 使用サイズ:マット/約330×275cm、シート/約330×280cm
  • 収納サイズ:約30×50×24cm
  • 重量:3.5kg
  • 素材:マット/(表面)ポリエステル・(内部)発泡ポリウレタン・(裏面)PVCシート、シート/PEラミネートクロス
  • セット内容:インナーマット、グランドシート、マット用収納バッグ

公式サイトでみる

さらに詳しくテントマットの選び方やおすすめテントマットを知りたい方は、以下の記事もチェックしてみてください。

テント泊用マットおすすめ30選!選ぶポイントや外付け収納法も解説

テント泊用マットおすすめ30選!選ぶポイントや外付け収納法も解説

2023年05月31日

タープ

タープは雨除けになるだけでなく、日差しを防いで涼しい空間が作れます。ドームテントやティピ型テントなど1ルームのテントは、リビングスペースとなるタープを併用し、快適空間を作りましょう。

LOGOS(ロゴス) Tradcanvas ブリッジソーラーヘキサタープセット-BB

シートの裏側に、ソーラーブロック加工された生地を使用。UV-CUT率99.9%以上、遮光率100%で、しっかり日差しを遮り、日向との温度差マイナス15℃の快適空間を作ります。変則的な五角形で、ティピ型テント「Tradcanvas VポールTepee400」などとの連結が可能です。

  • メーカー参考価格:29,000円
  • 対応人数/4人
  • 使用サイズ:シートサイズ/570×435cm、ポール高さ(最長)/280cm
  • 収納サイズ:約16×66×11cm
  • 重量:約4.2kg
  • 耐水圧:2,000mm
  • 素材:ポール/スチール、シート/難燃性バルキーポリ
  • セット内容:シート、スロープポール、ポール固定用ロープ、ロープ、収納バッグ、ポール用収納袋、ペグ、ハンマー、小物袋

公式サイトでみる

LOGOS(ロゴス) neos ヘキサタープセット L-BB

6人がくつろげる、ゆったりサイズのタープです。落ち着いたダークグリーンカラーで、しっかり濃い影を作ります。ポールやロープを通せるグロメットを10か所に配置。さまざまなアレンジの張り方を楽しめます。

  • メーカー参考価格:24,800円
  • 対応人数/6人
  • 使用サイズ:シートサイズ/570×500cm、ポール高さ(最長)/280cm
  • 収納サイズ:約18×58×18cm
  • 重量:約4.7kg
  • 耐水圧:2,000mm
  • 素材:素材:ポール/スチール、シート/難燃性ポリタフタ
  • セット内容:シート、スロープポール、ポール固定用ロープ、ロープ、収納バッグ、ポール用収納袋、ペグ、ハンマー、小物袋

公式サイトでみる

次の記事ではタープの選び方やおすすめタープを、さらに詳しく紹介しています。

タープのおすすめ商品15選!選ぶ前にチェックしたいポイントも紹介

タープのおすすめ商品15選!選ぶ前にチェックしたいポイントも紹介

2022年11月29日

『ロゴス』テントの店舗

ロゴスのテントは、ロゴスのオンラインショップやAmazonや楽天市場などのECショップで購入できます。

さらに、全国に展開しているのロゴスショップでも購入可能です。多くのロゴスショップでテントデモ(展示)を行っているので、設営したテントを見てみたいという方は、ショップに足を運んでみてはいかがでしょうか。公式サイトの各店舗情報には、テントデモが見られるか記載があるので、そちらを参考にするとよいでしょう。

またロゴスショップは、アウトレットモールにも多数出店しています。アウトレットモールの店舗では、新作だけでなく、アウトレット商品も多数販売。お得にロゴス商品をゲットしたい方は、ぜひアウトレットモールのロゴスショップも覗いてみてくださいね。

『ロゴス』テントは修理可能?

過酷な環境のアウトドアで使用するキャンプ道具は、使用しているうちに破損してしまうこともあります。ロゴスのテントが破損した場合は、修理やパーツの交換は可能でしょうか。

ロゴスではアフターサービスとして、ロゴス製品の修理やパーツの販売を行っています(※有料)。公式サイトで、修理の申し込みやパーツの購入、修理代の確認などが可能です。

公式サイトでみる

自分のスタイルに合わせて『ロゴス』テントを選ぼう!

品質が確かで、多彩なデザインのキャンプギアが揃うアウトドアブランド「ロゴス」。初心者でも使いやすい製品が多く、特にファミリー層や女性から支持を集めています。

ロゴスのテントは、ブランド独自機能が多数搭載されている点も大きな魅力の一つです。ぜひ豊富なロゴステントのラインナップから、キャンプスタイルにピッタリの一つを見つけて、オシャレに快適にキャンプを楽しんでくださいね。

SHARE

PROFILE

FUNQスタッフ

FUNQスタッフ

「好き、を生きよう」を地で行く、FUNQスタッフ。 初心者から上級者まで、知りたい情報をわかりやすくお届けしています。

FUNQスタッフの記事一覧

「好き、を生きよう」を地で行く、FUNQスタッフ。 初心者から上級者まで、知りたい情報をわかりやすくお届けしています。

FUNQスタッフの記事一覧

No more pages to load