BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

Kawasaki Z H2 SE / Honda CB1300シリーズ / REBEL1100など話題の21年モデルが登場!

NEW MODEL Z H2の上級モデルSEや定番のCBシリーズ、新発売のレブル1100など続々と発表に

各国のモーターショーが中止となった2020年は ニューモデルの発表が不定期だったが、注目の車種が多数登場したので一挙紹介!

Z H2に上級仕様のSEが登場 Z H2 SE

スーパーチャージドエンジンを搭載し、2020年にデビューしたZ H2に早くも上級仕様が追加された。名称はH2 SXと同じようにSEとなり、ショーワ製の電子制御サスペンションやブレンボ製マスターシリンダー、同スタイルマキャリパーが装備されている。

走りに大きく影響する電子制御サス=KECSはZX-10RやH2 SXで採用されたものと基本は同じ。特徴はソレノイドバルブを使用した減衰力調整機構で、ステッピングモーター式よりも素早く反応。さらに、前後サスペンション内にストロークセンサーも内蔵することで正確なフィードバックが得られるため、より最適な減衰力を発生させることができるのだ。サスペンションのフィーリングには、基本となる機械部品も大きく影響するが、フロントにφ43㎜のショーワ製SFF-CA、リアは同BFRCライトを採用することで対応。最新のアイテムをフル装備し、Zシリーズの最高峰モデルとして21年春頃に国内発売予定だ。

KAWASAKI Z H2 SE

STDはフロントブレーキにブレンボ製M4.32キャリパーを採用するが、SEはStylemaにグレードアップ。マスターシリンダーもブレンボ製とし制動力とコントロール性が向上している。ディスクはフロントが径320mm×2、リアは径260mmでSTDと同一。ABSを標準装備

セミアクティブサスで乗り心地向上

KECSはスポーツ、ロード、レインのライディングモードと連動し、減衰力をサス専用コンピューターが調整。路面や走行状況にリアルタイムで適応し、理想的な減衰力を発生させる

Z H2とZ900がカラーチェンジ

KAWASAKI Z H2
STDのZ H2はメタリックディアブロブラック×メタリックフラットスパークブラックの新色が12月1日に発売。従来グリーンだったフレームもブラックとなり硬派なイメージに変身した
KAWASAKI Z900
シリーズ中堅モデルのZ900は従来2色あったカラバリをメタリックスパークブラック×メタリックフラットスパークブラックに統一。価格は110万円で2021年1月8日に発売される

SPECIFICATION Z H2/SE
●エンジン:水冷4ストローク並列4気筒●排気量:998cc●最高出力:200ps/11000rpm●最大トルク:14.0kgf・m/8500rpm●シート高:830mm●車両重量:240[239]kg●フロントタイヤ:120/70ZR17●リアタイヤ:190/55ZR17●価格:未定[189 万2000 円]
※[ ]はスタンダード

最新の電子制御を獲得 HONDA CB1300 SUPER FOUR / SUPER BOL D’OR

ビッグバイクの醍醐味を味わうことができる、今では希少な1300ネイキッド。デビュー以来約30年に渡り熟成を重ねてきており、大柄な体躯を自在に操ることができるほど扱いやすい特性でロングセラーモデルとなっている。そのCB1300がさらに「大排気量モデルを操る楽しみの最大化」をキーワードに大きな進化を果たした。

2021年型のポイントはスロットルバイワイヤシステムを採用したことで、これによりスポーツ、スタンダード、レインの3つのライディングモードを導入。また、トラクションコントロールも新たに装備し、1300㏄のビッグバイクをより安心して扱えるように配慮されている。さらに、ツーリングでありがたいアップ/ダウンに対応するクイックシフターやクルーズコントロールも用意され、現代において必要とされる電子制御をコンプリートすることになった。この先の時代も走り続けるため、ジャパンCBが大きな飛躍を遂げたことに拍手を送りたい。

HONDA CB1300 SUPER FOUR

標準グレードのスーパーフォアとボルドールは、パールサンビームホワイトが赤フレームとゴールドケースカバーを採用。ベータシルバーメタリックはエンジンをブラックにして落ち着いた印象に仕上げている。発売日は3月18日に設定

HONDA CB1300SUPERBOL D’OR

HONDA CB1300 SUPER BOL D’OR SP

HONDA CB1300 SUPER FOUR SP

オーリンズ製前後サスペンション、フロントにブレンボ製ラジアルマウントキャリパーを装備するSPのカラーリングは不変。シートにレッドのステッチを施し、高級感が増した

SPECIFICATION CB1300 SUPER FOUR/SP CB1300 SUPER BOL D’OR/SP
●エンジン:水冷4ストローク並列4気筒●排気量:1284cc●最高出力:113ps/7750rpm●シート高:780(790)mm●車両重量:266[272]kg●価格:156万2000円(193万6000 円)、[167万2000 円(204 万6000 円)]
※[ ]はBOL D’OR、( )はSP

HONDA CB650R ハンドルの切れ角アップで取り回し向上

CBR650Rと同じ変更受けるとともに、CB650Rのみハンドルの切れ角を増やして取り回し性が向上している。カラーはシルバー系がなくなりブルー系を追加。CBRとともに1月18日に発売だ

HONDA CBR650R フロントフォークにSFF-BP採用

カラーはレッドとブラック基調の2色でグラフィックを変更。フロントフォークは路面追従性に優れるSFF-BPを採用し、メーターの視認性向上、シートカウルのデザイン変更など熟成が進んだ

ビッグレブルがデビュー

アフリカツインベースのエンジンを搭載したレブル1100が国内でも発表。スタイルは250/500を踏襲しつつフランジレス製法のタンクなどで質感を向上。ライディングモードやクルーズコントロールなど電子制御も充実している。DCTが3月、STDは5月に発売。

HONDA REBEL 1100 DUAL CLUCH TRANSMISSION

HONDA REBEL 1100

SPECIFICATION REBEL 1100/ DUAL CLUCH TRANSMISSION
●エンジン:水冷4ストローク並列2 気筒●排気量:1082cc●最高出力:87ps/7000rpm●シート高:700mm
●車両重量:223[233]kg●価格:110 万円[121 万円]
※[ ]はDUAL CLUCH TRANSMISSION

SHARE

PROFILE

RIDERS CLUB 編集部

RIDERS CLUB 編集部

1978年の創刊時から、一貫してスポーツバイクの魅力を探求し続けるオピニオンマガジン。もはやアートの域に達している、バイクの美しさを伝えるハイクオリティの写真はいまも健在。

RIDERS CLUB 編集部の記事一覧

1978年の創刊時から、一貫してスポーツバイクの魅力を探求し続けるオピニオンマガジン。もはやアートの域に達している、バイクの美しさを伝えるハイクオリティの写真はいまも健在。

RIDERS CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load