BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

バイク女子部の「Ride on Time」こんな風に私達バイク楽しんでます!

Facebookグループ「バイク女子部」の連載企画。8回目は「カスタム」について。
外装重視・ルックス重視が多かった!

バイク女子的、カスタム色々。こんな風に私達バイク楽しんでます!   バイク女子部の「Ride on Time」

バイクといえばカスタムする楽しみもありますね。バイク女子部では年に1〜2回実際に会ってミーティングを行っていますが、とっても個性的な車両が集まります。

見た目のカスタムから、こだわりのオリジナルオーダーまで、1台1台自分の愛車を工夫してカスタムされていて、見ていて飽きることがありません。

今回は、バイク女子部のフェイスブックでカスタムについてアンケートを取り、「女性ライダー」ならではの声を聞いてみました!

たくさんの声が集まりましたがその中から、私たちのカスタムライフの一部をご紹介します 女性の場合は、平均的な体格の男性に合わせて開発されたバイクに乗るために、まず「ポジション」のカスタムが必要になります。

バイクはクルマのように、簡単にシートを前にズラしたり上に上げたりすることができません。

なので、小柄な女性がまたがると、足着きの悪さはもちろん、ハンドルやサイドスタンドも遠かったりして、パーツを交換したり追加するなどして調整する必要が出てきます。

体格だけじゃありません。手が小さい人はブレーキやクラッチレバーが遠かったり、足が小さい人は足のつま先がペダルに届いてなかったり、角度が合わなかったりします。

足着きが心配なときは、シートを調整したり、リアサスペンションを柔らかくしたり、ときにはタイヤサイズを小さくしたり。

サイドスタンドが遠くて足が届かない場合は、エクステンションを付けてラクに払えるようにしたり。私たち女性がバイクに乗るのってけっこう大変なんですよ(笑)。で、そのあとにオリジナルカスタムに入ります!

Tomie’s Custom
長距離走行のための美しすぎるシートをオーダー

バイク女子的こだわりオーダーカスタムシート派                                                                                       大型バイクに乗るようになって、長距離ツーリングが楽しくなってきたころ、シートの形状と硬さがおしりにジワジワとダメージを与えていることに気づき、カスタムシートを作りました。内ももに当たるシートの角を落とし、タックロールを盛り盛りにしてクッション性を高め、美しい流線形を実現。座面はある程度強度のある生地で、後方はツヤ感のある生地を選びました。全体的なシルエットと高級感を追求したこだわりのカスタムです。

Rina’s Custom
女性らしいキャンディレッドにカラチェン!

バイク女子的こだわりオーダーカラーリング派                                                                                          前に乗っていたXJR1200ですが、友人から譲って頂いた時は黄色のストロボ風。それをこだわりのキャンディレッドに塗装しました。深みのある赤を実現できて大満足です。さらに、エンブレムとキャブの後ろのカバーをスワロフスキーでデコっています。自分だけのバイクでとても気に入っていました!

Before 黄色のストロボ風
After こだわりのキャンディレッドに塗装
音又マークとキャブカバーをスワロでデコッています

Yukiko’s CUSTOM
バイク女子的こだわりオーダーセラコート塗装派

大切なKZ1000をセラコート塗装!これで長く乗ります!
ワンオフでCR33をセラコート塗装しています。ボルトからワッシャー、ファンネルまで仲間に塗ってもらいました。自己満足ですが、これをKZ1000に付けてテンション上げて楽しんでいます。スイッチホルダーもバラして、自分で塗装し直して組み立てたり、メンテナンスもカスタムもできる事は楽しみながらやっています。セラコートは60度の熱に耐えられ、プラスチックなどにも塗装できるうえ、剥がれず綺麗なまま。放熱する塗料なのでエンジンやマフラーに塗ることが多いです!

Noa’s Custom
バイク女子的こだわりオーダー Special Custom

愛犬Qooちゃんの快適のために!もう作るしかない!
旅の相棒、ワンコを後ろに乗せるために専用カーゴを自作しました。最初はリュックを背負っていたのですが、重いし暑いしで、市販されているものはワンコに負担をかけるものしかありませんでした。これは、もう作るしかないなと……夏バージョンと冬バージョンの2種類を使っています。夏は扇風機、冬はホットカーペットが付いていて、走行中に、Qooちゃんがご機嫌か確認できるカメラまで付いています。

Tomoko’s Custom
バイク女子的こだわりオーダー  Special Custom

名前に入っている月を描いてオリジナル!
知り合いのペインターさんに月を描いてもらいました。自分だけのバイク感で、とても気に入っています。

Kaori’s Custom
バイク女子的こだわりオーダー  カラーリング派

自分だけのスペシャルカラー
もともとは真っ黒だったMVアグスタ・ブルターレのホイールと、フレーム、スイングアームを自分だけの色にカスタム塗装しました。「ネックレスのピンクゴールド」をイメージして、1カ月くらい悩んで決めましたが、思ったよりピンクでした(笑)。「カドワキコーティング」のパウダーコーティング(粉体塗装)は10年たった今も何の遜色もなく美しいままで、満足しています。カラーリングだけで他はノーマルです。

Nanako’s Custom
バイク女子的こだわりオーダー  Special Custom

ピンストでオリジナル感をプラス
バイク女子部イベント出展者のピンストライパー・サンコンサインズさんにイメージを伝えてオーダー。好きな猫の足跡を描いてもらったところ、カワイイ! と同じ柄が増えたとか?

SHARE

PROFILE

RIDERS CLUB 編集部

RIDERS CLUB 編集部

1978年の創刊時から、一貫してスポーツバイクの魅力を探求し続けるオピニオンマガジン。もはやアートの域に達している、バイクの美しさを伝えるハイクオリティの写真はいまも健在。

RIDERS CLUB 編集部の記事一覧

1978年の創刊時から、一貫してスポーツバイクの魅力を探求し続けるオピニオンマガジン。もはやアートの域に達している、バイクの美しさを伝えるハイクオリティの写真はいまも健在。

RIDERS CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load