BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

G310トロフィー参戦記 激走!雨のレースに挑んだ女性チーム

レース参戦歴2年未満のライダー二人が組んで参戦した今大会。
雨のレースにどうなるかと思いきや、パートナーが奮起。決勝レースも無事完走を果たした。
大人がこんなにも夢中になれるレースだから、やみつきになってしまうんだ。

 

並河真奈(なびか まな・左)昨年からレース参戦をスタート。もて耐やもてロー参戦を経てめきめきと速さを身に付けている。今回のレースでは、予選でクラス1番手タイムを記録
伊藤英里(いとう えり・右)この記事の筆者。雨のレースに緊張するあまり表情が硬い。昨年からレースへの挑戦を開始したが、なかなか成長の兆しを見せないスロースターター

雨にも負けず… …楽しく完走したセミ耐久

みなさんこんにちは。筆者の伊藤英里です。

今回は、7月4日にツインリンクもてぎで開催された、G310トロフィーに参戦した模様をお届けしたいと思います。当日はほとんど雨でした。容赦なく降る雨、濡れる路面、滑るタイヤ。私はといえば、雨と濡れた路面にすっかり萎縮していました。

しかしそんな中、予選ではパートナーの並河真奈さんがネオスタンダードクラス1番手タイムを記録、つまりポールポジションを獲得したのです。

ピットに戻ってきた彼女の表情は実に晴れやかで、「最高にうれしい」と笑顔を見せていました。ちなみに予選クラス2番手は本誌・河村編集長。僅差での2番手に、後日、悔しさが募っていたとか……。

今回、二人で参戦した私たちの目標は「完走目指して、楽しもう」。路面状況にもひるまずに予選を走った彼女の笑顔を見ていると、次第に萎縮していた心がほどけていくような気がします。

私のタイムは穏やかにして控えめ。それでも自分なりに全力でレースをしよう。そう心に決めました。心強いチームメイトがいてよかった、ともこっそり感謝。一人だったら、ガチガチに緊張したままレースを走っていたかもしれません。

20周の決勝レースが始まるころ、一度は止んだ雨が再び路面を濡らしていきました。スタートライダーは並河さん。初めてのスタートライダー、初めてのル・マン式スタートに緊張していた様子でしたが、無事に走り出して順調に周回を重ねます。G310トロフィーは1名または2名での参戦が可能で、最低1回、2分間のピットストップが必要です。

この2分間という時間に、レースビギナーへの配慮を感じます。9周を走った並河さんが、ライダー交代のためにピットイン。「滑るから気をつけて」とアドバイスをもらうと、落ち着いてコースインしました。

こういう感じ、鈴鹿8耐ライダーみたいだなあ、などと若干浮かれたのはここだけの話。もちろんあくまで気分なのですが、走りは控えめ、けれど“気分はちょっとだけレーサー”を味わえるのが、草レースのいいところです。

しかし、いざ走り始めると「こんなに路面が滑る中をあと何周走らなくちゃならんのだ!?」と泣き言が脳内を駆け巡っていました。

けれど周りの参加者と一緒になって周回を重ねるうちに、次第におもしろくなってくるから不思議なもの。あくまでも冷静に無理はせず、自分なりに全力で走っていると、シールドを打つ雨粒も気にならなくなっていきます。ビクトリーコーナーを立ち上がり、アクセル全開。そしてメインストレートを加速していくと、チェッカーフラッグが目に飛び込んできました。

結果は、クラス7位、レディスクラスで表彰台を獲得。けれど、笑顔で終わったことが何よりの結果……なんて、少し格好つけすぎでしょうか?

雨予報に巨大テルテル坊主出動。だが願いもむなしく梅雨空はもてぎに雨を降らせた
参戦車両BMW『G310R』。元々はネイキッドで、『A-TECH』のキットパーツによってフルカウル仕様に変更。ほか、マフラー(ヨシムラ)、リアショック(オーリンズ)、バックステップ(ZIP MOTOR PRO)などが変更されている

START!

スタートは鈴鹿8耐でもおなじみのル・マン式。スタートの合図とともにライダーはコース反対側に待機する車両に駆け寄ってまたがり、発進させる。エキゾーストノートの轟音が響き渡る一瞬だ

予選でクラス1番手タイムを記録した並河さん。走行中、冷静に走り方を変えていったという、適応力の高さが光った
待つ間にじわじわと緊張がやってきたが、並河さんとの会話やピットストップでの周りのサポートのおかげで冷静にコースイン。レースはみんなで頑張るスポーツなのだ

走るうちに「ここでやらねば」という謎の闘志が湧いた伊藤。冷静さをキープしつつ(自分なりに)激走。“レースしている充実感”がたまらない

FINISH!

無事完走! ネオスタンダードクラスのレディスクラスで表彰台の一番高いところに上ることができた。「楽しく完走」の目標も完遂。こういう達成感はなかなか得られない
ライダーもチームスタッフの一人。タイヤウォーマーを巻いたり、ガソリンを補充したりする。お昼時には「並河先輩! 走りのコツを教えてくだせえ!」とアドバイスを仰いでみたり……

Congratulations!! 本誌・河村がクラス2位表彰台を獲得

予選は、0.024秒差で並河さんにポールを奪われました。

ここまで僅差だと、後からじわじわ悔しいです。あとひと開けが……(笑)。なので、グリッドは当然横並び。上のスタートの写真で、並河さんの隣の白いレインスーツ姿が私です。

決勝は、スタートでこそ並河さんの前に出られましたが、130Rで抜かれS字で抜き返し、とバトルを楽しませていただきました。

雨のもてぎを走ったのは、2011年のもて耐マスターズ最終戦以来10年ぶり。今回10年分の雨を浴びたので、きっとこの先しばらくは、ドライでレースを楽しめると思います(笑)。(河村聡巳)

SHARE

PROFILE

RIDERS CLUB 編集部

RIDERS CLUB 編集部

1978年の創刊時から、一貫してスポーツバイクの魅力を探求し続けるオピニオンマガジン。もはやアートの域に達している、バイクの美しさを伝えるハイクオリティの写真はいまも健在。

RIDERS CLUB 編集部の記事一覧

1978年の創刊時から、一貫してスポーツバイクの魅力を探求し続けるオピニオンマガジン。もはやアートの域に達している、バイクの美しさを伝えるハイクオリティの写真はいまも健在。

RIDERS CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load