BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

<Z900RSカスタムファイル>絶妙なポジションは旅もOK スイングアームにも注目!

長旅でも疲れない姿勢だから安心

オーヴァーレーシングのZ900RSにまたがって、まずうれしくなってしまうのが絶妙なポジション。セパレートハンドルとバックステップの組み合わせはキツめの前傾姿勢をイメージさせるが、身長173㎝の著者にとって完璧にハマる位置だった。〝ちょっと前傾してラク〟という、スポーツライディングにもツーリングにも対応してくれるポジションなのだ。

残念ながら今回の試乗では長距離を走ることはできなかったが、身体のどこにも負荷がかからない姿勢は、長旅でも絶対に疲れないと思える。同時に、ちょっと頑張ってみようかなと思ったときに、プレッシャーを感じないレベルの前傾。なのでとても安心でき、積極的になれる。

やり過ぎくらいがちょうどいいカスタム

そこで乗り手をさらに楽しくさせてくれるのが、フルエキゾーストやアルミスイングアーム、サブフレームである。普通に考えるとスイングアームの換装やサブフレームの追加は〝やり過ぎ〟だが、実はこれらがもたらす効果が本当に面白い。

確かに剛性が上がっているが、それはサーキットで速く走るためのものだけではなく、街乗りでも存分に楽しめるのだ。剛性が上がったぶん精度も高まり、バイクの微細な動きを感じられるようになる。Z900RSが備えている本来の性能を、より味わいたくなってくる。

アレコレ考えながらアイデアを出す面白さ

試乗しながらアレコレ考えたのは、フロントブレーキはSTDのままでいい。でもリヤショックは高性能品にリプレイスしたほうがもっと面白くなるんじゃないか。車体の姿勢を変えて、もう少しフロントに荷重をかけられるほうがいいんじゃないか、等々。すべて自分の好みに合わせるためのアイデアだが、そんなセッティングやカスタムの楽しさをオーヴァーZ900RSは用意してくれていたのである。

各ディテール紹介

「スポーツライディングハンドルキット」の設定は絶妙。ポジションを調整できるだけでなく、STDスイッチボックス、ワイヤー、ハーネス類を流用可能。

試乗して改めて感じるのが、オーヴァーのカスタムパッケージの完成度の高さ。「自分だったらこうしてみよう」と、カスタムの世界を広げられる懐の深さがある。

長年フレームを開発してきたオーヴァーのノウハウが詰まったサブフレームキット。

エンジンスライダーのほか、アクスルスライダーも用意。

アルミスイングアームにはスタビライザーを装備して剛性をアップ。

デモ車にはフェンダーレスキットを装備。

走りの精度を劇的に上げられるバックステップは、4つのポジションが選べる。

チタン製のフルエキは低中速の扱いやすさを向上。サイレンサーはカーボンとチタンを用意。

フルエキにはタンデムステップの移設プレートも付属。
Z900RSはこちら

【DATA】
取材協力:オーヴァーレーシングプロジェクツ
電話:059-379-0037
http://www.over.co.jp/

出典

SHARE

PROFILE

RIDERS CLUB 編集部

RIDERS CLUB 編集部

1978年の創刊時から、一貫してスポーツバイクの魅力を探求し続けるオピニオンマガジン。もはやアートの域に達している、バイクの美しさを伝えるハイクオリティの写真はいまも健在。

RIDERS CLUB 編集部の記事一覧

1978年の創刊時から、一貫してスポーツバイクの魅力を探求し続けるオピニオンマガジン。もはやアートの域に達している、バイクの美しさを伝えるハイクオリティの写真はいまも健在。

RIDERS CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load