BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

HONDA(ホンダ)・CB125R試乗インプレッション

ヒラヒラと舞うように走る超ライトウエイトスポーツ

CB125Rの魅力は分かりやすい。最高出力は13psに過ぎないが、1万2000回転近辺で作動するレブリミッターまで、いつでもどこでも回し切ることができ、車重は127kgという軽さを誇るため、コントロールは自由自在。スペックを引き出す楽しみを教えてくれる、スポーツライディングのよき教材である。

出力が控えめゆえ、相対的に車体剛性に余力が感じられ、ブレーキやサスペンションも同様だ。ちょっとやそっとではビクともしない、包み込まれるような安心感の中で走りを堪能することができる。

ホンダ・CB125R ディテール

250Rに負けず劣らずシャープな造形の燃料タンク。質感は125ccとは思えない。
シート高は815mmで、このクラスとしては高い。
レブリミッターまでフラットに回るSOHC ユニット。
パルス感のある排気音を奏でるショートマフラー。

小排気量なのにIMUを装備

特筆すべきが、このクラスにIMU(慣性測定ユニット)が採用されたことだ。車体姿勢とその加速度を検知し、ABSと連動。急制動時に起こりがちなリヤホイールのリフトを抑制するなど、安全性が向上している。

ホンダ・CB125R ラインナップ

パールメタロイドホワイト
キャンディークロモスフィアレッド
ブラック

ホンダ・CB125R スペック表

エンジン 水冷4ストローク単気筒
バルブ形式 SOHC2バルブ
総排気量 124cc
ボア×ストローク 58×47.2mm
圧縮比 11対1
最高出力 13ps/10000rpm
最大トルク 1kgf・m/8000rpm
変速機 6段リターン
クラッチ 湿式多板
フレーム ダイヤモンド
キャスター/トレール 24°12′/90mm
サスペンション F=φ41mm倒立、
R=モノショック
ブレーキ F=シングルディスク
R=シングルディスク
タイヤサイズ F=110/70R17 M/C 54H
R=150/60R17 M/C 66H
全長/全幅/全高 2040/820/1055mm
軸間距離 1345mm
シート高 815mm
重量 127kg
燃料タンク容量 10リットル
価格 44万8200円

 

出典

SHARE

PROFILE

RIDERS CLUB 編集部

RIDERS CLUB 編集部

1978年の創刊時から、一貫してスポーツバイクの魅力を探求し続けるオピニオンマガジン。もはやアートの域に達している、バイクの美しさを伝えるハイクオリティの写真はいまも健在。

RIDERS CLUB 編集部の記事一覧

1978年の創刊時から、一貫してスポーツバイクの魅力を探求し続けるオピニオンマガジン。もはやアートの域に達している、バイクの美しさを伝えるハイクオリティの写真はいまも健在。

RIDERS CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load