BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

カワサキレーシングに浸る!Ninja 1000SX & ZX-25R用デカールキット

手軽に衣替えしてカワサキレーシングに浸る!
K’s-STYLEのデカールカスタム

ネオレトロなZ900RSやスーパーチャージャーバイクのZ H2など、人気車種が目白押しのカワサキ。そんなラインナップの中で、ハイスピードツアラーのNinja1000SXも“カワサキらしさ”に溢れた1台。漲るパワーと優れたハンドリングを、タンデムで愉しめる高い旅性能を誇り、スーパースポーツを思わせる鋭角的なフルフェアリングも大きな魅力だ。 そのスタイルを、SBKレースで連勝を重ねるZX-10Rでお馴染みのKRT(カワサキレーシングチーム)カラーに、手軽にチェンジできるデカールキットをK’s-STYLEが発売。サイドカウルからタンクまで連なる大胆なハニカムパターンが、世界最強のスーパーバイクを彷彿させるデカールは対候性が高く、自分で貼ることができ、2020年モデルのグリーンおよびブラック用に2種を用意する。

Ninja 1000SX用デカールキット KRTイメージ /グリーン バージョン・・・・・・ ベース車両:’20年モデル/グリーン  価格:デカールキット+ブラックペイント済 サイドアッパーカウル/9万9627円   デカールキット+サイドアッパーカウル 持ち込みのブラックペイント/7万9057円   デカールキットのみ/4万9500円
ブラックバージョン・・・・・・ベース車両:’20〜’21年モデル/ブラック  価格:デカールキット+ブラックペイント済 サイドアッパーカウル/9万9627円   デカールキット+サイドアッパーカウル 持ち込みのブラックペイント/7万9057円   デカールキットのみ/4万9500円(’20年モデルのみ)

威風堂々の“敢えて2本出し”

またSP忠男とのコラボで、Ninja1000SX用に左右出しのスリップオンマフラーもリリース。こちらもハイスピードツアラーらしい迫力のスタイルと定評ある図太いトルクで、所有感も乗り心地もアップ。 ZX-25R(ブラック)用にも、KRTイメージのデカールキットを用意。コレなら“せっかくスーパースポーツなのに単色だとちょっと寂しい……”というオーナーも、テンションが上がること間違いナシだ!

POWER BOX TWO TAILマフラー SP忠男×K’s-STYLE コラボモデル/対応車種:Ninja 1000SX(’20〜)  素材:ステンレス  仕様:スリップオン 価格:14万1900円
'20年モデルのNinja1000SXのマフラ ーは右1本出しだが、ハイスピードツアラーらしいスタイルと出力特性を求め、敢えて2本出しで開発。サイレンサー容量を増し、消音しつつ重低音を奏でる

ツーリングに便利なパニアケースセット

 

タンデムの宿泊ツーリングでも十分な容量を誇る純正パニア&トップケースもおススメ。ケースを装着した際も2本出しマフラーとベストマッチング!

大人気のNinja ZX-25R用のデカルーキットも登場!

標準モデルのZX-25Rはメタリックスパークブラックの単色のみだが、このデカールキットを貼るだけで、KRTのハニカムパターンが映えるレーシングイメージに大変身!

 

Ninja ZX-25R用 デカールキット KRTイメージ(ブラックⅡ)/ 対応年式:’21 対応 カラー:メタリックスパークブラック  価格:3万3000円

KRTイメージのレーシングスーツも製作!

べリックとK’s-STYLEのコラボで生まれたKRTイメージのレーシングギア。最新のレーシングスーツ2.0に、SBKレーサーを彷彿させるグラフィックをあしらった「KAWASAKI乗るならコレ!」というデザイン。グローブとブーツもラインナップする。サーキットデビューを目指すなら是非!

ベリック レーシングスーツ2.0/ サイズ:48〜56  価格:14万2780円

 

SHARE

PROFILE

RIDERS CLUB 編集部

RIDERS CLUB 編集部

1978年の創刊時から、一貫してスポーツバイクの魅力を探求し続けるオピニオンマガジン。もはやアートの域に達している、バイクの美しさを伝えるハイクオリティの写真はいまも健在。

RIDERS CLUB 編集部の記事一覧

1978年の創刊時から、一貫してスポーツバイクの魅力を探求し続けるオピニオンマガジン。もはやアートの域に達している、バイクの美しさを伝えるハイクオリティの写真はいまも健在。

RIDERS CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load