BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

SUZUKI カタナ・フラッシュバックインプレ!! 宮城光が試乗会で感じた『伝えたいこと』

好評を頂いているスズキGSXシリーズの特集、その第3弾は、大きな話題となった『KATANA』の京都が開催された試乗会の模様をお届けする。試乗するのは、元ホンダファクトリーライダーであり、GSX1100S KATANAのオーナーでもあった宮城光さん。試乗会で感じたホンネのところをフラッシュバックリポートしていく。

’17年のインターモトでコンセプトモデルが登場し、’18年ケルンショーで正式発表先代GSX1100S KATANAが姿を消して’19年、ついに全貌を表した新型KATANA流行のネオレトロではない、新時代のKATANAと呼べるバイクを模索し続け偉大な先代を引き継ぐ者に、否応なく課せられる重責……「大好きか大嫌いか」。その明確な評価軸で誕生した初代モデルを継承するスズキの大名跡「KATANA」を、早春の京都で宮城 光がライディング!

本誌スーパーバイザー 宮城 光
元ホンダファクトリーライダー。現在はMotoGP解説者としてもお馴染みで、ホンダコレクションホールの動態確認テストも担当する。レーサー現役時代にフルカスタムのGSX1100S KATANAを所有していた56歳

SUZUKI KATANA 懐古主義で語らない21世紀の“刀”のあり方

誤解を恐れずに言わせてもらえば、新型KATANAの実車を目の前にすると「写真で見るよりはるかにカッコ良い」。もちろんカッコ良い/悪いは個人の好みだが、かつてGSX1100S KATANAを所有し、思い切りカスタムも楽しんできた僕はそう感じた。

バイク好きならご存知の方も多いだろうが、新型KATANAの原型は2017年のミラノショーに向けて、イタリアのバイク誌「モトチクリズモ」が企画したコンセプトバイク「KATANA3.0」だ。モト・グッツィやモトモリーニ、トライアンフ等を手掛けたロドルフォ・フラスコーニがデザインし、製作はボローニャのエンジンズ・エンジニアリングが担当した。

もちろん〝元祖KATANA〞をオマージュしたデザインであり、随所にモチーフとするディティールも見受けられるが、いわゆるスタイルを復刻したネオレトロではないのは一目瞭然。だからこそスズキも、このKATANA3.0を「新時代のKATANA」として誕生させる決断を下したのだろう。

そして今回発表された新型KATANAは、一見すると〝ショーモデルそのまま〞と思えるが、じつはフラスコーニのデザインを再現しながらも、極端に短かかったシート周りやヘッドライト周りの造形などをオリジナルのGSX1100S KATANAのイメージに近づけるべく、スズキがキッチリ手を入れている。

そして実車と対面すると、想像していたよりもコンパクトで、凝縮された充実感を感じる。スズキ初という樹脂製のカバードタンクからサイドカバー、テールへと連なるエクステリアを現代的なフレーム(元祖KATANAは当時標準的な鋼管のダブルクレードルだが、新型はスーパースポーツ系のアルミツインスパーと大きく異なる)に、非常にうまく合わせて載せているのだ。この整い具合は見事という他ない。

シートカウルは、真横から見ると若干〝寸詰まり〞な感もあり、個人的にはあと15㎝くらい長ければと思わなくもないが、じつは人が乗ったときのバランスはビジュアル的にきちんと良くできている。……と、まずは所々のカタチがいろいろと気になるのは、KATANAというバイクならではだろう。とはいえ走ってみなければ真価は問えない。

