BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

極上の本格スポーツ&ツアラーがさらに進化 For Grand Touring KAWASAKI Ninja1000SX

極上の旅へのいざない フルモデルチェンジしたKAWASAKI Ninja1000SX

2011年、カワサキのラインナップに加わったニューモデルがNinja1000だ。スポーティなハンドリングとツアラーとしての快適性を融合したそれは着々と改良が加えられ、2020年に「Ninja1000SX」へと進化。充実の機能と、それがもたらすライディングプレジャーをお届けしよう。

快適なツーリングにもアクティブなコーナリングにも応えてくれる万能モデル

2011年当時、カワサキはビッグバイク市場にいくつもの水冷4気筒モデルを抱えていた。欧米を中心にフラッグシップのZZR1400、スーパースポーツのZX‐10R、ストリートファイターのZ1000などを展開し、国内向けにはスポーツネイキッドのZRX1200ダエグを用意するなど、なかなか厚い層を形成していたのである。

そんな中、さらなるラインナップの拡充を計画。新しく加えられたのがニンジャ1000だった。カワサキはそれに「パーソナルジェットファイター」と異名を与えて大きくアピール。それの意味するところはGPZ900R、つまり初代ニンジャの再来と言っていい。

GPZ900Rはレーサーレプリカではなく、ツアラーでもない、まったく新しいポジショニングを築いた傑作である。あらゆるステージでライバルを打ち負かす高いパフォーマンスを発揮し、それでいて快適性にも配慮されたスペックと装備は、今にして思えばまさにパーソナルジェットファイターというコピーがふさわしい。映画『トップガン』におけるF14戦闘機との並走シーンはあまりにも有名だが、もしかするとあの場面がコピーのヒントになったのかもしれない。

ともかく、ニンジャ1000の中にはスーパースポーツの運動性とスポーツツアラーの包容力が盛り込まれ、ハイスピードツーリングを好むライダーにウケた。特に欧州では多くの国でベストセラーを記録。その正常進化版が20年に投入された「ニンジャ1000SX」である。

【2015年モデル】
【2020年モデル】マフラーを片側1本出しへ変更マフラーは初代モデルから一貫して左右出しだったが、今作から右側1本出しに変更された。当然重量も軽くなり、約2kgの軽量化に貢献している

スリムな車体をフルカウルで包み、そこにアップハンドルを組み合わせる基本構成は従来通りながら、左右に振り分けられていたマフラーは右側1本出しになり、シャープな造形がさらに際立っている。サイドカウルを中心に外装もリファインされ、ベンチレーション機能の向上も図られているという。

素材と形状が見直されたシートはホールド性に優れ、手を伸ばせばちょうどいいところにハンドルがある。下の走行写真からも分かる通り、ワキやヒジが適度に締まるスマートなライディングフォームへ自然にいざなってくれるのだ。

スペック的にはそれほど低回転寄りのエンジンではないものの、無造作にクラッチをつないでも力強いトルクを得ることができる。新しく採用されたクイックシフターはギヤのアップもダウンも正確にこなし、矢継ぎ早に3つ落とすような操作も難なく受け入れてくれる。

ハンドリングを語る上で印象的な振る舞いはいくつもあるが、コーナーへ進入し、最大バンク角に至る時のスタビリティと接地感には常に感心させられることになった。リーンさせる時の手応えは軽い、重いで言えば確実に軽いものの、軽薄さは一切なくビタッと張り付くようにラインをトレース。必要ならバンク角を足したり戻したり、あるいはスロットルを開けたり閉じたりするだけで、鼻先をアウト側にもイン側にも向けることができる。この自由度は他のモデルにはないアドバンテージのひとつだ。

あらゆる場面でライダーのスキルをサポート

Ninja1000SXにはIMUが搭載され、車体の姿勢変化とそこに至る加速度を常に検知している。その情報がトラクションコントロールの介入度やABSの効力と連動し、それぞれを総合的に制御。減速~旋回~加速をスムーズにつなげ、車体の安定性と安全性を飛躍的に向上させている

フロントフォークのピストンにはスリットが設けられ、オイルの流入スピードを最適化。端的に言えば、よりしなやかなストロークを実現しているわけだが、リヤサスペンションのリセッティングも含め、従来モデルとの明確な差がここにある。

ニンジャ1000SXのそんなハンドリングを楽しんでいると、気づけばかなりのアベレージスピードに達しているかもしれない。そんな時はTFTディスプレイ内に表示されるバンク角を確認し、自制することをおすすめする。ブリヂストンのスポーツハイグリップタイヤ「S22」が純正装着されていることも手伝って、バンク角はいとも簡単に50度を超えてしまうからだ。

もっとも、エンジンパワー(フル/ロー)とトラクションコントロールの介入度(1/2/3/オフ)を統括制御するライディングモード(スポーツ/ロード/レイン/ライダー)の他、KIBSと呼ばれる独自のABSに任せておけば、リスクはかなり軽減してくれる。

