BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

アエラの技術とこだわりが凝縮した『DUCATI STREETFIGHTER V4S』が凄かった!!

これまでAELLAが手がけてきたショーモデルの流れを汲みながら新たなアプローチにより製作されたのがこのストリートファイターV4S
ベースモデルが持つどう猛で邪悪なイメージをさらに強調しながら随所に施されたこだわりのカスタムで存在感と走行時のパフォーマンスを向上している

DUCATI STREETFIGHTER V4S Build By AELLA

ストリートファイターV4を開発するにあたり、ドゥカティのデザイナーは「コミックキャラクターのジョーカーからインスピレーションを受けてフロントマスクをデザインした」という。アエラが手がけたこのコンセプトモデルは、そのジョーカーが持つ雰囲気を深化。これまでパニガーレV4Sやアエランブラーなどのカスタムに取り入れてきた京風デザインというコンセプトを一新する一方、共通要素も取り入れてアエラらしさも追求している。

その一例が、メインカラーに選ばれたブラック。ゴールドパールの上にブラッククリアを施した4コートパール塗装は、差し込む光の角度や強さにより、ゴールドが姿を現して妖艶な雰囲気を生む。この塗装は、前号で紹介したアエランブラーのセカンドバージョンに施されているのと同様で、アエラとしての技術継承も表現している。

ボディラインにも使われるゴールドは、過去のコンセプトモデルで採用されてきたカラーで、こちらもアエラらしさのひとつ。ウイングレットやフェイスラインの裏側には、燃料タンクに合わせたシルバーカラーが取り入れられているが、あまり目に触れることがない場所にも気を遣うさりげないこだわりも京風だ。

一般市販されているアルミビレットパーツも多く導入されているが、オプション設定のないアイテムにもスレートグレーのアルマイト処理を施すなど、求めるイメージの確立に向けて細部まで抜かりはない。

アルミビレットレバーにはグレーアルマイト処理を施す
ハンドルバーエンドスライダーとチタン製のバーエンドカラーも装備

V4のパワーを操るためにポジションをアジャストできる

ステップキット(11万円)は市販品も特色アルマイトのオーダーに対応。ポジション可変式で高剛性かつ精巧なつくりが正確な操作を約束

ストリートファイターV4専用設計のアルミ可変ハンドル(7万5900円)。絞り角を17/19/21度から選べる
販売中のカーボン製ETCカバー(5万7200円)を装着。アルミ製燃料タンクは、塗装を剥いでヘアライン加工を施す
アルミ削り出しのショートナンバープレートホルダー(3万4100円)は市販品にアルマイト処理

キャリパーボルト&ワッシャーや前後アクスルナットなどには、チタン製のオリジナル製品を使用する。なおAELLAでは、創立30周年記念企画の第2弾として、各種チタンパーツをAELLAブルーに陽極酸化処理する無料サービスを実施中だ。

SHARE

PROFILE

RIDERS CLUB 編集部

RIDERS CLUB 編集部

1978年の創刊時から、一貫してスポーツバイクの魅力を探求し続けるオピニオンマガジン。もはやアートの域に達している、バイクの美しさを伝えるハイクオリティの写真はいまも健在。

RIDERS CLUB 編集部の記事一覧

1978年の創刊時から、一貫してスポーツバイクの魅力を探求し続けるオピニオンマガジン。もはやアートの域に達している、バイクの美しさを伝えるハイクオリティの写真はいまも健在。

RIDERS CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load