BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

ギタリスト田崎慎也の“バイク乗ろうぜ” 大好きなヘルメットSHOEI X-Fourteenを語る

俺の大好きなヘルメットであるSHOEI X-Fourteenの
最高なところを思う存分語らせてくれ

バイクに乗り始めてから気がついたらずっとSHOEIのヘルメットを選択していた俺。その中でも入れ替えの時にまた同じヘルメットを選んだのは初めてのこと。
性能、フォルム、存在感のどれをとっても最高のヘルメットであるX-Fourteenの、俺が大好きなところを気が済むまで語らせてほしい。

田﨑慎也
バイクでできる遊びを精一杯楽しんでいる現役ギタリスト。自身が思いきり楽しんでいるモトブログをYouTubeにアップし、観た人がバイクに乗りたいと思うような動画作りをしている。動画制作は趣味でいいやと思っていたはずなのに、最近は仕事の依頼が入り始め、いつの間にか仕事の1つになっている人
https://www.youtube.com/c/bike-norouze
https://twitter.com/ShinyaGuitar

バイクに乗る上で、切っても切れない装備がヘルメット。ルールとしてももちろんですが、安全面やファッションなど、バイクの中でも大きな比重を占めていると思います。

もちろん俺もヘルメットには強いこだわりがあるので、今回は誰の得になるかも分からない、ヘルメットの話をします。

俺がメインで使っているのはSHOEIのX-Fourteen(以下、X-14)というレーシング寄りのヘルメットです。このX-14を見た時の衝撃は今でも忘れられません。

当時は同じくSHOEIのXR1100というヘルメットをかぶっていたのですが、購入してから数年は経っているし、九州ツーリングにも行くしで、ちょうど買い替え時でした。

そこで、当時住んでいた家から近くて、たまに行っていた府中2りんかんで初めて見たX-14に一目惚れ。後ろの尖ったフォルムに魅入られてしばらく動けませんでした。

いや、ちょっと大袈裟に言いましたが、びっくりするほどかっこよかったんです。

当時はサーキットに少し興味はあったものの、自分がサーキットを走るとは思ってはいなかったので「ツーリングに特化しているZ-7かな」なんてことを考えていたんですけど、気がついたらX-14で頭がいっぱいになっていました。寝ても覚めてもずっと同じことを考える。もう我慢できずに思い切って購入したのですが、買って大正解。

空力とかサーキットでの使い心地がどうとかそういう話じゃなくて、俺のX-14愛を中心に語ります。

X-14の何がいいかって、また同じことを話すんですけどやっぱりこの独特のフォルムだと思うんです。

今でこそ珍しい形状ではありませんが、発売された当時って、俺の知る限りではこういうフォルムのヘルメットって少なかったと思うんですよね。ヘルメットは丸いものというイメージが強かったように思います。それだけに、全く新しいフォルムのヘルメットが登場した時の衝撃はすごかったです。実際にかぶってみてもやっぱりかっこいいんですよ。

俺の一番推したいポイントが夕日に照らされて、地面に自分の影が映った時の姿。太陽が低い位置にあると、影が伸びて自分がバイクに乗っている姿が見えるんですけど、そこに映る自分の姿が大好き。ZX-14Rに乗って、X-14をかぶったフォルムが大好きなんです。初めてこの影をみた時は大興奮。

この話をすると、「自分が好きすぎだろ」ってわりと引かれるんですけど、趣味ってそんなもんじゃないですか。むしろバイクに乗っている自分の姿が嫌いな人ってバイクに乗りたいのかな。

誰かに理解されたいというより、究極の自己満足を突き詰める的な。ヘルメットの話から少し逸れましたが、俺はそう思います。

今までは、ヘルメットを変えるときに同じものを選んだことがなかったのですが、今回はまたX-14にしました。以前は柳川モデルを4年間使っていて、今回は新しく、エアロダインというグラフィックモデルの、TC-1というカラーにしました。

正確に言うと、最初に買った柳川モデルはXLを買ったんですけど、サイズが合わなかったので友人に譲って、再度Lサイズを買いなおしました。なので今回は実は3代目。気に入っているにも程がある。きっといつかX-15が出るまでX-14をかぶり続けると思います。

今どきのヘルメットって悪いものはないと思うんですよ。頭に合う合わないはあるかもしれないけど、性能とはまた違う話です。仕事でも、いくつかヘルメットをかぶってテストしてみましたが、悪いヘルメットってありませんでしたし。

であれば自分の好きなヘルメットを選ぶというのがもっとも理に叶っているのかなと思います。その後、お店できっちりとフィッティングをして、頭に合ったヘルメットを選ぶことができたら幸せになれます。

そんな俺のX-14への愛と最後はヘルメットの選び方みたいな話で終わらせてみました。

3代目のX-14はエアロダインのTC-1という赤色のモデル。ツーリング時に着るウェアも赤が増えてきて、バイクに乗っている時は派手めな色を好むようになった
横から見た時の後頭部のエッジと、流れるようなフォルムがお気に入り。俺の中では「ヘルメットは丸いもの」というイメージだったが、初めてこのヘルメットを見た時は心が震えるほどの衝撃を受けた
俺のお気に入りのクシタニと、アルパインスターズのコラボレーシングブーツであるスーパーテックRも赤が入っていて、サーキット走行時の装備はカラーに統一感が出た
最初に買ったZX-14Rのカラーに合わせて緑にしたが、今は車両の色も変わり、ウエアやレーシングスーツがもともと好きだった赤になってきて、色の違いが少し気になっていた

SHARE

PROFILE

RIDERS CLUB 編集部

RIDERS CLUB 編集部

1978年の創刊時から、一貫してスポーツバイクの魅力を探求し続けるオピニオンマガジン。もはやアートの域に達している、バイクの美しさを伝えるハイクオリティの写真はいまも健在。

RIDERS CLUB 編集部の記事一覧

1978年の創刊時から、一貫してスポーツバイクの魅力を探求し続けるオピニオンマガジン。もはやアートの域に達している、バイクの美しさを伝えるハイクオリティの写真はいまも健在。

RIDERS CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load