BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • トリコガイドシリーズ
  • buono
  • ei cooking
  • Yogini
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD

<KAWASAKI Z900RSカスタムファイル>Zカスタムに新風を吹き込む/モトコルセ

世界のバイクファンに向け、Z900RSがアンベールされた2017年の東京モーターショー。カワサキブースの壇上には、純正のバイクと共に3台のカスタム車両が並んでいた。“カワサキ=カスタム”という伝統を継承するため、秘密裏に準備が進められていたのだ。

そのうちの1台を手掛けたのが、モトコルセ。Zが内包するのは、男カワサキを代表する武骨なイメージだけではない。独自の美学とこだわりで“原石を磨き上げる”モトコルセの近藤さんがZ900RSの機能とスタイルを、新たな方向性で昇華させる。

いかにZとモトコルセのスタイルを融合するか

モトコルセといえば、イタリアのビモータやヴァイルスなど珠玉のマシンを扱うインポーター、そしてドウカティやMVアグスタ等を格段に高品位なコンプリートカスタムに仕上げるビルダーとして名を馳せる……ゆえに、カワサキの、しかもZ系に付随するカスタムとは距離があるようにも感じる。

「僕のバイク人生はH2(750SS)からスタートして、当時は友人のZ2にも乗りました。だからモトコルセを始めてからも、いつかはZを手掛けてみたい気持ちがありました」と代表の近藤さん。そして生まれたのが、このZ900RSだが、もっとも時間をかけたのは、いかにZとモトコルセのスタイルを融合するかだった。

「使用するパーツだけでなく、ペイントやグラフィックのカラーなど、何度もCGを製作してイメージに近づけました。そこからパーツや加工の発注を行いますので、スタッフはもちろん協力会社の皆さんにもご無理を言いました」

グラフィックや使用パーツなど、製作前に何パターンものCG画を作って完成時をイメージした。

細部に宿るモトコルセの質感の高さ

モトコルセが製作したZ900RSのフレームやスイングアームは、チタニウムゴールドのパウダーコーティングが施されている。ということは、当然ながら“全バラ”にしなければ作業することができない。モーターショーまでの限られた短い製作期間を考えると、その熱意と行動力に頭が下がる。

また、オーリンズ製の前後サスペンションやBST製カーボンホイール、レーシングマシンと見紛うばかりのブレンボ製ブレーキシステム、各部に装着されるドライカーボンのパーツなど、いわゆる高性能・高級パーツに目を奪われがちだが、モトコルセならではの質感の高さは、じつは細部にこそ宿っている。

「車体を真横から見たとき、エンジンのシリンダーとラジエター、そしてシリンダーヘッドから出たエキゾーストパイプが下に伸びる角度が、ノーマルだとバラバラなんです。もちろん性能や機能に影響しませんから乗るうえでは問題ありません。そこで今回のカスタムでは、ラジエターの取り付け角やマフラーを作る際にエキパイの角度を、シリンダーの前傾角度に合わせているんです」

そんな手間は、言われなければ気がつかないが、一見しただけで理由は分からずとも、作りの良さが間違いなく伝わってくるディテールだ。Zカスタムの新潮流が、かつてないカワサキファンの注目を集める理由がここにある。

各ディテール紹介

タンクはマットとグロスに塗り分けてクロームラインを貼り込んだモトコルセ流の火の玉。シートはラジアル状のダイヤキルトをあしらい、エンドをわずかに盛り上げ、レトロかつ豪奢な雰囲気を演出。

(左)ディスクローターはAlth製のベンチレーテッド、キャリパーはブレンボのGP4RXを装備。(右)オーリンズの倒立フォークは長さのあるイタリア車用OEMパーツをベースに新規で製作。ホイールはBST製のカーボン。

(左)リヤショックもオーリンズに換装。リンクプレートもアルミ削り出しで新規製作。(右)フェンダーステーやライトハウジング等のエクステリアパーツはもちろん、エンジンハンガーまでドライカーボンで製作。

メーターやライトハウジングはドライカーボン製に換装するが、ウインカーはバランスの良さゆえにあえてノーマルを使用。

ビルダー:モトコルセ 近藤 伸さん

’94 年に前身となるガレージ・ラボコルセをオープン。以来、イタリア車を主とした高品位なカスタムパーツやコンプリート車の開発に力を入れ、高級輸入モデルのインポーターとしても活躍している。

【DATA】
問い合わせ:モトコルセ
TEL:046-220-1611
http://www.motocorse.jp/

(出典:『KAWASAKI Z900RS』

SHARE

PROFILE

RIDERS CLUB 編集部

RIDERS CLUB 編集部

1978年の創刊時から、一貫してスポーツバイクの魅力を探求し続けるオピニオンマガジン。もはやアートの域に達している、バイクの美しさを伝えるハイクオリティの写真はいまも健在。

RIDERS CLUB 編集部の記事一覧

1978年の創刊時から、一貫してスポーツバイクの魅力を探求し続けるオピニオンマガジン。もはやアートの域に達している、バイクの美しさを伝えるハイクオリティの写真はいまも健在。

RIDERS CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load