BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

STMのスリッパークラッチはノーマルと何が違う?

STM WET SLIPPER CLUTCH/操る悦びを喚起するダイレクトなタッチ

スリッパークラッチでお馴染みのブランド「STM」からドゥカティ・パニガーレV4とストリートファイターV4用の製品がラインナップされ、テストする機会を得た。果たしてノーマルのそれとは異なるのだろうか?

2ストロークさながらのリズミカルなシフトダウンを実現

ドゥカティに限らず、スリッパークラッチは大半のスーパースポーツに標準装備されている。システムやその制御の度合いに程度はあるものの、過度なエンジンブレーキを逃がし、特にシフトダウン時の安定性を高めるための機構だ。

パニガーレV4や、同系のエンジンを搭載するストリートファイターV4にももちろん採用されており、おそらく多くのライダーが特に不満を感じることなく使っているのではないだろうか。

それゆえ、「STMにしたところで違いがあるのか?」という疑問があるかもしれない。

それはテスト車両を前にした私自身(伊丹)の思いでもあったわけだが、実際のところノーマルとSTMの差は歴然だった。STM装着車は入力に対するレスポンスが明瞭で、ひと言で言えば素晴らしく心地よかったのだ。

その効果はギアを1速に入れ、発進させる時から始まっている。クラッチの切れとつながりがダイレクトに感じられ、リアタイヤの蹴り出しがクリアに伝わってくる。

真骨頂は、もちろんシフトダウン時のフィーリングだ。特に高回転域から連続してギアを落としていく時の滑らかさはノーマルとはまったく異なる。体感的には2ストロークに近く、無造作に操作しても車体の挙動は乱れない。結果的にブレーキングに集中することができるのだ。

これに慣れると、ノーマルはギアが切り換わる間にわずかながら空白があるように感じられ、まどろっこしい。車体との一体感は断然STMに分があり、操る楽しみを引き出してくれていることがわかる。

クラッチレバーの操作力はやや重くなるが、ドゥカティ本来のスポーツ性と引き換えるためだと考えれば惜しくはないだろう。価値あるツウなカスタマイズだ。

湿式スリッパークラッチ 適合車種:DUCATI パニガーレV4、 ストリートファイター V4 価格:14万800円

純正のクラッチプレートやバスケットを流用し、装着には加工を必要としない。高いアベレージスピードでも車体の挙動が安定し、エンジンに対する負荷も軽減。耐久性や耐摩耗性にも優れる
プライマリスプリングとセカンダリスプリングには異なるレート設定があり、エンジンチューニングの度合いや好みの作動タイミングに応じて調整可能
スリッパーカムにはジュラルミンにスチールパーツを圧入したハイブリッドカムを採用し、滑らかな動作と耐久性を確保している

SHARE

PROFILE

伊丹孝裕

RIDERS CLUB / メインテスター

伊丹孝裕

ライダースクラブのメインテスター。アマチュアレースに熱中した後、バイク雑誌編集者に。鈴鹿8耐やマン島TTなど、国際的なレースに参戦し、近年はオフロードも本格的に。何にでも積極的に首を突っ込むスタイル

伊丹孝裕の記事一覧

ライダースクラブのメインテスター。アマチュアレースに熱中した後、バイク雑誌編集者に。鈴鹿8耐やマン島TTなど、国際的なレースに参戦し、近年はオフロードも本格的に。何にでも積極的に首を突っ込むスタイル

伊丹孝裕の記事一覧

No more pages to load