囲碁の人工知能の次は、バイクライディングにロボットが挑戦!? 【ヤマハ MOTOBOT】

複雑な操作をしつつ、デリケートなバランスを取る『バイクのライディング』は、非常に高度なテクニックを必要としており、ある意味『人間だからこそ』可能なアートだと思っていた。

が、ヤマハの開発するMOTOBOTはその常識を覆そうとしている。

そのMOTOBOTが開発の目標としているのが、世界最高峰、モトGPでメーカーを渡りながら6つの世界チャンピオンを取った天才ライダー、バレンティーノ・ロッシだ。

ヤマハが公開した動画では、その開発中のMOTOBOTとバレンティーノ・ロッシの遭遇が描かれている。

サーキットを走る、MOTOBOTにロッシが気付いて『なんだ、ありゃ!?』というシーンから動画は始まる。

01 のコピー

乗ってるバイクはヤマハR-1M。バレンティーノ・ロッシがモトGPで駆るレーシングマシンYZR-M1をモデルにした約300万円ほどで販売されるストリートバイクだ。そのR-1Mを、MOTOBOTはもう乗りこなしている。

02 のコピー

世界チャンピオンが驚くのは無理もない。

03 のコピー

ピットインしてきた、MOTOBOT+R-1Mにロッシが語りかける。

04 のコピー

ロッシは、MOTOBOTについて、技術者にいろいろと質問をする。

05 のコピー

MOTOBOTは、なんと2017年(つまり来年だ!)までに、時速200km/hでサーキットを走れるようになるのが目標だという。

06 のコピー

そして、その先のMOTOBOTの究極の目標は、ライディングで世界の頂点バレンティーノ・ロッシに勝つ事だという。『挑戦させていただけるのなら、サインを』と技術者は言う。

07 のコピー

ロッシはMOTOBOTの頭部にサインをして、「データを取るかい?」とMOTOBOTに気軽に語りかける。

08 のコピー

囲碁の世界では人間のやることに人工知能が追い付きつつある。バイクの世界でも。バレンティーノ・ロッシにロボットが追い付き、そして追い越していく……なんてことが起こるのだろうか? その場合、ロボットはモトGPでシャンペンファイトを行なうのだろうか……?

09 のコピー

今のところ、このバレンティーノ・ロッシの美しいライディングに、ロボットが敵うとは思えない。が、まったく同じ条件で走ることもできるし、延々と何百周走っても疲れないし、万一の時に人命に危険が及ぶわけでもないから、タイヤテストやサスペンションのテストなどでは非常に役に立つのではないだろうか? MOTOBOTの進化が楽しみだ。

(村上タクタ)

SHARE

PROFILE

FUNQ

趣味の時代に読むメディア

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

RIDERS CLUB TOPへ

No more pages to load