HONDA CBシリーズの60年『1979 CB750F』

初めてCBの名を冠したバイクが登場した60年前は、群れ成すメーカーがしのぎを削るスポーツバイクの黎明期。いつの時代もCBはライバルと戦ってきた。その熱くて厚い歴史を身に纏い、CBは未来に向かって走り続ける。

1979 CB750F レーサー譲りのエンジンと流れるような新デザイン

ひしめくライバルを凌駕すべく、ワークス耐久レーサーと同時開発
そして誰も見たことが無い流れるようなスタイルを纏ったCB-Fは
メカニズムからデザインまで、近代バイクの祖といえる

ビッグバイク界を席巻したCB750Fourだが、強力なライバルも登場。72年にカワサキが発売した900スーパー4(通称Z1。翌73年には750のZ2が登場)や、76年発売のスズキGS750で、両車ともD O HCエンジンを搭載していた。

それに対抗すべくC B 7 5 0Fourも、77年のK7型(輸出モデル)まで毎年モデルチェンジを重ねた。そしてワークス耐久レーサーのRCBと同時開発したニューモデル、CB900/750Fを79年に発売した。

1気筒辺り4バルブで68㎰を発揮する新型のDOHC4気筒も魅力だが、スタイルこそ圧倒的に斬新。燃料タンクとサイドカバーが流れるように繋がるインテグレーテッド・ストリームラインと呼ばれるデザインは、現代の多くのバイクの基礎になったといえる。

CBの頂点 CB1100R


プロダクションレース用という役割もあったが、CB のフラッグシップとして君臨。’81〜’83年に生産され、絶大な人気を誇る
それまでの個々のパーツが独立したデザインから、タンクからサイドカバー、シートカウルまで連続したまったく新しい意匠
国産ライバル車のDOHC化に対し、CBFはRCBの技術をフィードバックした1気筒辺り4バルブの新型エンジンで対抗
しなやかさと高剛性を狙ったコムスターホイール。初採用はCB750Four- Ⅱだが、CB-F ではスポーク部にアルミ材を採用
リヤショックに伸び側減衰力を3段階、圧縮側減衰力を2段階で調整できるF VQダンパー。アジャスタブルサスの草分けといえる

ワークスマシンと同時開発


’76〜’79 年に世界耐久で活躍したRCB。初期はCB750Four のエンジンがベースだが、’79年型はCB900/750Fと同時開発
ジェット機のコクピットをイメージした2連メーターはインジケータのデザインも斬新。ハンドル中央にヒューズBOX を配置

SHARE

PROFILE

FUNQ

趣味の時代に読むメディア

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

RIDERS CLUB TOPへ

No more pages to load