BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

切れ味が磨かれた KATANA/ アクティブが提案するカスタムの神髄

自分仕様を求めているなら……アクティブが創り上げた最新ショーモデル

世界中のバイクパーツを取り扱う他、ホイールやブレーキを筆頭にオリジナルパーツの開発にも積極的なメーカーが「アクティブ」だ。ここでは春のモーターサイクルショーで披露予定だったマシンを紹介。実際に走らせることもできたため、カスタムプランの参考にしてみてほしい

オリジナルの雰囲気とスポーツ性の融合 SUZUKI KATANA The Custom Machines by ACTIVE

スズキが新型カタナの発売を開始してから1年以上が経過した。

もちろん、そのスタイリングはオリジナルのカタナ、つまりGSX1100Sをモチーフにしたもので、フロントマスクの造形にその面影を見つけることができる。

よく知られている通り、新型カタナのベースになっているのはネイキッドのGSX‐S1000だ。その素性を変えることは難しく、オリジナルカタナの特徴でもあったクリップオンハンドル(セパレートハンドル)の再現は見送られたのだが、皮肉にもそこに多くの声が集まることになった。「ハンドルさえ、もう少しスポーティだったら」というリクエストがそれだ。
言い方を変えると、そこにパーツメーカーの腕の見せどころがあることを意味し、アクティブもすぐさま開発に着手。GSX1100Sらしさと現代的なデザインとの融合を目指し、このスタイルが完成した。

前傾姿勢の度合いが適度に増し、フロントタイヤへ自然に荷重が掛かるポジションを実現

注目のハンドル周りは左ページの通りだ。当初はセパレートハンドルの採用も検討され、実際にテストも行われたという。ただし、コストがかさむことが予想され、なによりデザイン的なまとまりに欠けたため、ローポジションのバーハンドルも並行して試作。ノーマル車両と比較すれば一目瞭然ながら、そのサイドシルエットは明らかにナチュラルなものになっている。

ライディングポジションを取ると、ハンドル位置が下がっているだけでなく、グリップが手前に絞られ、それでいて全体的に前方向へオフセットされていることが分かる。

端的に言えばフロントに荷重が載せやすく、タイヤの接地感が把握しやすいディメンションになった。特にコーナーへ向かってターンインする瞬間からフルバンクに至る過程での手応えが解消され、よりスポーティなハンドリングに生まれ変わっているのが印象的だった。

ナチュラルなのはハンドルの造形だけでなく、スクリーンもそうだ。「まさにカタナ」という風合いを持つがそれもそのはず。これは以前からアクティブのラインナップにあるGSX1100S用のアフターパーツであり、それを新型カタナに流用できるようにステーセットを用意。手軽でありながらカタナらしさが格段に向上する部分だ。このステーさえあれば、数多あるGSX1100S用のスクリーンが装着できる点も嬉しい。

紹介すべきパーツはまだまだ豊富にあるが、現在ロングテールのシートカウルも開発されているとのこと。オリジナルカタナが長年に渡って愛されたのと同様、今後の進化が楽しみな素材である。

純正よりも低いポジションに

ローポジションのアルミハンドルバーはクラッチワイヤーやブレーキホースの交換を必要とせず、ボルトオンでの装着が可能。高さは約34mm低くなり、大きく絞られているのが特徴だ。カラーはブラックのみ 価格:1万3200円

キャリパーはオリジナルブランド「ゲイルスピード」のElaborateチタンボトル仕様。(12万1000円/片側)
GSX1100S用のスクリーンがそのまま装着できるステーを開発。価格:3万3000円(スクリーン&ステー含む)

ノーマルの車体(上)と横並びにすると、ハンドル位置がいかに変わったかがよく分かる。もちろんクリアランスは保たれ、外装への干渉はない
質感のみならず、放熱効率も向上するLEDフロントウインカー&ラジエターシュラウド(3万3000円)
日本刀をモチーフにしたヒールプレートが印象的なゲイルスピードのフットコントロールキット(7万4800円)
アクラポビッチのチタンスリップオンマフラー(11万8800円)。JMCA(政府認証)に適合し、車検もクリアする
リアブレーキキャリパーもゲイルスピードのElaborate(7万400円)。マウント用のボルトにはチタンが採用されている
リア周りをシャープに見せるLEDナンバー灯付きのフェンダーレスキット(2万9700円)。LEDウインカーは別売り
ノーマル比で約4kgの軽量化(前後セット)を実現しているゲイルスピードのアルミ鍛造ホイール(32万2300円)
日本の環境に合わせて仕様が最適化されたハイパープロのサスペンション・ストリートボックス(16万9400円)
先端にはアクティブのアルミバーエンド(1870円)とギルズツーリングのレバーガード(1万5400円)を備える

SHARE

PROFILE

伊丹孝裕

RIDERS CLUB / メインテスター

伊丹孝裕

ライダースクラブのメインテスター。アマチュアレースに熱中した後、バイク雑誌編集者に。鈴鹿8耐やマン島TTなど、国際的なレースに参戦し、近年はオフロードも本格的に。何にでも積極的に首を突っ込むスタイル

伊丹孝裕の記事一覧

ライダースクラブのメインテスター。アマチュアレースに熱中した後、バイク雑誌編集者に。鈴鹿8耐やマン島TTなど、国際的なレースに参戦し、近年はオフロードも本格的に。何にでも積極的に首を突っ込むスタイル

伊丹孝裕の記事一覧

No more pages to load