BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

<Z900RSカスタムファイル>最新の機能と技術でZのスタイルを磨き込む

ボルト一本にまで妥協しないこだわり

モトコルセクオリティ。このZ900RSの全身からそんなオーラが伝わってくる。各部のパーツ選びはもちろん、オリジナルパーツはミリ単位の形状や信じられないほどのクオリティにこだわり、ボルト1本にまで妥協しない。

’17年の東京モーターショーで、Z900RSの登場と同時にデビューしたこのマシンは、着実に進化を重ねてきた。ボディパーツの多くはドライカーボン化され、スリップオンマフラーも登場した。

パイプを変えて理想的な排気効率を可能に

スリップオンとはいえ、モトコルセのエキゾーストシステムの定番であるロブスターテイルデザインは健在。パイプではなく板を曲げて成型するこの手法は、規格のパイプに頼ることがないため、手間はかかるが理想的な排気効率と、車体に寄り添うデザインを可能にする。まさにモトGPマシンと同じ哲学でつくられているのである。

エキゾーストノートはかなり静か。チタン特有の甲高い、それでいて存在感のある音を奏でる。現在はレース用のみのラインナップだが、車検対応の認証マフラーもラインナップする予定だ。まずはスリップオンマフラーからモトコルセクオリティを堪能してみてはいかがだろう。

超軽量で完璧なセットアップ

車体全体の印象はとにかく軽い。レーシングパーツとカーボンパーツを多用しているから当然だが、完璧なセットアップも見逃せない。

超軽量なドライカーボンパーツの表面仕上げはNAT(ナチュラルフィニッシュ)、GRS(グロスクリアペイントフィニッシュ)、MAT(マットクリアペイントフィニッシュ)があり、よく見ると各部に異なる仕上げを組み合わせていて面白い。

各ディテール紹介

使用するパーツやグラフィックにどこまでもこだわるのは当然だが、ハンドルにはレザーを巻きコクピットの雰囲気を変更。特別な高級感を醸し出す。

チタニウムスリップオンサイレンサー・エヴォルツィオーネ。重量は0.94㎏(STDは2.2㎏)。ハニカムメッシュのサイレンサーエンドはまるでMotoGPマシン。

豪華な足周りはモトコルセコンプリートの醍醐味。軽さと乗り心地のよさ、そして極上のコーナリングを約束。

テールカウルやサイドカバーなどのカーボンパーツもラインナップ。ボディパーツの数々はもちろん、エンジンハンガーなどもカーボン製を用意。

タイヤにもこだわるのがモトコルセの流儀だ。
Z900RSはこちら

【DATA】
取材協力:モトコルセ
電話:046-220-1611
http://www.motocorse.jp/

出典

SHARE

PROFILE

RIDERS CLUB 編集部

RIDERS CLUB 編集部

1978年の創刊時から、一貫してスポーツバイクの魅力を探求し続けるオピニオンマガジン。もはやアートの域に達している、バイクの美しさを伝えるハイクオリティの写真はいまも健在。

RIDERS CLUB 編集部の記事一覧

1978年の創刊時から、一貫してスポーツバイクの魅力を探求し続けるオピニオンマガジン。もはやアートの域に達している、バイクの美しさを伝えるハイクオリティの写真はいまも健在。

RIDERS CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load