BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

カスタムでパニガーレV2を遊びつくせ! 大作戦 ! カスタムでその走りの違いをチェック

「ドゥカティのパニガーレ」と聞いたら、どうしてもV4を思い浮かべがち。でも、ちょっと待って。パニガーレってV4だけじゃなくてV2もある。そしてこのV2が、ある意味でもっともドゥカティらしく、そして玄人好み。そんなパニガーレV2の魅力を、イジって乗って味わい尽くす……のだ!

今回の指令 リアサスペンションをオーリンズに変更せよ!

パニガーレV2の純正リアショックはザックス製。ドゥカティのスーパーバイク系なのでグレードが高いアイテムだが、もうワンランク上のオーリンズ製(TTX GP /品番DU569 / 21万7800円)に換装して、ファンライド層にとってのメリットをリサーチ!

前回はステアリングダンパーをオーリンズ製に換装したドゥカティ・パニガーレV2。今回はリアサスペンションもオーリンズ製に変更して、スポーツライディングをさらに楽しめる仕様にしちゃおう!

V2はワングレード設定なので、サスペンションはフロントの倒立フォークがショーワ製、車体左側にオフセットし、レイダウンされたリアモノショックがザックス製で、いずれも機械式のフルアジャスタブル。V2にはV4とはまた違う魅力があるけど、V4Sのような電子制御式は選べない。あるいはハイパーモタード950のように、オーリンズ製の前後サスを標準装備したSP仕様もない。というわけで、V2オーナーの近藤喜盛さんは、よりグレードが高い足まわりにするため、リアサスの換装を決断したのだ。

前回、とりあえず純正からTTXにサーキットで交換したときは路面がウェットで、恐る恐るしか乗ることができなかったのだが、とはいえ純正よりスロットルを開けやすい感触があり、「おお、これがオーリンズの効果かあ〜」と勝手に感動していたのだ。まあ、プラシーボみたいなものかもしれないが……。

しかし、たとえ私がリアサスの違いを感じ取れない“バカ尻”だったとしても、絶対に断言できる純正との大きな違いが、このTTXにはある。それは、純正にはない車高調整機能が付いている点だ!

近藤さんは体重48㎏の軽量級。標準的なリアショックのセッティングでは、適正な荷重が掛からない。そこでプリロードを抜いて調整すると、今度は乗車1Gでリアが下がり気味になるわけだが、こんなときにTTXなら、プリロードを弱めたまま車高を上げることができるというわけ。車体の姿勢を維持できるから、プリロードを調整してもハンドリングに与える影響を少なくできる。

あるいは、プリロードを抜く必要性を感じていなくても、車高まで調整できることでセッティングの幅は大きく広がる。レースに参戦するわけじゃないから……と思う人もいるかもしれないけど、これ、やってみると奥深くてめっちゃ楽しい!

速く走ることを追求するレースとは無縁なファンライド層だからこそ、例えば大胆にセッティングを振って、そのときの挙動を知るなんて楽しみ方もできる。TTXは減衰力の調整幅が細かく、しかも工具なしで簡単にできるから、サーキット走行枠の合間にすぐに変更可能。いろいろ迷ったら、スタンダードセットに戻してまたイチから遊べばいいのだ。

そういえばV2そのものも、レースとは直接的に関係のない、一般ユーザーが走りを楽しむために開発されたバイク。V4ほど速すぎないから、サスセッティングの違いを感じ取りながら走らせる余裕もV4よりはきっとある。TTXに換装してファンライド層がわいわいやるには、ちょうどいい存在なのかも。

作戦成果! 車高を含む細かい調整で好みのハンドリングに!

スロットルが開けやすくなったのは良好な作動性によるものだろうが、純正との違いを我々ファンライド層がサーキットのきれいな路面で明確に感じ取るのは難しいかも……。しかし、車高調整と細やかな減衰力調整で好みの仕様を見つけられる楽しさは大きいぞ!

車高調整できるのが最大の魅力

プリロード調整により乗車1Gでの沈み込みが変化した場合でも、TTX GPの車高調整機能により車体姿勢を保てる。写真は4mmの差を足着き性で体感しているところ(写真右のほうが高い)。数mmなんてわずかな差に思えるが、ハンドリングや足着きに対するフィーリングの違いはかなり大きい

ダウン

アップ

ノーマルも黄色でフルアジャスタブル

車体左側にオフセットされているため、V2のリアサスはシングルだけど見えやすい。とはいえ純正もオーリンズも黄色いので、換装に気づいてもらえないかも!?

減衰力は手で細かく調整可能

純正のザックス製は、減衰力調整にマイナスドライバーが必要。対してオーリンズ製は手でダイヤルを回して調整できるので、気軽にセッティングを試せる!

V2オーナーの近藤喜盛さんも作動性の良さに大満足

「オーリンズに換装した日はウェット路面でしたが、純正で走っているときよりもスムーズにスロットルを開けられるようになりました。これからセッティングを煮詰めます」

SHARE

PROFILE

RIDERS CLUB 編集部

RIDERS CLUB 編集部

1978年の創刊時から、一貫してスポーツバイクの魅力を探求し続けるオピニオンマガジン。もはやアートの域に達している、バイクの美しさを伝えるハイクオリティの写真はいまも健在。

RIDERS CLUB 編集部の記事一覧

1978年の創刊時から、一貫してスポーツバイクの魅力を探求し続けるオピニオンマガジン。もはやアートの域に達している、バイクの美しさを伝えるハイクオリティの写真はいまも健在。

RIDERS CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load