BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

中野真矢さんが話題の一台を本気でインプレ! TRIUMPH TRIDENT 660

New Model Shooting TRIUMPH TRIDENT 660

新開発のトリプルエンジンに電子デバイスも搭載しながら100万円アンダーという魅力的な価格設定で早くも話題のトライデント660
国内に入荷した第一号車に 本誌メインテスターの中野真矢さんがさっそく触れてみた

カラーバリエーショ ンは4色で、今回の 撮影車両はタンクに 2色のラインが入っ たサファイアブラッ ク。サイドビューは 厚みがあり筋肉質だ が、前後のシルエッ トは非常にスリムだ

気になるバイクの1台です! 乗ってみたいしカスタムも楽しめそう!

2月6日~28日まで、全国のトライアンフ正規販売店でデビューフェアが開催されるトライデント660。実は中野さんはトライアンフの3気筒の乗り味が好 みで、トライデント660は気になるバイクの1台だと言う。

「一番の魅力はスタイリングですね。実車は、想像していた以上にコンパクトでまとまっています。正面からだったり、斜め前からだったり、眺める角度によっていろいろな表情を見せてくれます。

その中でも、特に真横から見たスタイリングが気に入りました。丸目ヘッドライトを装着したネイキッドスタイルの中に、スポーティさを感じさせてくれます。バイクを眺める際の好きな角度として、後ろ斜め45度からがありますが、その角度からだとオーソドックスなネイキッドに見えたりもします。パ ーツ単位で見ると、タンクのデザインが丸くてかわいいと思います。

このバイクにはカスタムの素材として、乗り手が好きにしていいよという隙が残されています。専用のアクセサ リーがたくさん用意されているので、オーナーになる方は、自分なりにカスタムする楽しみも生まれますね。トライアンフの3気筒の、人間の感性に合った心地よいフィーリングには定評があります。早く乗ってみたいですね」

クリスタルホワイト
シルバーアイス&ディアブロレッド
サファイアブラック
マットジェットブラック&マットシルバーアイス

TRIUMPH TRIDENT 660 DETAILS-1

フロント周りは、ショーワ製φ41mmセパレートファンクション倒立フォークにφ310mmダブルディスク+ニッシン製キャリパーの組み合わせ
リアブレーキはφ255mmディスクにニッシン製キャリパーで前後ともABSを標準装備。アルミ鍛造5本スポークホイールに、タイヤはミシュランのロード5を装着する
リアサスペンションはショーワ製モノショックでプリロード調整機能付き
LEDテールライトと7インチフルLEDヘッドライトのセンターにはトライアンフのバッジが入る
燃料タンクの容量は14ℓ。ニーグリップ部にはトライデントのロゴ入り
タンデムにも適した一体型シートは厚みのある形状ながら、シート高は805mmと低く足着き性は良好
小ぶりなテールカウルゆえ、シート下には小物入れなどのスペースは少ない
車載工具はシート裏にプラスドライバー一体型のヘキサゴンレンチのみ

ほぼ全回転域がトルクバンド 何速でも楽しめる専用のトリプルエンジン

トライデント660は専用に開発された新しい3気筒エンジンを搭載する。車名にも採用された660はそのまま排気量を示している。660㏄の3気筒というとストリートトリプルSが頭に浮かぶが、エンジンは同一ではない。

具体的には、ストリートトリプルSがボア76㎜×ストローク48・5㎜なのに対し、トライデントはボア74㎜×ストローク51・1㎜と、ロングストローク化されている。さらに細かくスペックを比較していくと、最高出力はストリートトリプルSが95・2psを11250rpmで発揮するのに対して、トライデントは 81ps/10250rpmと、回転数を含めてやや下回る。

それ以上に異なるのが最大トルクだ。ストリートトリプルSのそれは66Nmを9250rpmで発揮する。ところがトライデントは64 Nmをわずかに6250rpmで叩き出す。この3000rpmの差が、トライデントのキャラクターを物語っているといえる。

しかもトルクカーブはフラットで、3600~9750rpmというほぼ全域にわたって最大トルクの90%を発生するという。つまり何速に入っていようが何回転だろうが、スロットルを捻るだけで、狙ったとおりの加速力が得られるのだ。

中野真矢さんによる試乗インプレッションは、次号でお届けできる予定だ。

ほとんどの回転域で最大トルクの9割を発揮するトリプルエンジン。ロードとレインのライディングモードには、アジャスタブルトラクションコントロールを組み込む。スリップアシストクラッチも搭載、サイレンサーはショートタイプだ

TRIUMPH TRIDENT 660 DETAILS-2

テーパー形状のハンドルバーはアルミ製でスロットルはライドバイワイヤ
右ハンドルにはスターター&キルスイッチ、ハザードボタンを装備。ブレーキレバーは5段階調整
ライディングモードや各メニューのセレクトボタンは左ハンドルに集約される

マルチファンクションインストルメントはカラーTFTディスプレイで、トライアンフコネクティビティシステムに対応する

RIDING POSITION

「コンパクトなポジションで、ハンドルとシートの位置関係がしっくりきます。足着き性も、両足の指の付け根までしっかりと接地するので不安はないですね」(中野真矢)

SPECIFICATIONS

●エンジン:水冷並列3気筒DOHC4バルブ●排気量:660cc●ボア×ストローク:74.0mm×51.1mm●最高出力:81ps/10250rpm●最大トルク:64Nm/6250rpm●フレーム:チューブラースチール●フロントフォーク:SHOWA製φ41mm倒立型セパレートファンクション●リアサスペンション:SHOWA製モノショック(プリロード調整機能付)●フロントブレーキ:NISSIN製2ピストンスライディングキャリパー、φ310mmダブルディスク、ABS●リアブレーキ:NISSIN製シングルピストンスライディングキャリパー、φ255mmシングルディスク、ABS●タイヤ:フロント120/70R17、リア180/55R17●キャスター角:24.6°●トレール量:107.3mm●シート高:805mm●ホイールベース:1401mm●燃料タンク容量:14L●車両重量:189kg ●価格:97万9000円

SHARE

PROFILE

RIDERS CLUB 編集部

RIDERS CLUB 編集部

1978年の創刊時から、一貫してスポーツバイクの魅力を探求し続けるオピニオンマガジン。もはやアートの域に達している、バイクの美しさを伝えるハイクオリティの写真はいまも健在。

RIDERS CLUB 編集部の記事一覧

1978年の創刊時から、一貫してスポーツバイクの魅力を探求し続けるオピニオンマガジン。もはやアートの域に達している、バイクの美しさを伝えるハイクオリティの写真はいまも健在。

RIDERS CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load