BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • トリコガイドシリーズ
  • buono
  • ei cooking
  • Yogini
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD

「SUZUKI SV650X(スズキ・SV650X)」~スズキ流カフェレーサー~【R/C インプレッション】

ミドルクラスのスポーツツイン、SV650をベースに持つネオクラシックテイストのカフェレーサーSV650X。SV650はスリムな車体を活かした軽快なハンドリングに定評があったがメーカーカスタムによって加えられた新しい一面とは!?
(※本記事は『ライダースクラブ 2018年4月号』掲載記事を再編集したものです)

スリムさがさらに際立つロー&ナロウスタイル

世界的な広がりを見せ、今や大きなマーケットに成長したネオクラシックのジャンルにスズキも参入を開始した。SV650にカフェレーサーの雰囲気を盛り込んだ、このSV650Xがそれである。

車名に加えられた「X」はE X TRA、つまり「特別」や「格別」を意味し、実際数々の専用パーツが与えられている。その最たるモノがヘッドライトとメーターを覆うビキニカウル、スポーティなポジションを実現するためのセパレートハンドル、シングルシートを思わせるタックロール入りシートで、これらはいずれもカフェレーサーを気取る上での王道中の王道アイテムでもある。

また、そのキャラクターに合わせて足周りも見直され、フロントフォークにはプリロード調整機構が加えられた。これはベースモデルのSV650には無かった機能であり、より高いアベレージスピードや高荷重に備えられている。

他にはグレーを基調としたシックな外装色、ブラックアウトされたレバー&フットペグによって見た目が引き締められ、シャープなスタイルが強調されているのが特徴だ。

ライディングフォームは意識せずとも前傾姿勢になり、スポーツマインドを刺激。ハンドリングはSV650よりも安定指向でフロントへの依存度が高くなっている。

シートに跨がると思ったよりも遠くにハンドルがあり、ひと昔前のイタリアンスポーツを思い出させる。シートとハンドルの位置関係をざっと計測したところ、平均的なリッタースーパースポーツよりも20mm前後その距離が長いため、日常的にストリートで乗るよりも休日に郊外へ連れ出してアベレージスピードを引き上げる。そんな使い方がこのモデルには合っている。

低く、狭いハンドルに換装されたことによってフロントに荷重が掛かりやすいのはそのイメージ通りだ。漫然と乗っているとフォークが必要以上にストロークするため、意識しりリヤに乗るとハンドリングがしっくりくる。このあたりのひとクセもかつてのイタリアンスポーツを彷彿とさせるが、それに気がつくと車体に身を委ねることができるはずだ。

カフェレーサーにはある種の我慢を伴うものの、それを乗り越えた先に本当の一体感が待っている。

SUZUKI SV650X(スズキ・SV650X) ディテール

ヘッドライトとメーター周りにはビキニカウルが加わり、デザイン性と快適性を両立。サイドに設けられたスリットがスポーティだ。

照度調整が可能なLCDメーターを装備。

フロントフォークにはプリロードアジャスターが備わった。

心地よいまろやかな鼓動感を伝える90度Vツインエンジンを搭載。

タックロールが入った質感の高い専用シートを装備する。

軽快感の高い細身の5本スポークホイールとダンロップのラジアルタイヤ・ロードスマートIIIを組み合わせる。もちろんABSを標準装備する。

フロントフォークの倒立と正立の違いって? 【ネモケンの今さら聞けないバイクのギモン】

フロントフォークの倒立と正立の違いって? 【ネモケンの今さら聞けないバイクのギモン】

2019年10月15日

Specifications:SUZUKI SV650X(スズキ・SV650X)

エンジン 水冷4ストローク90度V型2気筒
バルブ形式 DOHC4バルブ
総排気量 645㏄
ボア×ストローク 81×62.6mm
圧縮比 11.2対1
最高出力 76.1ps/8500rpm
最大トルク 6.5kg-m/8100rpm
フレーム ダイヤモンド
サスペンション F=φ41mm正立
R=モノショック
ブレーキ F=φ290mmダブルディスク
R=φ240mmシングルディスク
タイヤサイズ F=120/70ZR17
R=160/60ZR17
全長/全幅/全高 2140mm/730mm/1090mm
軸間距離 1450mm
キャスター/トレール 25°/106mm
シート高 790mm
車両重量 197㎏
燃料タンク容量 14L
価格 78万1920円

※本スペックは『ライダースクラブ 2018年4月号』掲載時のものです。

エンジンの「空冷」と「水冷」はどっちがいいの? 【ネモケンの今さら聞けないバイクのギモン】

エンジンの「空冷」と「水冷」はどっちがいいの? 【ネモケンの今さら聞けないバイクのギモン】

2019年10月22日

取材協力

スズキ(フリーダイヤル:0120-402-253)
http://www.suzuki.co.jp/motor/

出典

SHARE

PROFILE

伊丹孝裕

メインテスター

伊丹孝裕

ライダースクラブのメインテスター。アマチュアレースに熱中した後、バイク雑誌編集者に。鈴鹿8耐やマン島TTなど、国際的なレースに参戦し、近年はオフロードも本格的に。何にでも積極的に首を突っ込むスタイル

伊丹孝裕の記事一覧

ライダースクラブのメインテスター。アマチュアレースに熱中した後、バイク雑誌編集者に。鈴鹿8耐やマン島TTなど、国際的なレースに参戦し、近年はオフロードも本格的に。何にでも積極的に首を突っ込むスタイル

伊丹孝裕の記事一覧

No more pages to load