BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

国産モデルのパーツ類も充実! 『AELLA×KawasakiZ900RS』最新パーツラインナップ

ドゥカティやMVアグスタといったヨーロピンブランドのみならずアエラは国産モデル向けのパーツも多数ラインナップ。カワサキのネオクラシック「Z900RS」は最たるモデルでパフォーマンスを引き上げるアイテムが多数揃っている。

一体感と開けやすさを求めるなら KAWASAKI Z900RS Build by AELLA

アエラが積極的にパーツ開発を進めているスポーツネイキッド「カワサキZ900RS」の最新仕様を紹介しよう。

見た目の変化もさることながら、心地いいエンジンフィーリングに貢献しているのが、チタンのフルエキゾーストマフラーだ。

アールズ・ギアのトップブランド「ワイバン」とのコラボレーションで生まれたそれには、オリジナルのアルミ削り出しエンドキャップが装着され、質感が向上。スロットル微開の領域では優しくレスポンスする一方、5000rpmを超えたあたりからシャープさが増すなど、使う回転域によってさまざまな表情を楽しむことができる。

こうした特性をサポートしているのが内圧コントロールバルブだ。これによってスロットルのオンオフがもたらすギクシャクとした挙動が減少。ライン取りやコーナリングに集中できる穏やかさを得ている。

ハンドリングは、STDのヒラヒラ感がほどよく緩和されている。ハンドルとステップの変更によってフロントタイヤへ荷重が載せやすくなっており、より積極的に操れる高い一体感が魅力だ。

また、スポーツライディングを楽しむ上で、ツウなアイテムがブレーキキャリパーのオフセットチタンカラーとチタンボルトだろう。STDのブレーキディスクはφ300㎜なのだが、この車両はサンスターのφ320㎜ワークスエキスパンドに換装されている。20㎜大径化されたことの効果と、アエラ独自の加工精度がマッチ。キャリパーとディスクのポテンシャルが最大限引き出され、コントローラブルなブレーキングを実現している。

もうひとつ、機能とデザインがバランスした逸品がリアショックのアルミ削り出しプリロードアジャスターノブだ。樹脂のノブと交換して装着するものだが、サイズと形状が見直されて操作性が向上。レーザーマーキングによって回転数も把握しやすい。パーツ開発は、他にも鋭意進行中である。

アルミ削り出しのプリロードアジャスターは5色あり、質感にも貢献。1万450円
キャリパーをオフセットするための削り出しチタンボルト(2万9700円)とチタンカラー(7480円)。高いはめ合い精度を実現している
燃料タンクとシートカウルにあしらわれたラインはラッピングフィルムによるもの。レッド/グリーン/ブルー/イエローの4色がある。9240円
やや後退したステップによって、フロントへの荷重が増大。安定性が高まっている

操作性を高めてくれるポジションパーツ

アルミテーパーハンドルにカーボンを重ねた試作品(価格未定)。強度の向上と微振動の軽減が見込まれている
ステップ位置は純正に対して後方と上方へそれぞれ最大20mm移設できる。7万3150円

アールズギアとのコラボマフラー

アールズ・ギアの最高峰マフラー「ワイバン」とのダブルネームを持つチタンフルエキゾースト(車検適合品)。純正比で8kgも軽く、扱いやすいパワーとトルク特性を実現している。23万9800円

リア周りに軽快な印象を与える車検対応のアルミ削り出しショートナンバープレートホルダー(2万7500円)。ホルダー部分を写真のドライカーボン(1万4850円)にすることも可能だ
ラジエタープロテクター(2万900円)は部位によって網目の密度が異なる
クラッチカバー、ジェネレーターカバー、パルサーカバーのガード(4万5980円/3点)、フレームスライダー(2万6180円)といった各種プロテクターはすべてアルミ削り出し

メンテナンスやタイヤウォーマーの装着時に便利なスタンドフックスライダー(7480円/2個)。素材はジュラコン樹脂で構成され、衝撃を受けた際はプロテクターの代わりにもなる。リアアクスルナットのカバーもアエラのオリジナルパーツだ(6160円)

SHARE

PROFILE

RIDERS CLUB 編集部

RIDERS CLUB 編集部

1978年の創刊時から、一貫してスポーツバイクの魅力を探求し続けるオピニオンマガジン。もはやアートの域に達している、バイクの美しさを伝えるハイクオリティの写真はいまも健在。

RIDERS CLUB 編集部の記事一覧

1978年の創刊時から、一貫してスポーツバイクの魅力を探求し続けるオピニオンマガジン。もはやアートの域に達している、バイクの美しさを伝えるハイクオリティの写真はいまも健在。

RIDERS CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load