204馬力のカワサキNinja ZX-10R、ワールドプレミア参加の小川編集長からレポート!

カワサキのバイクの中で、もっともスポーティなモデルであるNinja ZX-10Rシリーズがモデルチェンジを受け、RIDERS CLUB誌の小川編集長がワールドプレミア会場である大分県の阿蘇山近くにあるオートポリスに行ってる。

こちらでは、小川編集長のファーストインプレッションをお届けする予定だが、まずは試乗の前日、全日本ロードレースの会場でのアンベールの様子をレポートしていただこう。

『カワサキのスーパースポーツNinja ZX-10Rシリーズがモデルチェンジ。全日本ロードレース選手権のオートポリスラウンドで世界初披露された。デモランをもってアンベールを務めたのは、ワールドスーパーバイクで3度のタイトルを獲得し、今シーズンもランキングトップをいくジョナサン・レイ選手。その後レイ選手は、Ninja400ワンメイクレースの先導を務めたり、柳川明選手とトークショーをしたりとファンサービス。

_DSC041201

2019年モデルとなるZX-10RシリーズはZX-10R、ZX-10RR、ZX-10R SEの3モデルを用意。主な変更点はエンジンで、全モデルにフィンガーフォロワーバルブシステムを採用。クランクマスも軽減している。また、RRにはチタニウム製のコンロッドとハイリフトカムシャフトを採用。その結果、RとR SEは203ps、RRは驚異の204psを発揮している。

_MG_006901
(レーストラック上でZX-10Rがお披露目された。)

シャシーに大きな変更はないが、エンジンを見直すことでハンドリングを磨き、すべてはレースで勝つために進化。その他、SEにはショーワ製の電子制御サスペンションを採用。クイックシフトは、Rはアップのみだが、RRとR SEはアップ&ダウンに対応。RRとR SEにはマルケジーニ製のアルミ鍛造ホイールを採用するなど、WSB最強をさらに固めるための進化を感じられる。日本仕様は来春デビューとの予定だ。

_E6R007601

(8耐でも圧倒的スピードを見せたジョナサン・レイ選手)

いよいよ明日は試乗。そのポテンシャルを体感してきます!

ライダースクラブ
編集長・小川 勤』

明日からの試乗レポートが楽しみだ。

WorldSBK_2018_0501
(スーパーバイク世界選手権で、ZX-10を駆るジョナサン・レイ選手)

10RR01
(ついに発表されたZX-10シリーズ。RRはなんと204馬力を発揮する)

(出典:『RIDERS CLUB 2018年10月号 Vol.534』

SHARE

PROFILE

FUNQ

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

RIDERS CLUB TOPへ

No more pages to load