BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

【ランニングビギナーのための お助けQ&A】走っても、走っても、記録がまったく伸びません。フォームが悪かったりすると、距離をかせいでも記録は伸び悩んでしまうものですか?

Question

走っても、走っても、記録がまったく伸びません。フォームが悪かったりすると、距離をかせいでも記録は伸び悩んでしまうものですか?

Answer

普段どのくらいの距離を走られているのか?そのペースはどのくらいなのでしょうか?
 
レースの記録と走り込んだ距離とには、ある程度、相関関係があります。距離を走り込んでいれば、当然記録も伸びるはず。レースで思うように走れないということは、まだ練習が足りないのでは?レース運びに失敗しているのでは?というのが率直な感想です。

ただし、プラトー(高原現象)という伸び悩みの時期や、スタンプという一時的な記録の低下というのはたしかにあります。ひとつの練習方法に慣れてきたら、トレーニングの内容を少しずつ変えてみることも必要ですよ。たとえば、1日1時間練習するとします。1㎞を10分間で走ったとしたら、走行距離は合計6㎞になりますよね。しかし、1㎞を6分で走れるようになれば、合計10㎞も走れることになります。同じ1時間の練習でも、スピードにポイントをおいて走る練習をすれば、レースの記録も伸びるはずです。

そして、スピードをつけるにはフォームを整えることが絶対条件です。どこか1箇所に負担のかかる走り方をしていたり、体が硬くてぎこちない動きになっていたりすると、いい走りはできません。まずはストレッチで柔軟性を高めたり、スキップなどのトレーニングでリズミカルな動きを身につけましょう。

また、長い距離をゆっくり走る場合には、歩幅の狭いピッチ走法のほうが安定して走れますが、スピードを重視するとなれば、徐々にストライドを広げる練習もしたほうがいいでしょう。その場合は、モモ上げなどで脚の筋力をつけることがフォーム改善の助けになります。

profile

頼れるお悩みバスター!!内山雅博先生

「ビギナーランニング教室」の講師も務める内山先生がランナーの悩みにズバリ答える。ビギナーからベテランまで幅広くランナーのレベルアップをサポート。

他のQ&Aを見る

SHARE

PROFILE

FUNQ

趣味の時代に読むメディア

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

FUNQの記事一覧

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

FUNQの記事一覧

No more pages to load