BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • トリコガイドシリーズ
  • buono
  • ei cooking
  • Yogini
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD

『プレイバック・インプレ』NEW NSR250R 細部の特性と走りをネモケンが語る 最終回

IMPRESSION HONDA ’88 NSR250R 最終回

アグレッシヴに走り込めば走り込むほど、そのポテンシャルの奥の深さが伝わってくる……。パフォーマンスのレベルはもとより、ハンドリングのキャラクターなど、徹底したモディファイを受けたNSR250Rは、すべてにわたって正しくレーシングマシンの域に達した。とりわけエンジンの絶対パワーから、スロットル操作の微妙な過度特性に至るまで、その熟成レベルの高さに、2st.を完全に掌中に収めた自信が伺える。

大好評のネモケンによるNEW NSR250Rのインプレッション。今でもファンが多く、もっとも「今新車があれば買いたい」といわれている大人気の2ストロークモデルで、これまで3回にわたり当時の誌面を特別にFUNQで掲載している。ネモケンによる懐かしい名車のインプレッションは、回顧録として今だからこそ趣き深く楽しめるだろう。シリーズは全4回となっており今回で最終回となる。

エンジン特性を活かしたコントロール

ひと度フルバンクへ入っての旋回効率の高さは、後輪倫のラジアルタイヤと、両輪のサイズアップがそのまま効いて、層明確になった。 Fまわりが、アプローチ段階以来、安定感を維持していること、それに圧側減衰力のキャパシティの大きなリヤサスペンションによるスタビリティの高さで、この間の安定は軽量コンパクトを忘れさせるほどだ。

そしてその状態を維持するような、 パーシャル·スロットルの時間が短かい走りとなる点に注目したい。

それは何より、先に記したリニアリテイに優れるエンジン特性と、 これに呼応

したリヤまわりの設定による。 このリヤまわりのアライメントは、1名乗車でコーナリングなど、動的な荷重増のかなり高荷重域までを含めて、コンドロールに優位なところが吟味されているからだ。

つまり、エンジン特性のリニアリティを、コントロールとして最も重要な後輪のトラクション発生のリニアリティへ、実にうまく置き換えているのである。

フルバンクでも、スロットルを開けてピークパワーまでの大きな範囲で、スイングアーム→リヤタイヤと反応し、旋回効率の強弱を相応にレスポンスしてみせるのだ。クローズド·サーキットでも、最も強いトラクションでは、フルバンクのリヤタイヤは緩やかにスライドを開始するし、これを上限としてそれ以下でも右手次第で旋回力を強めながらの加速という、トラクションの意味するところを存分に感じられる。

繰り返すが、これもスロットル操作のリニアリティなくしてこうはゆかない。唐突なパワー0Nとなる場合では、 いきなり大きなトラクションがかかることになり、ライダーはこれを前提とした走行パターンを強いられるので、 その手前のコントロールに及ぶ以前となる。

この、微少なところからの過渡の扱い易いエンジンによって、当然スロットルは早くから開くことになるわけだ。 ここのところのコントロールが効くということは、必然的にコーナリングの安定性を前提として、なお無理が効く意識にライダーはなるので、通過速度そのものをさらに高めることにもなる。その高い初速からの加速。ますますアベレージは高くなってゆく。

またリニアリティは、タイヤとサス、そしてアライメントの過渡が広範囲で緩やかな設定であることから、 スロットルをコーナリングラインのコントロールのため、わずかに戻した際のマシンの進路変更、即ちいわゆる向き変えにも有効に働いている。場合によっては両輪スライドまでフルトラクションにもってゆき、そこから右手で減荷重のためのスロットルを軽く戻す操作で、相対的にグリップ復帰を前輪優位立にもってゆく、タックインなどの芸当も可能だ。 複合コーナーの大きくアウトへ出るライン上で、マシンのノーズを瞬間イン側へコーナリ向け、ングラインに変曲点を与えてしまう走法は、これが可能なライダーにとっては大きな武器となる。

正しく、フルパフォーマンス発揮の中での、緩急自在なこうしたコントロールマージンは、500ccのGPマシンが目指すところでもある。それが比較的得易いのは、250ccクラスの、それも公道用タイヤ装着に負うところが多いが、何れにしても、エンジン特性とそれに呼応した車体の設定を、よく吟味されたバランスに置ける開発陣を高く評価したい。そして、シート高を少し稼いで、ライディングポジション上も旋回効率とトラクションのコントロールを、少しでもやり易くするというプロの配慮も忘れられない。

重くなるライダー側の責任範囲の大きさ

New NSR250Rの、レーシングマシンの醍醐味を、実際の走りの奥深いところでも味わえるキャラクターは、 従来までのGPマシンの迷いをそのまま受け継いだような、言い換えると限界付近のコントロールのデリケートなものに比べ、 逝かにストレスの小さな走りを得ていることになる。大進歩だと思う。

と同時に、それ故感じさせてくれる、記したような芸当走りは、結局はレーシングマシンが限界付近でライダーに強いてくる、荷重コント ロールの失敗を許容しない緊張感に満ちた空間に引き込まれることにもなるわけだ。 そこに、すべてを救うマジックはない。

たとえばこのマシンとて、 フルバンクでギャップを通過すれば、当然の前輪のキックバックがある。ここで限界を越えていれば、Fまわりは収束しない。Fタイヤのブレークか、大きなハンドル振れで走行ラインの乱れを誘発する。

ポテンシャルとは、こうした際のライダーの対応が間に合うところにマシンを置くことも含まれるし、このマシンはそれもかなり許容する。しかし、所詮それはライダー側の技量が高いことが大前提なのはいうまでもなかろう。女面から自らのキャパシティを忘れて、 非現実的な行動に出ないようつけ加えておきたい。レーシングマシン然とした格闘するような走りは、イメージするほどさわやかに楽しくはないものだ·…(根本健)

SHARE

PROFILE

ネモケン

ネモケン

根本健。75 ~78年まで世界GPに参戦。帰国後はライダースクラブ編集長として、ワークスマシンから市販車まで幅広く試乗。70歳を超えた今も最新マシンに乗り、読者にライテクを指南している

ネモケンの記事一覧

根本健。75 ~78年まで世界GPに参戦。帰国後はライダースクラブ編集長として、ワークスマシンから市販車まで幅広く試乗。70歳を超えた今も最新マシンに乗り、読者にライテクを指南している

ネモケンの記事一覧

No more pages to load