【ランニングビギナーのための お助けQ&A】走った後の疲れが抜けず、毎日走ることがつらいです。でも走らないと不安で……。疲労回復のコツがあれば教えてください。

Question

走った後の疲れが抜けず、毎日走ることがつらいです。でも走らないと不安で……。疲労回復のコツがあれば教えてください。

Answer

走らないと不安になってしまうなんて、つらい状況ですね。目標を達成したいからこそ、頑張りすぎてしまうのでしょう。しかし、まずお伝えしたいのは、『休養もトレーニングのうち』と言われるようにきちんとしたトレーニングをしたら、きちんとした休養をとることが不可欠だということです。そのことを理解できれば、いま抱えている不安な気持ちもときほぐされるのではないでしょうか。

ただし休養といっても、何もしないということではなくて、体を動かしながら疲労回復に努めるのがポイントです。ヨガやストレッチで柔軟性を高めたりするのもおすすめです。また軽い運動で血流などをよくすれば、疲労から回復しやすくなります。休養日をどう過ごすかも、ランナーにとって大事なことですよ。

例外として、レース前の追い込み期のように精神的にも追い込んでいるときは、映画を観たり音楽を聴くなどして、ランニングから完全に離れ、精神的なリラックスをはかることもいいでしょう。

さらに、疲労回復のために大事にしなくてはならないことは、食事と睡眠です。とくに睡眠中には成長ホルモンが分泌されますから、トレーニングで破壊された筋肉などを修復するためには、質のいい睡眠は欠かせません。食事でしっかり栄養を補給して、睡眠をしっかりとっていれば、翌日に疲れが残ることはほとんどありません。

ひとつ気になるのは、質問者の方が「走るのがつらい」と感じていることです。つらさの背景に、貧血などの疾患が隠されているかもしれません。私が知っているランナーのなかにも、走るのがつらく、そのときたまたま受けた健康診断の結果で重病を患っていたことが判明したというケースがありました。それを考えると、「練習はつらくて当然」とは言えないものがあります。つらさが続くようなら、一度病院に行くことをおすすめします。

profile

頼れるお悩みバスター!!内山雅博先生

「ビギナーランニング教室」の講師も務める内山先生がランナーの悩みにズバリ答える。ビギナーからベテランまで幅広くランナーのレベルアップをサポート。

他のQ&Aを見る

SHARE

PROFILE

FUNQ

趣味の時代に読むメディア

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

RUNNING style TOPへ

No more pages to load