お腹の出た我々でも気軽に乗れるイタリアンバイク登場!【ドゥカティ・スクランブラー】

イタリアンバイクのドゥカティが新しい分野に挑戦

ちょっとバイクに詳しい人ならご存じの通り、バイク界のフェラーリとでもいうべきイタリアンバイクの雄ドゥカティといえば、スポーツモデルがラインナップの中心。

しかし、超スパルタンなスポーツモデル中心で、ちょっとお腹の出た我々オジサンには厳しい。

そんなドゥカティに、我々でもカッコよく街中で乗れそうなモデル『スクランブラー』が登場した。

気軽に街中で乗れそうなフォルムと性能

気軽に街中でも乗れそうな楽なポジション。レーシングスーツでなく、カジュアルな革ジャンが似合いそうなクラシカルなフォルム。

もちろん、エンジンは伝統のデズモドローミック90度Lツイン。でも、803cc、75馬力だから、それほど途方もないバケモノではない。とはいえ、十分にビッグバイクらしい迫力も味わえる。
(ちなみに旗艦のパニガーレは175馬力)

マフラーや外装に手を加えるカスタムべースになりそうなフォルムも楽しげ。お値段も99万9500円~と、ドゥカティにしては破格の安さ(ちなみに前述のパニガーレSは約300万円)。

これを機会に、イタリアンバイクデビューしてはいかが?

(村上タクタ)

SHARE

PROFILE

FUNQ

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

RIDERS CLUB TOPへ

No more pages to load