日本のチームが、耐久レースの世界タイトルを獲得!! 【BRIDGESTONE×EWC】

予選のトップ10にTSRの名前がなかった理由

鈴鹿8耐ウィークの土曜日(今年は7月28日)に開催される「トップ10トライアル」は、鈴鹿8時間耐久ロードレースの見せ場のひとつになっている。

前日、金曜日の公式予選で10位以内につけたチームだけが参加でき、1周のタイムアタックで決勝のスターティンググリッドを決める。今年は台風12号の影響で、上位10チームによる計時予選形式となったが、それでも「純粋に速さを競い合うタイムアタックセッション」は大いに注目を集めた。

その出走チームリストの中に、「F.C.C.TSR Honda France」の名はなかった。

藤井正和監督が率いるTSRは、鈴鹿8耐で常に表彰台を競うトップチームの一角であり、’06年、’11年、そして’12年と3度の総合優勝を果たしている。’11年から始まったトップ10トライアルには、昨年まで7年連続で全年出走していた。しかし今年の公式予選の結果は、12位。トップ10トライアルの出場権を得られず、連続出走記録は7で途絶えた。

だが藤井監督は、そのことをまったく気にしていなかった。「予選のターゲットは11位だったんだ。12位に終わったのはちょっと残念だけどね」と言うのだ。予選で11位を狙う。つまりT SRは、最初からトップ10トライアル出場をめざしていなかった。

「今回の我々の目標は、あくまでもEWC(世界耐久選手権)でチャンピオンになること。トップ10トライアルに出れば王座獲得って話ならもちろん狙うけど、まったく関係ないからね」と、藤井監督は笑った。

チャンピオン獲得の障壁になるなら、速ささえいらない

鈴鹿8耐は国内最大の二輪レースである。総合優勝争いは、例年、国内メーカーのファクトリーチーム、もしくは国内メーカーとの連携が強いサテライトチームによって、極めて高い次元で繰り広げられる。「8時間のスプリントレース」と称されるほどハイスピードな展開だ。

その一方で鈴鹿8耐は、EWCの最終戦という位置づけでもある。EWCにフル参戦している欧州中心のチーム群は、総合優勝狙いの「国内限定チーム」よりは少しばかり遅いペース、少しばかり下位のポジションで、シーズンを通した戦いを展開しているのだ。

つまり鈴鹿8耐では、総合優勝争いとEWCのランキング争いが、2層で展開していることになる。そして今回のTSRは、「EWCフル参戦チーム」のひとつであり、日本国籍チーム初のタイトル獲得を目前にして、鈴鹿サーキットに乗り込んでいた。

202

第1戦ボルドール24耐、6位。第2戦ルマン24耐、優勝。第3戦スロバキア8耐、3位。第4戦オッシャースレーベン8耐、優勝。4戦で146ポイントを獲得していたTSRは、「GMT94 YAMAHA」に10点差をつけ、王座にもっとも近いチームとして第5戦鈴鹿8耐に臨んでいたのである。

だからTSRは、トップ10トライアルに出走する必要も、総合優勝を狙う必要もなかった。決勝レースで、GMT94との一騎打ちに勝ちさえすれば、それでよかった。

「『トップ10トライアルに出走できないこと』について、すごく聞かれるんだよね。オレ、逆に聞きたいんだ。『トップ10トライアルに出走して頑張ったからって、何が得られるの?』って」と藤井監督は言った。

得られるものは、ある。上位のスターティンググリッド。多くの二輪レースファンからの注目。そして、ライダーとチームの自尊心が満たされるということ……。

だがそれらはすべて、「今回は要らないもの」だ。欲しいものはただひとつだけ、世界一の座だった。

絶対に崩したくなかった三位一体のバランス

バイクレースにおける「速さ」は、リスクを高めることでもある。藤井監督は徹底的にリスクを退けた。レースが終わった時に、GMT94より1点でも多いポイントを獲得していること。目的はそれだけだった。

「耐久レースで勝つために必要なのは、ライダー、マシン、チームの3要素の力が揃っていること。何かひとつが突出していてもダメ。何かひとつが劣っていてもダメ。いびつな三角形では絶対に勝てないんだ。ライダー、マシン、チームでキレイな正三角形を作らなくちゃいけない」

ブリヂストンのスタッフから「ル・マン24耐に出ない?」と言われ、「よし、出るよ」と参戦開始して以降、3年をかけてEWCを14レース戦ってきた藤井監督。彼が得た勝利への方程式は、三位一体のバランスだった。そして「速さをアピールして自尊心を満たす」ことは、バランスを保つために控えるべき要素だった。

303

勝利に貪欲であること、徹底的に突き詰めること

7月29日午前11時半にスタートした決勝レースでも、藤井監督はバランスを保つことに徹した。コンディションが目まぐるしく変わり、セーフティーカーがたびたび導入される難しいレース。国内の主力チームがトップ争いを演じる中、TSRは決して目立ったわけではなかった。

それも、藤井監督の狙いだった。要するにランキング2位のGMT94の前にさえいればよかった。1時間経過時点でこそ、GMT94が13番手、TSRは15番手だったが、以降1時間毎のポジションは6番手、5番手、5番手、6番手、5番手と、いずれもGMT 94の前だった。

404

そして8時間を経過しゴールを迎えた時、TSRは5位、GMT94は6位でチェッカーフラッグを受けた。その結果、TSRは狙い通り、EWC’17-’18シーズンの王座に就いたのである。

TSRは日本国籍のチームだが、ライダーはオーストラリア人のジョシュ・フック、そしてフランス人のフレディ・フォレイとアラン・テシェの3人だ。日本人はいない。EWCのシーズンを勝ち抜くための、ある意味ではドライな人選だった。

一方でマシンはホンダCBR1000RR SP2、そしてタイヤはブリヂストンと、あくまでも日本ブランドにこだわった。これもまた、勝つために必須の選択だった。あくまでも、勝つために。すべては、勝つために。チャンピオンを獲得するためだけにTSRは鈴鹿8耐に参戦し、それを成し遂げたのだ。

「結局は、人。ひとりでは何もできない。オレには人が必要なんだよ」と藤井監督は言う。ドライにすべてを割り切っているようでいて、人の輪の中にいることに喜びを感じている。

EWCへの参戦を決めたのは、ブリヂストンの開発スタッフの「出ない?」という一言だった。EWCチャンピオンを獲りたかったのは、みんなで喜びを分かち合いたかったからだ。

505

606

みんなで喜びを分かち合う
その瞬間に、すべてが報われる

藤井監督を中心とした歓喜の輪には、ブリヂストンの山田宏さんもいた。TSRとともに勢いで世界GPにフル参戦したのは’91年のことだ。27年後の今年、TSRとともに世界の頂点に立ったのだから、感激はひとしおだった。

互いに「ありがとう!」と言いながら肩を抱き合った。レースを勝つためには、冷静を極めた戦略立てが必要だ。だが、それだけでは足りない。人を巻き込むパワフルな情熱。その熱量こそが、不可欠なのだ。

(出典:『ライダースクラブ 2018年10月号 Vol.534』

(ライダースクラブ編集部)

SHARE

PROFILE

FUNQ

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

RIDERS CLUB TOPへ

No more pages to load