BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

250ccに継承されるハンドリングのヤマハ YAMAHA YZF-R25 ABS をチェック

2020年 カワサキがこのクラスに4気筒エンジンを復活させたことで、若者のみならずアラフィフライダーも再び注目した国産250cc スポーツ。その最新事情を探るべく、YAMAHA YZF-R25 ABS その実力に迫った

Tester 鈴木大五郎 Daigoro Suzuki

アメリカでダートトラックやロードレースの経験を積み、国内では鈴鹿8耐などで活躍。現在は雑誌のテスター、インストラクターとして幅広く活動している

ヤマハハンドリングを体感できる小さなスーパースポーツ

「ヤマハハンドリングを分かりやすく説明せよ」などと問われたならば、どう答えようか非常に悩 ましく思う。

ずいぶん昔、ある雑誌の企画で「ヤマハハンドリングを検証する」的なものがあり(本誌でも20年11月号で 同様の特集を掲載したわけだが)、当時の開発陣に話を伺った。しかし、本人たちは「どうなんでしょうねぇ ……」と、意外とこだわりがないような印象。作っている張本人もはっきりと明言できない奥深さなのか、それとも単にはぐらかされたのかは分からないが、なかなか謎めいたハンドリングであるのかもしれない。

それでも、感覚的にはヤマハハンドリングというのは間違いなくあって、「あーでもない、こーでもない」とさまざまな憶測をして、そのフィーリングが作られていると議論した記憶がある。

では、このR25はどうだろう。以前に乗った際も「ヤマハらしいねぇ」と感じたことは確かであるのだけれど、今回のように6車種を取っ替え引っ替え走らせるというシチュエーションで比較してみると、その意味というか、違いが個性としてはっきりと感じられたのであった。

バンク角に比例して旋回性が高まっていくのはどのマシンでも同様。しかしR25はそこにプラスαの旋回力、とくにフロント周りの舵角のつき方というか、セルフステア感が強い印象。そして優しいフィードバックが付随しているのが明確に感じられる。そうそう、これこそがヤマハハンドリングの定義なのではなかろうか?

フロントタイヤから高い接地感が伝わる、クセのないニュートラルなハンドリングがヤマハらしい

高剛性化された昨今のスポーツバイクでは感じにくくなっていたフィーリングが、日常的なスピード域で味わえる幸せ。操っていて楽しいし、自信を持って攻め込んでいける感覚。ライディングポジションが自然で、ヒザ周りがピタリとタンクにフィットする感触も、コーナリングで旋回力を発揮させる操作に対してプラスに作用している。

と同時に、ハンドリングは車体のみで決まるものではないという認識 をあらためて感じさせてくれたのがこのエンジンである。スロットルオフから開け始める瞬間の柔軟さ。ややトルクが薄いという印象もないわけではないものの、逆にそのおかげでスロットルを合わせやすく、操作した瞬間に鋭く曲げていくことも可能にさせている。なんとなくでも曲がっていくマシンが多い軽量クラスではあるが、そこに自分の意志とリンクしている感覚があると、俄然スポーツライディングをしていると感じさせてくれるエキサイトメントがあるのだ。

エンジンの回転数が上昇していった際のストレスの無さも気持ち良い。もちろん250㏄という排気量なりのパワーではあるのだけれど、スロットル開度に合わせてフリクションなく気持ち良く回っていく感触は「これもヤマハっぽいなぁ……」と感じさせてくれたのだ。

スタイリングに裏切られることのないスポーツマインド。受動的ではない操作感がこのマシンの魅力ではあるが、それが押し付けがましくないのがR25の素晴らしさなのではないだろうか。

YZR-M1にも採用されるM字型のエアインテークがスポーティさを主張。サイドカウルの凝った形状は空力向上を狙ったものだ
Riding Position
シート高は780mm。 ハンドルとシートの距離は近く、コンパクトだ。燃料タンクはニーグリップのしやすさに配慮された形状を持つ

YAMAHA YZF-R25 ABS DETAILS

右:初期作動に優れるリアサスペンション。プリロードは7段階で調整できる。KYBのリプレイスサスペンションをオプションで用意、左:フロントはφ37mmの倒立フォーク。’19年型から接地感と路面追従性が向上している
ABS仕様とABSレス仕様の2種を用意。IRCのバイアス「ロードウィナーRX-02」が標準装着タイヤだ
クイックシフターは非装備
YZR-M1をモチーフとした液晶ディスプレイを採用。シフトタイミングインジケーターも装備する
ハンドル幅(バーエンド含まず)は実測で約655mm。トップブリッジは肉抜きによって剛性が最適化されている
SPECIFICATIONS
●エンジン:水冷4ストローク並列2気筒●排気量:249cc●最高出力:35ps/12000rpm●最大トルク:2.3kgf・m/10000rpm●ボア×ストローク:60.0mm×44.1mm●軸間距離:1380mm●シート高:780mm●車両重量:170kg●フレーム:ダイヤモンド●フロントサスペンション:φ37mm倒立フォーク●リアサスペンション:モノショック●フロントブレーキ:シングルディスク●リアブレーキ:シングルディスク●タイヤ:フロント110/70-17●リア:140/70-17●燃料タンク容量:14ℓ●価格:65万4500円

SHARE

PROFILE

RIDERS CLUB 編集部

RIDERS CLUB 編集部

1978年の創刊時から、一貫してスポーツバイクの魅力を探求し続けるオピニオンマガジン。もはやアートの域に達している、バイクの美しさを伝えるハイクオリティの写真はいまも健在。

RIDERS CLUB 編集部の記事一覧

1978年の創刊時から、一貫してスポーツバイクの魅力を探求し続けるオピニオンマガジン。もはやアートの域に達している、バイクの美しさを伝えるハイクオリティの写真はいまも健在。

RIDERS CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load