BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

サスペンション調整はバイク初心者こそ必要!【ネモケンの今さら聞けないバイクのギモン】

サスペンション調整の基本

サスペンション設定は1G’から

ライダー&バイクの荷重を支えるスプリング。バイクにセットされたサスでは、車重と体重でスプリングが縮められてバランス(1G’)する。この状態が走行するための機能を設定する出発点だ。1Gから縮んだ分が、衝撃などで伸縮できるリバウンドストロークとなり、路面追従性の大事なポイントとなる。

0G:両輪が地面に接していない状態
1G:両輪が地面に接し、車重のみの負荷
1G’:ライダーが跨って、1Gより沈んでいる

サスペンション調整をやってみよう

フルアジャスタブルのサスペンションであれば、前後合わせて6カ所も調整機構が付いており、それぞれの調整可能範囲もさまざま。まったく同じ体型の人がいないように、理想的なサスペンションの調整は人によって違うのだ。自転車のサドル高を調整するように、気軽な気持ちで試してみよう。

F/プリロードアジャスター

1回転でスプリングを1mm締めたり緩めたりするタイプが主流。初期作動性を変えることができる。

 

F/伸び側減衰アジャスター

バイクの挙動の「重い・軽い」を調整することができる。ノッチ式、または無段階タイプがある。

 

F/圧縮側減衰アジャスター

ノッチ式か無段階タイプ。補助的な役割で、装備されていない場合もある。写真のDAEGは標準装備。

 

R/プリロードアジャスター

写真はフックレンチで段階を切り換えていくタイプ。ライダーの体重差や車体姿勢の変化を補正する。

 

R/伸び側減衰アジャスター

ノッチ式、または調整段階の数字が書き込まれている。セッティングによる、フィーリングの変化が大きい。

 

R/圧縮側減衰アジャスター

ツインサスの場合、この調整による乗り味の変化は大きい。ノッチ式か調整段階の数字が書いている。

 

 

出典

SHARE

PROFILE

ネモケン

ネモケン

根本健。75 ~78年まで世界GPに参戦。帰国後はライダースクラブ編集長として、ワークスマシンから市販車まで幅広く試乗。70歳を超えた今も最新マシンに乗り、読者にライテクを指南している

根本健。75 ~78年まで世界GPに参戦。帰国後はライダースクラブ編集長として、ワークスマシンから市販車まで幅広く試乗。70歳を超えた今も最新マシンに乗り、読者にライテクを指南している

No more pages to load