【ランニングビギナーのための お助けQ&A】ウルトラマラソンに挑戦したいです。練習や本番で、フルマラソンと異なる注意点はありますか?

Question

ウルトラマラソンに挑戦したいです。練習や本番で、フルマラソンと異なる注意点はありますか?

Answer

練習での走り込みが重要なのは、フルマラソンと同じです。しかしフルマラソンの練習では、長いといってもせいぜい20㎞~30㎞。ではウルトラマラソンも同じでいいかというと、それは違うでしょう。ウルトラマラソンを走る市民ランナーのなかには、1回の練習につき50㎞、5時間という単位で走る人もいます。ウルトラマラソンの場合、長時間、体を動かし続けるトレーニングはとても有効です。ペースはゆっくりでかまいません。

さらに、食べながら走る練習をしておくといいですね。長時間のレースでは必ず空腹に襲われるので、途中でうまく食事をとれるかどうかも、とても重要になってきます。

レース本番では早朝から日没まで走るため、体温調節のできるウエアがおすすめです。そしてスタート後は、関門の通過タイムや制限時間に気を配りましょう。後半でタイムが落ちるのは避けられないため、無理のない範囲で、前半に少しでも貯金をつくれるとベターです。

profile

頼れるお悩みバスター!!内山雅博先生

「ビギナーランニング教室」の講師も務める内山先生がランナーの悩みにズバリ答える。ビギナーからベテランまで幅広くランナーのレベルアップをサポート。

他のQ&Aを見る

SHARE

PROFILE

FUNQ

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

RUNNING style TOPへ

No more pages to load