BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

新たな“最強”伝説がはじまる!  新型 Ninja ZX-10R/RR デビュー

カワサキで最もピュアなスーパースポーツ、NinjaZX-10R/RRがモデルチェンジ。イメージを一新するニューデザインのカウリングにはウイングレットを新たに装備される。予想される日本でのリリース時期は21年春。それまで待ちきれないライダーに向け現時点で判明しているスペックをお届けする。

The King Evolved  進化する “最強” 新型 Ninja ZX-10R/RR デビュー

カワサキはいつの時代もイノベーターだ。世界に衝撃を与えるモデルをリリースしては、ムーブメントをリードし続けてきた。何度目だろうか? またもや巨大なインパクトを備えたバイクを送り出してきた。それが、この21年型ニンジャZX-10R(以下、ZX10 R)だ。

ツラ構えは、異相と呼んで差し支えない存在感。だがもちろん、奇をてらいファッション性だけが優先された形ではない。斬新なカウルのデザインは、エアロダイナミクスを追求して生み出されたものだ。

なぜなら、このマシンはZX10R。市販車を改造して争われるプロダクションレースの世界最高峰、SBK(スーパーバイク世界選手権)で怒涛の6連覇を達成し、これからも勝ち続けるための武器なのだから。

だが、スペック上は大きな進化は認められない。エンジンと車体の基本コンポーネンツは従来モデルを踏襲。エンジンは内部パーツを一部変更し補記類には手が加えられているが、フレームとスイングアームに関してはそのまま。ただしディメンジョンは変更される。

変えるべきところは大胆に、変える必要のないところは手を加えない。エクステリアはアヴァンギャルドだが、実のところ手堅い方法論で作られている。ソコにも、遊びのない〝本気”が伺える。

新しくなったZX10R、 コイツも間違いなく速く、そして絶対に強い。

Ninja ZX-10RRの戦いの舞台はSB K。シーズン終了後のウインターテ ストで、早くも2021年型ベースの レーサーが登場。ジョナサン・レイ とアレックス・ロウズが走りを披露

全く新しいエクステリア、キーポイントはインテグレートウイングレット

“伝統と革新” 従来モデルをベースに 新技術を投入

POWER UNIT
ZX-10Rのエンジンの基本設計は従来モデルを踏襲している。203psの最高出力は変わらず、最大トルク11.7kgf・mにも変更はない。レブリミットはZX-10RRより1000rpm低い13700rpmとなっている。 パワーデリバリーのマネジメントは、トラクションコントロール、ローンチコントロール、電子制御式ABSなどを包括したシステムである KCMF(カワサキ・コーナリング・マネジメント・ファンクション)を搭載。トラクションコントロ ールのKTRCは、タイヤのスリップを防止するだけでなく、有り余るパワーを確実に路面に伝える、予測・フィードバック型のシステム。新たにクルーズコントロール機能も追加された。
CHASSIS
フレームとスイングアームは、基本的には先代モデルと共通。変更の必要なしと判断されたためだ。ただしジオメトリには手が加えられている。フロントフォークのオフセット量を2mm増大させ、トレール量を2mm減少。加えてピポット位 置1mm下げリアのアクスル位置を8mm後退させたことで、ホイールベースは10mmロングになった。これは評価の高かった安定性はそのままに、旋回性向上とハンドリングの軽快さを狙ったもの。ジオメトリの変更は、フォークオフセット量の変更を除けば車体に装備するアジャスト機能の範囲内で行われているもので、元来の車体設計が素晴らしかったことを証明している。ハンドル位置は10mm前進、ステップ位置は5mm上げられた。

