<KAWASAKI Z900RSカスタムファイル>Zをオマージュした伝統のスタイル/ドレミコレクション

世界のバイクファンに向け、Z900RSがアンベールされた2017年の東京モーターショー。カワサキブースの壇上には、純正のバイクと共に3台のカスタム車両が並んでいた。“カワサキ=カスタム”という伝統を継承するため、秘密裏に準備が進められていたのだ。

そのうちの1台を手掛けたのが、ドレミ。カワサキと言えばZ1、Z2。その直球な憧れにZ900RSで真っ向から挑む。コンセプトこそシンプルだが、先達の偉大さゆえにカスタムのハードルは逆に高まる。その難題を、Zを愛する武さんの情熱とドレミが積み重ねたノウハウで乗り越えた。

Z1、Z2に憧れるライダーに向けたZ900RSカスタム

「現代の新車は速くて乗りやすくて当然。だからバイクを手に現入れる時は性能より『カッコ良さ』を気にするんじゃないですか」とドレミコレクション代表の武さん。ドレミコレクションはコスプレ屋ですから、と謙遜するが、今回のカスタム車を製作する際に、大きな懸念もあったという。

「例えばこれまでに販売しているゼファー750用の外装パーツは、手前味噌ですが非常に良くできていると思います。しかしZ900RSをZ風にカスタムして、果たしてZ1やZ2に憧れているライダーが、素直に受け入れてくれるプロポーションを作ることができるるのか? その不安はありました」

ゼファーのカスタムで積み上げたノウハウ

しかし、ドレミコレクションはZ系に関して百戦錬磨。ゼファーのカスタムで積み上げた膨大なノウハウも持っている。

「長めのテールカウルやZ2タイプのサイドカバーは、もちろん専用設計です。本物のリプロダクツパーツやゼファー用を加工して装着しても、こんなプロポーションにはなりません。またエンジン周りのボリュームを増すために、わざとポイントカバーを張り出させ、フレームにはダウンチューブ風のエンジンガードも装着して燃料タンクとのバランスを最適化しました。この辺りはゼファーのパーツを製作した際の経験が大きいです」

'70 ~'80年代のカワサキワークスを彷彿させるベイツのレザースーツ。武さんはこのツナギでイベントレースにも参戦する根っからのカワサキフリーク

バイクをカッコよくする楽しみ

そしてペイントやグラフィック、4本出しのマフラーやモーリスマグの18インチホイールによって、70~80年代のAMAレースで活躍したZを色濃くオマージュする。ヘッドライトやウインカー、テールランプなどの保安部品はZ2タイプだが、すべてLED化。そしてライディングステップやエンジンハンガーなどは、あえてアルミ削り出しの現代風パーツを装着して、カスタム感の高さを演出する。

「バイクを買ったら、このパーツを付けて、こんな感じにしたらカッコいいだろうな?って、イメージを膨らませるじゃないですか。でも最近のバイクは、そんな楽しみがちょっと少なくなってしまった気がします。だからZ1やZ2みたいな旧車やゼファーに人気がシフトしていたと思うんです。だけど今回のZ900RSは、久々にかつてのワクワクを感じさせる新車です!」

そう語る武さんの頭の中には、いろいろなカタチで楽しむZ900RSの未来形が、すでにたくさんひしめいている。

各ディテール紹介

コンパクトな水冷エンジンに迫力を持たせるため、あえて張り出させたZ1タイプのポイントカバーや、アンダーチューブ風のエンジンガードを装備する。

前後タイヤは細身の18インチを同社のMORRIS MAGに履かせる。KRタイプのディスクやメッキフェンダーが渋い。

(左)オイルクーラー風に処理したラジエター(右)集合マフラー以前のAMAレーサーを彷彿させるアップタイプの4出しマフラー。現在はレース管だがストリート用の認証マフラーも開発中。

(左)Z2タイプのテールカウルやサイドカバーも専用品だ。(右)ステップやスプロケットガード、エンジンハンガーはアルミ削り出し。

Z1と並んでも違和感がない……というより、同じテイストを持たせた高い完成度。

ビルダー:ドレミコレクション 武 浩さん

2ストの750SS/H2でレストアとチューニングの楽しさに目覚め、Zを生業とするドレミコレクションを'87年に創業。Z系リプレイスパーツやゼファー用の外装キットなど、長きにわたりZブームを牽引する。

【DATA】
問い合わせ:ドレミコレクション
TEL:086-456-4004
http://www.doremi-co.com/

(出典:『KAWASAKI Z900RS』)

SHARE

PROFILE

RIDERS CLUB 編集部

RIDERS CLUB 編集部

1978年の創刊時から、一貫してスポーツバイクの魅力を探求し続けるオピニオンマガジン。もはやアートの域に達している、バイクの美しさを伝えるハイクオリティの写真はいまも健在。

RIDERS CLUB 編集部の記事一覧

1978年の創刊時から、一貫してスポーツバイクの魅力を探求し続けるオピニオンマガジン。もはやアートの域に達している、バイクの美しさを伝えるハイクオリティの写真はいまも健在。

RIDERS CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load