過信は禁物ながらその恩恵は極めて大きく、高度なアクティブセーフティ機能が150万円を下回る価格に含まれていることは驚きだ。そこには保険と同等の価値がある。

なんでもこなせる中庸さは無個性と紙一重ながら、ニンジャ1000SXにそれは当てはまらない。

快適性と利便性を高めるための装備はほとんど網羅 Ninja1000SX DETAILS

操作性に優れるハンドルのスイッチボックス。クルーズコントロールとグリップヒーターも標準装備される
シートはウレタン材や形状が改良され、快適性が向上。ローシートやコンフォートシートがオプションで用意される
ホールド性に優れる燃料タンクは19?の容量を確保。燃費は1名乗車のWMTCモードで17.5km/Lを公称する
ディスプレイには4.3インチのフルカラーTFTパネルを採用。表示スタイルは2パターンが用意されている
フロントブレーキは異形4ピストンモノブロックキャリパーをラジアルマウント。ディスク径はφ300mmとなる
サイドカウルは3ピースで構成され、流麗さとシャープさを両立。放射熱の大半はライダーを避けて放出される
カワサキの他のモデル同様、フットペグのグリップ力は高く、車体のホールドとコントロールを容易にしている
スイングアーム下部のスペース効率向上のため、リヤサスペンションにはホリゾンタルタイプを採用している
タンデムシート下には車載工具とETC2.0車載器を標準装備。グラブバーはパニアケースの装着にも対応する
油圧式のプリロードアジャスターを標準装備。タンデムや荷物の積載量に応じて簡単に調整することができる

スクリーンは4段階の可変式

スクリーンの形状は従来モデルと異なり、よりスタイリッシュになった。また、その角度は速度域や体格に合わせて4段階に調整が可能。手動ではあるがリリースボタンで簡単に行える

大幅に洗練されたエンジン

141psの最高出力を発揮する1043ccの並列4気筒エンジンにも大小様々な改良が施されている。エレクトロニクス面では電子制御スロットルバルブを新採用。メカニカル面ではカムシャフトのプロフィールが見直された他、等長だった吸気ファンネルの長さが不等長になった(右イラスト)。これによって燃焼効率が向上。排ガスのクリーン化に成功し、高揚感のある吸気音も実現している。これらが統合し、エンジンの爽快な吹け上がりとスムーズなトルク特性がもたらされることになった
メインフレームは5ピースのアルミ鋳造パーツで構成され、エンジン上部を通されている。この取り回しによってニーグリップしやすいスリムな車体を実現している

ツーリングを快適にする豊富なアクセサリー

新型Ninja1000SXの登場にともない、カワサキは多数の純正アクセサリーも発表している。特にツアラーとしての機能強化アイテムが充実。大容量のパニアケースやトップケースは、その堅牢さと純正ならではのフィット感も手伝って人気を集めそうだ。ここに紹介したハードパーツの他、ホイールリムテープ(3564円)やメーターの耐傷フィルム(2640円)なども用意されている
トップケース 3万8500円
パニアケース 9万9000円
大型ウインドシールド 1万5070円
フレームスライダー 1万7710円

Nina 1000SXに装備される電子デバイス

●インテグレーテッドライディングモード スポーツ/ロード/レイン/ライダー●カワサキトラクションコントロールモード1/2/3●パワーモード フル/ロー●カワサキコーナリングマネージメントファンクション●カワサキインテリジェントアンチロックブレーキシステム●カワサキクイックシフター●エレクトロニッククルーズコントロール

インテグレーテッドライディングモードとはトラクションコントロールとパワーモードと連動するシステムだ。例えば「スポーツ」を選択するとトラクションコントロールは「1」(=介入度が最も低い)、パワーは「フル」が自動選択され、よりダイレクトなフィーリングを味わえる。制御の要は重量わずか40グラムのIMUが担う

Nina 1000SX Colouring

パールブリザードホワイト×メタリックカーボングレー
エメラルドブレイズドグリーン×メタリックカーボングレー
メタリックグラファイトグレー×メタリックディアブロブラック
●LEDライトの採用やカウリング形状の変更、マフラーの新設計などが効果的に機能し、もともとスリムだったボディラインがより強調されている

SHARE

PROFILE

伊丹孝裕

RIDERS CLUB / メインテスター

伊丹孝裕

ライダースクラブのメインテスター。アマチュアレースに熱中した後、バイク雑誌編集者に。鈴鹿8耐やマン島TTなど、国際的なレースに参戦し、近年はオフロードも本格的に。何にでも積極的に首を突っ込むスタイル

伊丹孝裕の記事一覧

ライダースクラブのメインテスター。アマチュアレースに熱中した後、バイク雑誌編集者に。鈴鹿8耐やマン島TTなど、国際的なレースに参戦し、近年はオフロードも本格的に。何にでも積極的に首を突っ込むスタイル

伊丹孝裕の記事一覧

No more pages to load