BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

「KAWASAKI Z400(カワサキ・Z400)」~クラスレスな上質さを持つ秀作~【R/C インプレッション】

ニンジャ400をスポーツネイキッドに仕立て直したモデルが登場した。Zシリーズの流れを汲むそれは、ストリートファイター的なアグレッシブなデザインが与えられながらも中身は誠実そのもの。生真面目に作り込まれた上質さをお届けしよう。
(※本記事は『ライダースクラブ 2019年5月号』掲載記事を再編集したものです)

シンプルに「バイクって気持ちいいな」と思える

2019年2月に発売が始まったカワサキのスポーツネイキッドがZ400だ。ニンジャ400をベースに持ち、セパレートハンドルをアップライトなバーハンドルに変更。デザインコンセプトに「Sugomi(凄み)」を掲げる通り、シャープなフロントマスクが与えられている。

ただし、そのアグレッシブな雰囲気とは裏腹に乗り味は極めて優しい。クラッチをつないで走り出した瞬間からしっくりと体に馴染み、その時に得られる手の内感はまるで長年の愛車のようでもある。

演出の一環として、ハンドリングの軽さやエンジンのレスポンスが盛られているバイクが少なからずある中、Z400は実に誠実だ。

スロットルを開ければ開けた分だけ加速し、減速する時も同様。エンジンの過渡特性にも車体がバンクしていく時の振る舞いにも不自然さやあいまいさがなく、受け答えが常に明瞭だ。いつでもどこでも対等なコミュニケーションが成立する、実に心地いい存在である。

こういうバイクは往々にしてスペックがまったく気にならない。馬力がどれほどあっても(またはなくても)、車重が何kgでも、どんな制御が入っていても大した問題ではない。シンプルに「バイクって気持ちいいな」と思えるからだ。

そうは言っても、快適さの一端に触れておいた方がいいだろう。なによりまずスリムでシート高が低いため、乗り手の体格を選ばない。シート表皮とステップのグリップが適切で身体をホールドしやすく、車体を自在に操ることができる。

エンジンは特別トルクフルなタイプではないものの、燃調はよく作り込まれている。例えば6速に入れて40㎞/hで走行しているような状況からでも、スロットル操作だけでスルスル加速するフレキシビリティを披露。当然ながら兄弟モデルの250cc版とは決定的に異なる。

中でもクラスレスな上質さを見せるのは、ミッションのタッチの良さだ。テスト車は降ろしたての新車にもかかわらず、吸い込まれるようにギヤが切り換わり、その時のストローク量や操作力も絶妙なものだった。 唯一気になったのは、ツマ先でステップに入力した時に右のカカトがマフラーガードに触れることだが、当然目くじらを立てるほどでもない。

キャリアを問わず、誰にでもおすすめできる秀作モデルである。

KAWASAKI(カワサキ)Z400 ディテール

フロントフォークには大型モデルと遜色ないφ41mmの正立タイプを装備。ホイールはエンケイ製でハブ部分は極限まで肉抜きされ、美しい仕上がりを持つ。

多機能メーターパネルも上級モデルに倣うもので、Z650と同一意匠のディスプレイを採用。視認性の高い液晶スクリーンとアナログタイプのタコメーターを組み合わせる。

大容量エアボックスとダウンドラフト構造の吸気レイアウトによってスムーズな吹け上がりを実現したエンジン。48ps/10000rpmの最高出力を発揮し、166kgの軽量な車体を力強く引っ張る。

燃料タンクは14L。ニーグリップ部分はフィット感に優れる。

シート高は785mmに抑えられ足つき性は良好。下半身のホールドもしやすい。

Specifications:KAWASAKI(カワサキ)Z400

エンジン 水冷4ストローク並列2気筒
バルブ形式 DOHC4バルブ
総排気量 398cc
ボア×ストローク 70mm×51.8mm
圧縮比 11.5対1
最高出力 48ps/10000rpm
最大トルク 3.9kg-m/8000rpm
変速機 6段リターン
クラッチ 湿式多板
フレーム スチールパイプトレリス
重量 166kg
キャスター/トレール 24.5°/92mm
サスペンション F=テレスコピックφ41mm正立
R=リンク式モノショック
ブレーキ F=φ310mmシングルディスク
R=φ220mmシングルディスク
タイヤサイズ F=110/70R17
R=150/60R17
全長/全幅/全高 1990/800/1055mm
軸間距離 1370mm
シート高 785mm
燃料タンク容量 14L
価格 66万7440円

※本スペックは『ライダースクラブ 2019年5月号』掲載時のものです。

取材協力

カワサキモータースジャパン(フリーダイアル:0120-400819)
http://www.kawasaki-motors.com/
Z400はこちら

出典

SHARE

PROFILE

伊丹孝裕

RIDERS CLUB / メインテスター

伊丹孝裕

ライダースクラブのメインテスター。アマチュアレースに熱中した後、バイク雑誌編集者に。鈴鹿8耐やマン島TTなど、国際的なレースに参戦し、近年はオフロードも本格的に。何にでも積極的に首を突っ込むスタイル

伊丹孝裕の記事一覧

ライダースクラブのメインテスター。アマチュアレースに熱中した後、バイク雑誌編集者に。鈴鹿8耐やマン島TTなど、国際的なレースに参戦し、近年はオフロードも本格的に。何にでも積極的に首を突っ込むスタイル

伊丹孝裕の記事一覧

No more pages to load