The King Evolved Ninja ZX-10R/RR

フロントフォークは、SBK直系のテクノロジー、ショーワのBFFを継続して採用。アウター チューブの剛性バランスが見直され、スプリングのレートを下げダンピングは強化。新しいジオメトリに最適化したセッティングが与えられている。トリプルツリーは、アンダーブラケットのクランプ部面積を拡大し剛性をアップした
フロントブレーキは、ブレンボ製のM50アルミモノブロックキャリパーを採用。組み合わされるローターは、同じくブレンボ製のφ330mmでt5.0mm。 そのままレースにも対応可能なシステムを装備する
従来型では水冷式だったオイルクーラーは空冷式に変更。オイルの冷却経路が独立したことで、油温の立ち上がりと冷却効率が向上。レーシーなルックスもスパルタンなイメージを強調する
エキゾーストシステムは全体が見直された。ヘダーズのバイパスパイプは1-4、2-3から1-2、3-4に変 更。管長と管径、パイプレイアウトはレース用とほぼ同じ。サイレンサーは全長が126mm大型化
メーターは4.3インチのTFTモニター。背景色は白と黒が選択可能で、二つの表示モードを用意。スマートフォンと接続すれば、カワサキのバイク用アプリ「RIDEOLOGY」が利用できる。KCMFのセッティング変更もスマートフォンで可能
一般走行時の表示
サーキット走行時の表示
リアサスペンションはカワサキ独自のホリゾンタルバックリンクレイアウト。BFRC Liteショックユニットはスプリングレートが上げられ、ダンピングは伸/圧共にソフトに変更された

小さくても効果絶大 フロントを路面に押し付ける ウイングレット

スクリーンは従来型比で40mm高くなった。ウインドプロテクション性を向上させながら、パッケージでの空気抵抗は7%ダウン
空力のイメージ図。ウイングレットが空気の流れをコントロール、車体を路面に押し付ける
リバーススラントデザインが新鮮なカウリング。ヘッドライトの外側にある開口部が、インテグレーテッドタイプのウイングレットだ。独立型に比べれば目立ちにくいパーツだが、その効果は高くダウンフォースは17%向上している

全世界限定500台! レースベースモデル Ninja ZX-10RR

SBK参戦を見据えたZX-10RRも同時発表。特徴的なのはエンジンで、ドイツのパンクル社製のスペシャルパーツが組み込まれている。レブリミットは従来モデルの14300rpmから14700rpmに引き上げられ、最高出力はZX-10Rとくらべて1ps向上、より広いパワーバンドを実現した。
ピストンは一つあたり20g軽量でコンロッドはチタン製。カムシャフトとバルブ周りも専用品を使用する。
マルケジーニ製アルミ鍛造ホイールが標準で、これはスタンダードにも装着可能だ
SPECIFICATIONS Ninja ZX-10R/RR
●エンジン:水冷4ストローク並列4気筒●バルブ形式:DOHC 16バルブ●ボア×ストローク:76.0×55.0mm●排気量:998cc●圧縮比:13.0:1●最高出力:203ps/13200rpm(ラムエア加圧時 213ps)[204ps/14000rpm(ラムエア加圧時214ps)]●最大トルク:11.7kgf・m/11400rpm[11.4kgf・m/11700rpm]●変速機:常噛6段リターン●クラッチ:湿式多板●フレーム:ツインスパー(アルミニウム)●キャスター /トレール:25°/105mm●ブレーキ:F=φ330mmダブルディスク、R=φ220mmダブルディスク●タイヤサイズ:F=120/70ZR17M/C(58W)、R=190/55 ZR17M/C(75W)●全長/全幅/全高:2,085mm/750mm/1,185mm●軸間距離:1,450mm●車両重量:207kg ●燃料タンク容量:17ℓ
※[ ]内はNinja ZX-10RR 諸元は海外モデル

SHARE

PROFILE

RIDERS CLUB 編集部

RIDERS CLUB 編集部

1978年の創刊時から、一貫してスポーツバイクの魅力を探求し続けるオピニオンマガジン。もはやアートの域に達している、バイクの美しさを伝えるハイクオリティの写真はいまも健在。

RIDERS CLUB 編集部の記事一覧

1978年の創刊時から、一貫してスポーツバイクの魅力を探求し続けるオピニオンマガジン。もはやアートの域に達している、バイクの美しさを伝えるハイクオリティの写真はいまも健在。

RIDERS CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load