【ランニングビギナーのための お助けQ&A】貧血気味です。改善するまでは走らないほうがいいですか?

Question

貧血気味です。改善するまでは走らないほうがいいですか?

Answer

たしかにランニングを続けると貧血気味になることは多いです。ヘモグロビンは消耗品です。酸素を運べば運ぶほど壊れる量も増加します。ランニングは有酸素運動なので、運動によって体内により多くの酸素が運ばれることで、体内のヘモグロビンが破壊されるのです。そのため、ハードなトレーニングをしたときなどには誰もが貧血になりやすいといえるでしょう。

練習がとてもつらく感じる、はかどらないといったときは別として、つらい自覚症状がないのであれば、練習を控えることはないと思います。それより日頃から食事に気をつけて、深刻な症状にならないように心がけることが大切。血液のもとになる鉄やタンパク質を食事でしっかり摂ることや、鉄を配合したサプリメントを摂取するのもひとつの方法です。

サプリメントの場合は、鉄だけではなく、鉄の吸収を助けるビタミンCなど、その他の栄養素が配合されているマルチタイ
プがおすすめです。

しかし、貧血か貧血でないかということに関して自己判断をするのはいけません。息が切れる、ふらふらするといった症状が頻繁に発生するという人は、一度は医師に相談することをおすすめします。

profile

頼れるお悩みバスター!!内山雅博先生

「ビギナーランニング教室」の講師も務める内山先生がランナーの悩みにズバリ答える。ビギナーからベテランまで幅広くランナーのレベルアップをサポート。

他のQ&Aを見る

SHARE

PROFILE

FUNQ

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

RUNNING style TOPへ

No more pages to load