リヤフェンダーはスイングアームから伸びたステーに装着され、ライセンスプレートやリヤウインカーもセット。近年の欧州車でも人気のデザインでリヤ周りをシャープに演出
メーターはフルLCDで白黒反転表示。キーONでの起動ギミックも楽しい。バータイプのタコメーターや中央付近に大きく表示されるギヤポジションなど視認性も良好。トラクションコントロールの設定も表示
ライザーで大きく立ち上げたテーパータイプのハンドルバー。開発時にはセパレートハンドルも選考に上がったが、エルゴノミクスを優先してアップタイプのバーハンドルを選択したという。上体が起きた楽なポジションで、切れ角も十分に確保される
初代KATANAを新解釈したと思えるツートンカラーのシートとテールランプ形状
ヘッドライトはLEDランプを採用。上下2段に分かれるデザインだが、初代KATANAの意匠を秀逸にオマージュしている
名機と謳われたスーパースポーツGSX-R1000[K5](2005-2008)のエンジンをベースに、ストリート向けのチューニングを施す
ボリュームのあるタンク周りは、スズキ初の樹脂製カバードタンク。デザインを優先したため、ガソリン容量は12ℓと大型車としては若干少なめとなる
扱いやすいエンジンとハンドリングを味わいながら、ワインディングを軽快に駆け抜ける。初代KATANAを所有した宮城も、新時代を感じさせるスタイリングに納得
GSX-S1000
KATANAの直接的なベースマシンといえるGSX-S1000。ニュートラルな乗り味とオールラウンドに使えるパフォーマンスで定評ある、スズキを代表するビッグネイキッドだ。フレームはGSX-Rタイプのアルミのツインスパーで、スイングアームも'16年型GSX-R1000を踏襲し、ディメンション的にはストリートファイターの図式だ

込められたスズキの哲学 その走りは、真面目で実直

今回の試乗会は、京都市西部にある〝嵐山-高雄パークウェイ〞で、約10㎞のワインディングを貸し切って行われた。アップダウンはそれほどキツくないがタイトなコーナーが多い、日本では良くあるタイプの〝峠道〞。その高雄側の大型パーキングに新型KATANAがずらりと並べられ、試乗を待っていた。

一見するとスーパースポーツにアップハンドルをつけた〝ジムカーナマシン〞のようなポジションと思いきや、実際に跨ると〝前乗り〞を強制されるワケではなく、ごく自然なライディングポジションを取れる。僕の体格なら足着き性も良好だ。

キーをオンにするとデジタルメーターが起動する際に、SUZUKIのロゴをスパッと切り裂いて〝刀〞のロゴが現れるギミックが楽しい。
モノクロ反転の液晶表示も必要な情報が的確に配置されて見やすい。

いよいよ走り出すと、まず感じるのが圧倒的な軽快感。そして名機と言われるGSX‐R1000K5をベースとするエンジンの、ロングストロークならではの厚いトルクが頼もしい。しかも国産ネイキッド最大級の約150馬力は、文句なしに速い。スロットル・バイ・ワイヤは採用しないが、スロットルパイプのプーリーの偏心による、アナログだがまったく違和感のない〝開けやすさとレスポンス〞は非常に秀逸だ。

新型発表と同時に純正カスタムパーツを用意するのはスズキとしては異例で、KATANAへの注力を伺える。パーツの随所に取り入れた“赤”は、熱した鉄をイメージ 左:赤くペイントしたブレンボ製キャリパー 右:ブラック×レッドのツートンカラーのシート
左:カーボン製のクラッチ&クランクケースカバー 右:初代KATANAを彷彿させるスモークのメーターバイザー。他にもデカールキットやカーボン製フロントフェンダー、フレームスライダーなど多数用意する
カラーはシルバーとブラックの2色。シルバーは言わずと知れたKATANAのイメージカラーだが、'80年代初頭の某刑事ドラマで登場したカスタム車の影響か、ブラックの人気があるためラインナップに加えた。左はカスタムパーツ装着車

賛否両論は覚悟の上 根底にあるのはオリジナルへの敬意

前述したようにポジションは自然で、短く見えるシートも着座位置を前後に移動する自由度が十分にある。リヤショックはスプリングのレートが少し高めで、フロントは低いステアリングヘッドに高いハンドルという、元々がストリートファイター指向のセットアップと聞いて納得。そして近年の大排気量スーパースポーツはステアリングダンパーを装備する車両が多いが、KATANAは非装備。これがリーンで舵が速く入り、ニュートラルで軽快な乗り味を生み出している。もしかするとライダーによっては敏感に感じるかもしれないが、10分も走れば慣れてしまうレベルなので問題ないだろう。

