BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

ネイキッドという概念を創ったカワサキ ネイキッド進化論①-ネイキッド・ヒストリー

2020年 新時代に突入! カワサキ ネイキッド進化論 スーパーチャージャー搭載! 200psのスーパーネイキッドが登場

速さだけを追求するならスーパースポーツに勝るものは無い。ならばネイキッドは、どうあるべきか?カワサキはその答えを知っている。
矛盾を承知で言わせてもらえば、何かに特化するのではなく“すべてに特化”半世紀近く昔のZ1から最新のZ H2までNo.1を目指して進化を続ける――

今回から、短期連載として「カワサキ ネイキッド進化論」を4回にわたってお届けする。今では当たり前のように「ネイキッド」というジャンルが確立しているが、その立役者となったのがカワサキがレプリカブームの真っただ中にリリースされたゼファーであり、その源流ともなった「Z1」だ。そして最新モデルでは、ついにスーパーチャージドエンジン搭載のネイキッドモデルが登場した。ここでは、カワサキのネイキッドモデルを中心にその進化を探っていく。一回目は、カワサキが築き上げた歴代のネイキッドモデルを紹介していこう。

1972~ 900Super4 Z1

ビッグバイク黎明期の’70年代初頭、メーカーの生き残りをかけて世界一を目指したスーパースポーツ。2ストロークのマッハから、4ストローク4気筒のランドマークに見事に昇華!

2020 Z H2

2019年東京モーターショーで発表、今年4月4日に発売されたスーパーチャージドエンジン搭載の超弩級ネイキッド。200psを鋼管トレリスフレームに抱き、最新電子デバイスも満載!

伝説、そしてブームをつくっていくカワサキネイキッドの力強さ

伝説と呼ぶべき存在のZ1や、高いカスタム人気を誇るGPZ900Rも“憧れの旧車”といった安易な枠では括れないのは、ゼファーやZRXも然りそして多くのファンも、そこが魅力の中心ではないだろう。

バイクがパフォーマンスを楽しむ乗り物である限り馬力や最高速といったスペックは重要だし、強さ漂うスタイルも大切。ネイキッドというカテゴリーだからこそ、何も犠牲にしたくない。街を流すにも峠を駆けるにも、タンデムで旅するのもサーキットを攻めるのもすべてを魅力あるバイクで楽しみたいから、カワサキを選ぶのだ。

1972~900 Super4 Z1

馬力、最高速、加速はもちろんデザインにもとことんこだわる

’68年発売のCB750Fourに先を越され「打倒ホンダ」で排気量からメカニズムまで再設計して’72 年に登場。市販量産車で世界初のDOHC4気筒エンジンを搭載し、最高出力は82ps、最高速度の公表値は200km/h。将来的に排気量アップも考慮したボアストロークや余裕を持ったエンジン設計に加え、メンテナンス性の高さも現在に至る人気の秘密。流れるようなテールカウルも当時の最新トレンドだ

1984~GPZ900R Ninja

カテゴリーに捉われない唯一無二のスポーツマシン

時代は大排気量車もレプリカ化の兆しが見えたが、「世界最速でオリジナリティの濃いバイク」をコンセプトに開発。エンジンは現代のスーパースポーツに通じるサイドカムチェーン方式のコンパクトな水冷4気筒で、最高出力は115ps。0-400m加速は10秒台、最高速度は250km/hオーバーとライバルを突き放した。フルカウルではあるが、カスタムのベースとしてもネイキッド的な立ち位置で人気を確立

1989~ZEPHYRシリーズ

“ネイキッド”という呼称はこのバイクから生まれた

レプリカブームが収まらない’89 年に、かつての空冷4気筒をリファインしてオーソドックスな鉄フレームの車体に搭載したゼファー400が登場。予想を裏切り大ヒットし、剥き出しや裸を意味する“ネイキッド”という呼称を生んだ。’91 年には、やはり既存の空冷4発を積んだ750が登場するが、翌’92年に新開発の空冷エンジンを搭載する1100をリリースし、ビッグネイキッドとして不動の地位を築く

1994~ZRXシリーズ

オーソドックスなスタイルを高性能エンジンで振り回す

ゼファーでネイキッドブームを作ったカワサキが、次に仕掛けたのがZRX400だった。動力性能に優れる水冷4気筒を、名車Z1の最終形でありローソンレプリカとして人気の高いZ1000Rをモチーフにした角ばったスタイルに搭載。’97 年にはGPZ900R系のエンジンを祖とする1100が登場し、’01 年に排気量を拡大した1200R、そして’09 年にはインジェクション化と車体もリファインしたDAEGに進化

2017~Z900RSシリーズ

幅広い世代に支持される新時代の“Z”

厳しくなる排出ガス規制の影響もあり、ゼファーやZRXは惜しまれながら姿を消した……が、再びZ1をモチーフとするネオクラシック・ネイキッド「Z900RS」が登場。倒立フォークやモノサス、コンパクトな水冷エンジンなど現行コンポーネントを使いながら、見事なまでにイメージを再現。Z1を知らない世代にも新鮮なネイキッドとして大ヒット。’18年3月にはビキニカウル装備のCAFEも登場した

SHARE

PROFILE

RIDERS CLUB 編集部

RIDERS CLUB 編集部

1978年の創刊時から、一貫してスポーツバイクの魅力を探求し続けるオピニオンマガジン。もはやアートの域に達している、バイクの美しさを伝えるハイクオリティの写真はいまも健在。

RIDERS CLUB 編集部の記事一覧

1978年の創刊時から、一貫してスポーツバイクの魅力を探求し続けるオピニオンマガジン。もはやアートの域に達している、バイクの美しさを伝えるハイクオリティの写真はいまも健在。

RIDERS CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load