BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

今年の秋は3カ月連続開催!RIDING PARTY @袖ケ浦フォレスト・レースウェイ

今年の秋は3カ月連続開催!
@袖ケ浦フォレスト・レースウェイ

今年の秋は、ライパが3カ月連続で開催されます!
場所はお馴染みの袖ケ浦フォレスト・レースウェイ!


<開催概要>
9月25日(土)/10月30日(土)/11月27日(土)

会 場:袖ケ浦フォレスト・レースウェイ(千葉県袖ケ浦市林348-1)
参加料金:3万1000円(昼食代・保険料込み)

そこで!本日はライパのコンテンツをご紹介いたします!
普段からサーキット走行をされている方はもちろん、
サーキットが初めての方にも、安心して楽しんでいただけるように工夫を凝らしています!

その1.開催直前に動画を配信「オンラインセミナー」

ライパ開催の数日前に、毎回動画を配信。先導を務めるプロライダーを交えて、サーキットを安全に楽しく走るコツや、ステップアップするためのアドバイスをお届け。生配信の場合は質疑応答もあります! 開催日時や視聴方法は参加者にメールでお知らせするほか、後日YouTubeで視聴することもできます

その2.サーキット初心者でも大丈夫! ミーティングでルールを説明

初めてサーキットを走る人にとって、マーシャルから出されるフラッグの意味やコースインの方法など、サーキット特有のルールは分からないことだらけ。でもご安心を。ライパでは走行前に約45分のライダースミーティングを実施し、基本的なルールをしっかりレクチャーしています!

その3.世界チャンピオンも登場! 豪華な先導ライダー陣

本誌エグゼクティブ、アドバイザーで、元世界チャンピオンの原田哲也さんをはじめとした、世界の舞台で活躍したプロライダーも先導を務めます。各クラスに合わせたペースで走るのはもちろん、走行ラインや身体の使い方など、プロならではのテクニックを間近で見ることは、スキルアップの近道です!

その4.青木宣篤さんによる ピンク腕章クラス講習

ピンク腕章クラスで実施し、好評を得ている青木さんのレクチャー。午前中に2本ある慣熟走行の後、スポーツライディングの第一歩となる基礎テクニックや、ステップアップするための意識の持ち方、サーキットを安全に楽しむためのコツなどを教えてくれます。他クラスの方もぜひ聴講してください!

その5.中野真矢さんがあなたのフォームをチェック!

本誌でもお馴染みの元MotoGPライダー・中野真矢さんが先導ライダーを務める回では、中野さんによるライディングフォームチェックや、ライディングレッスンを実施予定。ほかにも各ピットを回って、ご参加の皆様と気軽にコミュニケーションをとれる機会も設けますのでお楽しみに!

その6.本誌で表紙も担当するカメラマンが走行写真を撮影!

本誌の表紙や巻頭特集の撮影を担当し、MotoGPや鈴鹿8耐なども撮影するレーシングカメラマンの真弓悟史さんが、毎回参加者の走行シーンを撮影しています。その写真は後日、ライダースクラブ会員専用サイト(ライパの申し込みと同じ)でオンライン販売しますので、是非ご確認ください!
※各コンテンツは暫定のため、変更になる場合がございます

ライディングパーティのホームグラウンドと言える袖ケ浦フォレスト・レースウェイは、都心から一番近いJAF公認のサーキット。
全長2436mの中に、大小さまざまな14のコーナーをレイアウトし、コース幅も15m以上あるので、リッタースーパースポーツでもしっかりとスロットルを開けて、そのポテンシャルを味わうことができます!

皆様のご参加をお待ちしております!
申し込みはこちらから!!

SHARE

PROFILE

RIDERS CLUB 編集部

RIDERS CLUB 編集部

1978年の創刊時から、一貫してスポーツバイクの魅力を探求し続けるオピニオンマガジン。もはやアートの域に達している、バイクの美しさを伝えるハイクオリティの写真はいまも健在。

RIDERS CLUB 編集部の記事一覧

1978年の創刊時から、一貫してスポーツバイクの魅力を探求し続けるオピニオンマガジン。もはやアートの域に達している、バイクの美しさを伝えるハイクオリティの写真はいまも健在。

RIDERS CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load