HONDA CBシリーズの60年『1992 CB1000F』

HONDAから初めてCBの名を冠したバイクが登場したのは1959年。それから60年余り、いつの時代もCBはライバルと戦ってきた。その歴史を名車と呼ばれたエポックモデルを取り上げて振り返るこの企画で今回ご紹介するのは1992年に登場した「CB1000F」。レプリカブームの陰で息を潜めていたCBがパワフルな水冷直4エンジンと、ワイルドなスタイルで復活! その豪快な走りが、ネイキッドスポーツを強力に牽引した。

水冷並列4気筒が支える“走りのCB”が還ってきた

80年代中盤から、ホンダの大排気量レーシングマシンやスポーツ車は、V4エンジンを主軸として展開しており、レプリカブームもその流れに拍車をかけた。しかし80年代が終わりを告げる頃から、かつてのオーソドックスなスタイルのバイクが“ネイキッド”と呼ばれ人気を博し、CB-F等のカスタムも大いに盛り上がりを見せるようになる。

そして91年の東京モーターショーで、ホンダは“プロジェクトBIG-1”をコンセプトにしたCB1000SFを参考出品すると、予想を超える注目を集めた。国内のオーバー750規制が解禁となったタイミングもあり、翌92年に販売開始されると、当時の厳しい免許制度にもかかわらず大ヒット。高いスポーツ性と太い走りは、カスタム派やツーリング派まで多くのライダーに受け入れられた。

『1992 CB1000F』のディテール紹介

BIG-1のアイデンティティでもある容量23Lの巨大な燃料タンク。フューエル太いフロントフォークのボトムには、VFRキャップはエアプレーンタイプだ。

CB-Fシリーズを彷彿させる跳ね上がったテールカウル。燃料タンクと併せ、赤×白カラーがCB1100Rを連想させる。

エンジンはCBR1000Fベースの水冷4気筒で93ps。空冷風のフィン等を設けない、切り立ったシリンダーが迫力を醸しだす。

極太のアルミ角パイプのスイングアームに、リザーバータンク付きの2本ショックが、カスタムライクなイメージを放つ。

太いフロントフォークのボトムには、VFRキャップはエアプレーンタイプだ750R(RC30)同様のクイックリリース機構を装備。タイヤは前後18インチ。

出典

SHARE

PROFILE

RIDERS CLUB 編集部

RIDERS CLUB 編集部

1978年の創刊時から、一貫してスポーツバイクの魅力を探求し続けるオピニオンマガジン。もはやアートの域に達している、バイクの美しさを伝えるハイクオリティの写真はいまも健在。

RIDERS CLUB 編集部の記事一覧

1978年の創刊時から、一貫してスポーツバイクの魅力を探求し続けるオピニオンマガジン。もはやアートの域に達している、バイクの美しさを伝えるハイクオリティの写真はいまも健在。

RIDERS CLUB 編集部の記事一覧

RIDERS CLUB TOPへ

No more pages to load