じつはエンジンだけでなく、アルミのツインスパーフレームやスイングアームも、基本レイアウトはGSX‐R1000にあり、当然リヤサスもリンク仕様だし、ブレンボキャリパーのブレーキシステムも含めて足周りも強靭。それだけにコーナリングもブレーキも高いスタビリティを感じる。それもスズキならではの極めてニュートラルなハンドリングの元なので〝スポーツバイクで走って楽しむ〞という遊びの本質を、見事なまでに実現しているのだ。

だから新型KATANAのライディングフィールは、まさに「現代の切れ味」であり、スポーツバイクの評価軸が厳しい〝うるさ型のライダー〞も間違いなく楽しめるだろう。そしてこのバイクに期待感を持つすべてのライダーに、確実にKATANAのフィソロフィーを深く感じられる1台であることを伝えたい。

開発陣が考える「刀」への敬意

チーフエンジニア 寺田 覚さん(写真右)
初代カタナは、当時最新だったGSX1100Eがベースになっていて、それをハンス・ムートが斬新なデザインに仕上げ、バイクの新しいカタチを提案したモデル。それが多くの人に認知してもらえて、人気を博しました。今回もGSX-S1000という優秀なベースから新型カタナが生まれました。そんな出自も共通しているので、新型カタナもしっかりと新しい世代の人たちに認知してもらい、ずっと覚えてもらえるバイクにしていきたいです
エンジン実験 小薗江健一さん(写真左)
初代の象徴でもあったセパレートハンドル、そして前傾したライディングポジションこそがカタナだと、私自信も思っていました。しかし新型に乗ってみると、現代のバイクとして、ストリートやツーリングを楽しめるように仕上がっていて、そういうジャンルではトップを狙っていけるバイクになっていると思います。過去にとらわれて古い時代の物に戻るのではなくて、その時代に楽しく乗れるバイク。それがカタナなんじゃないでしょうか
シャシーデザイン 石川裕次郎さん(写真右)
初代は私が生まれる前のバイクで、最終型でも中学生くらいでしたから、正直に言えばカタナという名前に強い思い入れがある世代ではないんです。でもこのプロジェクトが始まると、カタナという名前のもとにどんどん人が集まり、社内でもいろんな意見を言う人たちがいるのを目の当たりにして、これほどまでに多くの人を引きつける、魅力のあるバイクなんだと実感しました。そういうバイクに関われることは非常に光栄だと感じています
アシスタントチーフエンジニア 佐々木達哉さん(写真左)
初代が登場したのは私が入社する前で、初めて雑誌で見たときには「おお!」とビックリしましたね。そんなふうに新しさを感じさせるデザインというのがカタナだと思います。そこにストリートバイクとして時代の最高レベルの性能が合わさって、眺めて良し、走って良しでないとカタナとは言えない。賛否両論あっても、ちょっとビックリするデザインと、スズキの性能が必須。そういう意味では今回のカタナには自信を持っています

SHARE

PROFILE

宮城光

RIDERS CLUB / スーパーバイザー

宮城光

ライダースクラブのスーパーバイザー。名門モリワキで頭角を現し、後にホンダファクトリーライダーとして80年代バイクブームを牽引。現在はMotoGPのTV解説などを担当。ツーリングにカスタムにと、今もバイクを楽しむ

宮城光の記事一覧

ライダースクラブのスーパーバイザー。名門モリワキで頭角を現し、後にホンダファクトリーライダーとして80年代バイクブームを牽引。現在はMotoGPのTV解説などを担当。ツーリングにカスタムにと、今もバイクを楽しむ

宮城光の記事一覧

No more pages to load