BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

BMWモータースポーツの象徴『M』を冠にするトップモデルが登場! 『BMW M 1000 RR』

“M”の名を持つロードゴーイングレーサー BMW M 1000 RR

BMWのスーパースポーツと言えば「S1000RR」だがより高いパフォーマンスを持つ、新たなグレードが加えられることになった
「Motorsport」を意味する頭文字を持つ「M1000RR」がそれだ
ここでは、そのスペックや装備を可能な限りお届けしていこう

●MAX POWER 212hp●DRY WEIGHT 170kg●MAX SPEED 306km/h
●0-100km/h ACCELERATION 3.1seconds●DOWN FORCE 16.3kg(300km/h)●PRICE ¥5,000,000-

そもそも“M”とは何か?

BMWの四輪にはMの名を冠したモデルが幾種類もある。M5セダンやM8クーペなどがそれだが、通常のラインナップに対してスポーティな装備が与えられているところが特徴だ。もっともそれも当然で、Mはそもそも「Motorsport」を意味する。より正確に記すと、BMWの別動隊として「Motorsport GmbH(有限会社モータースポーツ)」という別会社があり、そこから送り出されたモデルに「M」の文字が付けられたのだ。

この会社はかなりの歴史を持ち、設立されたのは1972年のこと。その頃隆盛を誇っていたETC(ヨーロッパツーリングカー選手権)は激烈を極め、社内の一部門でまかなうには無理があった。そこでBMWはレースに専念できるプロ集団を組織することを決定。結果、既述の別会社が誕生したのである。

その成果は早々に表れ、’73年には3.0CSL(下)がETCのメーカーズタイトルを獲得。Motorsport GmbHが開発したエンジンはフォーミュラレースでも躍動し、BMWのスポーツ性を世に知らしめたのである。

本来は競技専門の会社だったものの、やがて市販車にも関わるようになり、後に社名を「M GmbH」へ変更。いずれにしてもスピードの象徴として今に至っている。

BMW M1000RR 強力なダウンフォースを生み出すMウイングレット

9月下旬、唐突にティーザーが始まったBMWのニューモデルが、この「M1000RR」だ。マシンのシルエットとカラーリングは、「S1000RR」に近しいものだが、車名のM(=Motorsport)が示す通り、よりパワフルに、より軽量に仕上げられたハイパフォーマンス仕様である。

これまでもS1000RR・Mパッケージ/ MパッケージDDCというグレードはあったわけだが、「M」の文字が車名の頭に付けられた初のモデルとして、BMWの2輪史に名を残すことになるだろう。

注目すべき点は、昨今のトレンドであるウイングレットの装備だ。ボックス形状のそれはカーボンで成型され、時速300㎞の時点で車体フロントに13.4㎏、リアに2.9㎏のダウンフォースを発生。エンジンの出力をロスなく加速方向に活かしつつ、ブレーキング時のスタビリティ向上も図られている。

BMWがMウイングレットと呼ぶ空力パーツがこれだ。上面から見ると単なるボックスではなく、小さな整流板を持つ凝った形状になっていることが分かる。ダウンフォースは50km/hの時点で明確に発生し(0.5kg)、ハイウインドスクリーンとの相乗効果で安定性が向上する

エンジンにもかなり手が入っている。最高出力はS1000RR比で5hpアップの212hpを公称し、その発生回転数は1000rpm上乗せされた1万4500rpmに到達。これを実現するため、コンロッド、ピストン、ピストンリング、ロッカーアームといった部分が刷新され、可変ファンネルの採用によって吸気効率も見直されている。

そのパワーを制御する電子デバイスも充実し、ライディングモードはレイン/ロード/ダイナミック/レースの他、S1000RRではオプションだったレースプロ1/2/3を加えた全7パターンを標準装備。トラクションコントロールやウイリーコントロールといった従来の制御もそれぞれ最適化されている。

車体側で注目すべきは、ホイールベースが17㎜延長され、リアの車高調整やピボットの位置調整が可能になっているところだ。これによってサーキットを前提としたキャラクターがより明確になった。

公道走行が可能な最強最速マシンとして、21年初夏の導入が予定されているため、楽しみに待ちたい。

BMW M1000RR DETAILS

6.5インチのフルカラーTFTディスプレイはGPSデータロガーシステムとも連動し、様々な情報が表示される。フロントフォークはマルゾッキを採用。ピンポイントなセットアップを実現するため、電子制御ではなく機械式となる
Mブレーキと呼ばれる専用のモノブロックキャリパーを装備。レースABSによってバンク中の減速も可能にしている。ディスク厚はS1000RRよりも0.5mm厚い
カーボンホイールを採用し、俊敏なハンドリングを実現している
エンジンは基本構造を踏襲しつつ、各部をアップデート
画像のステップキットとアルマイト加工が施されたシルバーのスイングアームは上級グレード「Mコンペティションパッケージ」の専用アイテムだ
S1000RR比で3657g軽量のチタンエキゾーストシステムを装備する
■主な電子デバイス
●ライディングモード( 7パターン)●ピットレーンリミッター●ローンチコントロール●ダイナミックトラクションコントロール●ウイリーコントロール●スライドコントロール●ヒルスタートコントロール●ダイナミックブレーキコントロール●シフトアシストPro●クルーズコントロール

M competition package

STD

■Specifications
●エンジン:水冷4ストローク並列4 気筒●総排気量:999cc●ボア×ストローク:80mm×49.7mm●圧縮比:13.5:1●最高出力:212hp/14500rpm●最大トルク:113Nm/11000rpm●変速機:6速●クラッチ:湿式多板スリッパークラッチ●フレーム:アルミ鋳造フレーム●重量:192kg(Mコンペティションパッケージ191.8kg)●キャスター角:23.6°●トレール量:99.8mm●フロントサスペンション:φ45mmフルアジャスタブル倒立フォーク●リアサスペンション:フルアジャスタブルモノショック●フロントブレーキ:φ320mmダブリディスク&Mブレーキ4ピストンキャリパー●リアブレーキ:φ220mmシングルディスク&2ピストンキャリパー●フロントタイヤ:120/70ZR17●リアタイヤ:200/55ZR17●シート高:832mm●燃料タンク容量:16.5ℓ●国内参考予定価格:500万円
S1000RRとの出力特性の差を表したグラフ。パワーとトルクは6000rpm以上の領域になるとS1000RRを凌駕。より軽量なチタンコンロッドやナロータイプのロッカーアームなどによってレブリミッターも引き上げられ、1万5100rpmで作動する

SHARE

PROFILE

RIDERS CLUB 編集部

RIDERS CLUB 編集部

1978年の創刊時から、一貫してスポーツバイクの魅力を探求し続けるオピニオンマガジン。もはやアートの域に達している、バイクの美しさを伝えるハイクオリティの写真はいまも健在。

RIDERS CLUB 編集部の記事一覧

1978年の創刊時から、一貫してスポーツバイクの魅力を探求し続けるオピニオンマガジン。もはやアートの域に達している、バイクの美しさを伝えるハイクオリティの写真はいまも健在。

RIDERS CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load