BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

早くも登場!  K-FACTORY / Kawasaki NinjaZX-25R用カスタムパーツ

期待の250スーパースポーツを超速でカスタム!
クラスを超えた質感と、クラスならではのスポーツ感が、正しく混在するマシン
キャリアの長いライダーには懐かしく、いまどきの若者は初体験
そんな話題のNinja ZX-25Rの発売とほぼ同時に、ケイファクトリーがカスタムパーツを多数リリースした

K-FACTORY Kawasaki NinjaZX-25R

19年の東京モーターショーでベールを脱ぎ、世代を超えてライダーたちの大注目を集めたカワサキ・ニンジャZX‐25Rがついに発売開始! と、ほぼ同時と言えるタイミングで、ケイファクトリーがフルエキゾーストマフラーやステップキットをはじめ、多数のパーツをリリース。それだけでも驚異だが、なんとフル装備のデモ車を用意!!

回す悦びとサウンドに酔う 在りし日の憧憬が蘇る

フルエキゾーストマフラーヘキサゴンサイレンサー21万7800円

チタン製フルエキゾーストをこの価格で実現。しかもJMCA認証取得。エキパイは1-2番、3-4番をバイパスパイプで繋ぎ、高回転のレスポンスとパワーに優れる4-2-1で集合。異形六角断面のサイレンサーにはアルミ削り出しエンドを装備

ライディングステップ5万2800円

アルミ削り出しの軽量なライディングステップ。4ポジション可変で、シフト/ブレーキともに高性能ベアリングで支え、剛性感ある操作フィーリングを実現。ペダル先端位置の調整可能、正/逆チェンジ可能。アルマイトカラーは黒、金の2色を用意する

ハンドルキット3万9600円

トップブリッジを外さず素早く脱着できるクイックリリース式。ハンドルバーの垂れ角は5度と10度が選べる可変式。クランプ部はステイゴールドとチタンカラーの2色を用意

新型レバーガード9350円

プレートとガード部分が分割構造で、5段階の角度に調整可能。エンドのカラーは金、黒、銀、青、赤の5色。クラッチ側にも装着可能

ショートステー近日発売予定 価格未定

テールカウルとナンバープレートホルダーを繋ぐステーをショート化。ノーマルフォルムのまま、リア周りのバランスを向上する好アイディアのアイテムだ

ラジエターコアガード1万7600円

飛び石や虫の飛来からラジエターコアの破損や目詰まりを防ぐ。前輪の巻き上げが多い中央部は目が細かく、両サイドは冷却性の高い粗目

エンジンスライダー1万2100円

スライダーは摩擦係数の少ないジュラコン製で、ジュラルミンのベースとの間に硬質ゴムをサンドイッチすることで衝撃吸収率を向上

フロントアクスルスライダー8800円

転倒時にフロントフォークのレッグやアクスルの接地を防ぐ。スライダーはジュラコン製、ベースプレートはジュラルミン製

スタンドフック7480円

メンテナンス時やレースで必要なスタンドフックは、本体部分に摩耗に強く滑りの良い硬質樹脂を採用。カラーは金、黒、銀、青、赤

オイルフィラーキャップ4180円

ジュラルミンを高精度で削り出したオイルフィラーキャップ。サーキット走行も安心、レースで必須なワイヤーロック用の穴を装備

リザーバータンクキャップ 5720円

リアブレーキのリザーバータンクをドレスアップするジュラルミン切削のキャップ。アルマイトカラーは黒、金、銀の3色を用意
優美なサイレンサーや丁寧に切削されたステップキットなどによって、長兄のZX-10Rにも引けをとらないレーシーなスタイルにアップグレード。250クラスとは思えないオーラを発する佇まいだ

SHARE

PROFILE

RIDERS CLUB 編集部

RIDERS CLUB 編集部

1978年の創刊時から、一貫してスポーツバイクの魅力を探求し続けるオピニオンマガジン。もはやアートの域に達している、バイクの美しさを伝えるハイクオリティの写真はいまも健在。

RIDERS CLUB 編集部の記事一覧

1978年の創刊時から、一貫してスポーツバイクの魅力を探求し続けるオピニオンマガジン。もはやアートの域に達している、バイクの美しさを伝えるハイクオリティの写真はいまも健在。

RIDERS CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load